JUNGLE – Busy Earnin’
今年のマーキュリープライズにもノミネートされたJUNGLE。
2014年度のナンバー1のベストドヤ顔ソングと言えばこれ以外に思いつかない!

MISTAKES(JPN) – 505(arctic monkeys cover)
THE ROAMERS主催のイベントで共演するということで知ったMISTAKES。
日本でこんなに洗練されたArctic Monkeysのカバーをできるのは、彼らしかいない。

Kindness – World Restart feat. Kelela & Ade
Kindnessと言えば、「Gee Up」のような痙攣するファンクサウンドが特徴的だったように思うが、この曲は都会的でとても洗練された印象を受ける。

Boys Age – TIGER ! TIGER !
海外のレーベルからリリースを続ける日本のバンド、Boys Age。
彼らの楽曲は海外インディーと比較しても遜色はないが、どこかJ-popを思わせる瞬間があるのが素敵だ。

nowearman – そして夜は暗い
最近アルバムをリリースした彼らのアルバム制作前に作られたであろうディープな新曲。
井上陽水を思わせる歌唱が聴きどころ。

Les Sins – Why Ft. Nate Salman
Toro y Moiの変名ユニットによる新曲。ファンクと奥行きのあるシンセサイザーの相性が抜群!

LUCKY TAPES – In Paris
Friendly Firesの名曲『Paris』を思い出させてくれる煌びやかなインディーポップ。

Ykiki Beat – Forever
Gotchもレコメンドする彼らの新曲は新人ながらイオンディーロックの王道感があって素晴らしい。

The fin. – Veil
Youtubeで公開されている「Night time」も最高であるが、こちらの楽曲も素晴らしい。
日本のインディーロック界の先駆けであり、伝説のHotel Mexicoに通ずる部分が多々ある。

Christopher Owens – Never Wanna See That Look Again
Girlsの傑作EP『Broken Dreams Club』を思わせる、Christopher Owensの新曲が良くない訳がない。

JUNGLE/MISTAKES/Kindness/Boys Age/nowearman/Les Sins/LUCKY TAPES/Ykiki Beat/The fin/Christopher Owens

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中