MISTAKES

MISTAKES(yabori)
東京を拠点に活動する二人組のR&Bバンド、MISTAKES。ここで紹介して言うのもなんだが、彼らについての情報はとても少ない。プロフィールはほとんど明かされてはいないのだが、楽曲はライブ音源を含め、いくつか公開されている。彼らの音楽から察するに、The weekndやToro y Moiと共振するベッドルーム発のインディーR&Bシーンと結びついた音楽なのだろう。そういったバックグラウンドからカバーされた、Arctic Monkeysの「505」はR&Bの持つルーズさがありつつも、原曲よりもビートを強調したアレンジが絶品である。モダンなR&Bに重きを置きながらも、王道を行くロックバンドの楽曲をカバーするセンスがニクい。

Tuff Love

Tuff Love(chappy)
スコットランドからのボーイッシュな女の子2人と男の子の3人組のバンドです。このMVを観て、Noodlesを初めて聴いて虜になった時の感覚になり、今後の活動や他の楽曲にも注目していきたい新人バンド。来月の2月9日にリリースされるセカンドEPからの「That’s Right」はガールズパワー溢れるギターポップにユルく気怠けな感じが凄く良いです。個人的にMVの途中から出てくるキャラクターのお面はピカチュウ?なのか狐?なのかも凄く気になっております。

Gengahr

Gengahr(Yada Mayumi)
ロンドン出身の4人組、ギターロックバンド。ハーモニーは繊細で複雑に絡み合い独特の雰囲気を醸し出しているが、演奏はしっかりとしたギターロック。どこか不思議なメロディーに乗せた独自の世界観がクセになる感じ。ちょっとLocal NativesやAlt-Jを彷彿とさせるかも。Alt-Jのサポートアクトを務めていたり、Alvvaysと対バンしていたりで地元では早くもかなり注目されているバンドらしい!バンド名はポケモンのレアなゴーストポケモンからとったとか・・少年かっ!

MOURN

MOURN(桃井かおる子)
サッカーだけじゃない!パエリアだけじゃない!スペインにはロックがある!!・・・と言われても、大概の人の頭の中は「???」という感じになるだろう。だが、そのクエスチョンマークを消し去ってしまうような大型新人が、スペインはバルセロナからやって来たのだ!その名はMOURN。なんとメンバーは現役高校生(!)という、「新人」という言葉にふさわしい初々しさ。とは裏腹に、荒削りながらゴリゴリのロックを鳴らす、新人とは思えない存在感のあるバンドなのである。何せWild Nothingを輩出したNYのインディーズレーベル・Captured Tracksと契約しているのだから、その才能はお墨付き。ニルバーナを思いださせるその音を聴いていると、「そんじょそこらのガールズバンドと一緒にすんじゃねえよ!!!」と彼女達が訴えているようにも聴こえてくる。

【Artist of the month】BELONG編集部が注目する新人アーティスト
Vol.1はこちら
Vol.2はこちら
Vol.3はこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中