デビュー・アルバム『コステロ・ミュージック』を手掛けたトニー・ホッファーを再びプロデューサーに起用したグラスゴーのトリオ、ザ・フラテリスの4枚目のアルバムが完成。前作『ウィ・ニード・メディスン』から約2年振りとなる『アイズ・ワイド、タン・タイド』は、ベック、M83、デペッシュ・モード、ベル・アンド・セバスチャン、そしてザ・フラテリスの大ヒット作『コステロ・ミュージック』を手掛けたトニー・ホッファー(Tony Hoffer)をプロデューサーに迎え、2014年の終わりにロサンジェルスでレコーディングされた。セカンド&サード・アルバムに続き、バンドは当初、自分達で新作のプロデュースを行おうと考えていた。しかし「僕たちの方向性を示してくれる人が必要だと感じたんだ。誰か僕に対して決定をしてくれるような人が必要だったんだ」とジョン・フラテリが語るように、トニーの舵取りの元でこの4枚目のアルバムは制作されることとなった。結果、『アイズ・ワイド、タン・タイド』は楽しむためにプレイするというバンドのピュアな喜びにあふれる作品となった。まさに、2006年のデビュー・アルバム『コステロ・ミュージック』が持つ楽しみやエネルギッシュなソウルが存在することとなったのだ。

「僕たちの方向性を示してくれる人が必要だと感じたんだ。誰かが自分をディレクトしてくれる時には完全にオープンでなくてはならない。ぼくらはちょっともがいているようだったんだ。それは個人的な問題だったのかもしれないんだけど、誰か僕に対して決定をしてくれるような人が必要だったんだ。で、彼に曲を選んでもらったんだよ。それは僕らが気に入っていた曲を捨てることも意味していたけどね。けど正しいことのように思えたんだ。だからこのアルバムは僕らの作品の中でも制作するのが最も簡単なアルバムだったと思う」とトニー・ホッファーと再び仕事をすることに決めた理由をジョンは語る。

ユニークで明るく透明なカリフォルニアの日差しは、ベストを尽くすとはどういったことかを証明する作品を作る為のチャネルとなり、アルバムとバンドに浸透した。そう、『アイズ・ワイド、タン・タイド』には2006年のデビュー・アルバム『コステロ・ミュージック』が持つ楽しみやエネルギッシュなソウルが存在するのだ。このLA(LAはジョンが初めて訪れた海外の地でもある)のスピリットを投影した作品には、素晴らしい位の活気と遊び心があり、様々な物語やキャラクターが存在している。70年代のカリフォルニア・ロック、ロカビリー、アメリカ―ナやカントリーからの影響はアルバムから認識できる。まるでスコットランドとLAの両方にルーツを持った人間の栄光の帰国のようだ。各々の収録曲も素晴らしい。フットスタンピングしたくなるような「ベイビー・ドント・ユー・ライ・トゥ・ミー」。螺旋のようなギター・リフの「ゲッティング・サーリアル」。大きなコーラス・パートを持ちライブでオーディエンスを喜ばすであろう「シーフ」。「ドッグタウン」には耳障りなブラス・セクションとファンクなベース・ラインがあり、まるでスティーヴィー・ワンダーがビートルズの「カム・トゥギャザー」をカバーしているようだ。そして繊細で漂うような「ムーンシャイン」は、思慮深く落ち着いたエンディングへと僕らを運んでくれる。心を開いてザ・フラテリスのアルバム『アイズ・ワイド、タン・タイド』と落下してみよう。そうすれば、あなたは必ずネットにキャッチされるだろう。

【リリース情報】
『EYES WIDE, TONGUE TIED』

2015.8.19 ON SALE / 日本先行発売
■品番:OTCD-4755
■価格:¥2,300+税

【収録曲目】
1. Me And The Devil / ミー・アンド・ザ・デヴィル
2. Impostors (Little By Little) / インポスターズ(リトル・バイ・リトル)
3. Baby Don’t You Lie To Me / ベイビー・ドント・ユー・ライ・トゥ・ミー
4. Desperate Guy / デスパレート・ガイ
5. Thief / シーフ
6. Dogtown / ドッグタウン
7. Rosanna / ロザンナ
8. Slow / スロウ
9. Getting Surreal / ゲッティング・サーリアル
10. Too Much Wine / トゥー・マッチ・ワイン
11. Moonshine / ムーンシャイン
12. Down The Road And Back… Again… / ダウン・ザ・ロード・アンド・バック・・・アゲイン・・・*
13. Medusa In Chains / メデューサ・イン・チェインズ*
14. Imposters (Little By Little) (Acoustic) / インポスターズ(リトル・バイ・リトル)(アコースティック)*
15. Desperate Guy (Acoustic) / デスパレート・ガイ(アコースティック)*
16. Rosanna (Acoustic) / ロザンナ(アコースティック)*
17. Slow (Acoustic) / スロウ(アコースティック)*
18. Moonshine (Acoustic) / ムーンシャイン(アコースティック)*
19. I Know Your Kind / アイ・ノウ・ユア・カインド*
20. I’m Gonna Be Your Elvis / アイム・ゴナ・ビー・ユア・エルヴィス*
*日本盤ボーナス・トラック

【プロフィール】
スコットランド、グラスゴー出身のロック・バンド。2005年にバンド結成。メンバーはジョン・フラテリ(Jon Fratelli / 本名:John Lawle / Vo, G)、バリー・フラテリ(Barry Fratelli / 本名:Barry Wallace / B)、ミンス・フラテリ(Mince Fratelli / 本名:Gordon McRory / Dr)の3人。2006年にファースト・アルバム『コステロ・ミュージック(Costello Music)』をリリース。iPodのCMにも使用された「気取りやフラッツ(Flathead)」や今なおスポーツ・アンセムとして使われ続けている「チェルシー・ダガー」といったシングルの大ヒットもあり、アルバムはUKチャートで最高位2位を記録。その後、83週間もチャートのトップ100にランクインし、トリプル・プラチナ・アルバムとなった。また2007年のブリット・アワードでは最優秀英国新人賞(Best British Breakthrough Act)も獲得した。2008年にはセカンド・アルバム『ヒア・ウィー・スタンド(Here We Stand)』をリリース。アルバムはUKチャートで5位を記録しゴールド・ディスクとなるも、2009年7月にバンドは活動休止を宣言。各々、ソロで音楽活動をおこなうことになる。2012年の6月、チャリティー・ライブでの演奏を機に、再びザ・フラテリスとして活動を開始。2013年にはサード・アルバム『ウィ・ニード・メディスン(We Need Medicine)』(UKチャート26位)をリリースし、ワールド・ワイドでのツアーを実施。2014年にはロシアでのショーも行った。

詳細はこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中