wildnothing

Wild Nothing – To Know You | TV Queen(yabori)
俺たちのWild Nothingが帰ってきた!!2012年に完璧なポップソング集『Nocturne』、実験的な内容だった『Empty Estate』と続けてリリースし、インディーロックファンの心を掴んで離さなかったジャック・テイタム率いるWild Nothingがつい先日、新曲「To Know You」と「TV Queen」が2曲続けて公開した。新曲「To Know You」はTame Impalaが新作で用いていた1フレーズをループする手法と、My Bloody Valentineが表現するような音風景が融合した理想的なポップソング。この曲が収録された新作『Life of Pause』は来年の2月19日に発売される!今年もそろそろベストアルバムを選び出す時期だが、早くも来年どのようなアルバムが出てくるのか楽しみになってきた。『Empty Estate』時のインタビューはこちら

Frances-900x540
Frances – Let It Out(Chappy)
つい先日発表された今年のBBC Music Sound of 2016の候補にも選ばれているイギリスのニューベリー出身の21歳の新人シンガーソングライター、Frances。主にピアノと歌声で作られたシンプルな楽曲が多いのだが、シンプルだからこそ心に響かせてく良さが彼女にはあるように思う。新作の「Let It Out」も寒い季節に染み入るような暖かさが込もった一曲となっている。またDisclosureのメンバーと共作したエレクトロポップな仕上がりになっている「Brrowed Time」や、今年の6月に出されたデビューEP『Glow』もsoundcloudに上がっているので是非こちらも聴いてみてほしい。

news_xlarge_haveaniceday_Art201506
Have a Nice Day! – F/A/C/E(木ノ下トモ)
Have a Nice Day!がSoundCloud上で新曲を公開した。彼らは先月、クラウドファンディングで販売したアルバムのリリースパーティーを終えたところ。同じく先月公開されたそのアルバムの収録曲「blood on the mosh pit」のMVが恐ろしく素晴らしかったので、この新曲は聴き逃せません!彼らはダークなシンセと独特なラップで人を魅了する。この曲のループするシンセもくせになります。そして点滅するイルミネーションのような曲に乗せられた歌詞がまた素晴らしい。並べられた美しい言葉。でも、なぜか刃物のような鋭さをそこに感じる不思議。無感情なようで繊細なようで、はっきりと聴く人の耳に飛び込んでくるこのラップの魅力はやっぱり外せない。

4aRfjcpWAsRqji41449021393_1449021436
eimie – Horoscope(まりりん)
12月3日に『Silver Fox e.p.』のリリースパーティーを行うeimieが新しいMVを公開した。近代的なエレクトロサウンドとおまじないのような占星術(ホロスコープ)という組み合わせが面白く、人間によるバンドサウンドにこだわるeimieらしい。フェイスペイントを施して踊るAmyは音楽だけでなくアート空間を作るというeimieの理念を体現していると思う。ディレクターはSuchmosやDATSのMVを手掛けた映像作家Dutch。彼の作品は機械音に合うけれど温かみがあってとても好き。

0719
星野 源 – Week End【星野源と聴く試聴動画】(桃井 かおる子)
いよいよ発売される源さんのニューアルバム『YELLOW DANCER』からのこの一曲。しかし源さん、よっぽど忙しかったのか(今季一番人気とも言われている綾野 剛主演のドラマ『コウノドリ』にも出演中!)、MVを作る時間がなかったようで。その結果スタッフと深夜1時に集合し、ちゃっかり作られたのがこの映像。今回紹介するアルバム収録曲「Week End」を、源さんと一緒に試聴するという趣旨の下に作られらたようなのだが、ぶっちゃけMVを作るよりもいい感じにアルバムの宣伝ができちゃってるじゃないのよ(笑)。しかも、MVを作るより超低予算で済むし。曲の世界観をより具現化するために作られるのがMVなワケだが、これを見てしまうと、アルバムの宣伝のために収録曲を新しくMVにするという作業が少々ムダに思えてしまう(こんなことを言ったら、大多数のアーティストにお叱りを受けてしまいそうだが・・・)。だが昨今、アルバム宣伝のために収録曲を一通り全て聴かせてくれるトレーラーなんてモノも作られるようになったワケで。CDが売れなくなってきている時代になってきたのだから、アルバムの宣伝にも工夫が必要ということだ。そんな今日において今回の源さんのこの映像は、アルバム宣伝という趣旨においてかなり新しい手法と言えるのかもしれない。低予算な中でちゃんとアルバム紹介をして、さらには収録曲の中からイチオシの曲をちゃんと聴かせてくれる。今回のアルバム、かなりの気合作と伺える。

【More Playlists】
BELONGのTwitterでは毎日、注目の新曲を取り上げています。BELONGのアカウントをフォローして、お気に入りの1曲を見つけてみては?今までのプレイリストはこちら

【BELONG最新号(Vol.13)は1000部限定で発刊しました!】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中