今年の5月に8年ぶりとなるフルアルバムをリリースし、今年のフジロックに出演したASHが5年ぶりに日本での単独公演を行うことが決定した!BELONGの新作インタビューでも相変わらずの健在ぶりをアピールした彼らが、ついに単独公演で帰ってくる!また新作よりアコースティックバージョンのフリーダウンロードも行っているので、来日公演に備えてこちらもチェックしよう。新作『KABLAMMO!』のインタビューはこちら

FUJI ROCK 2015への出演を経て、約5年半ぶりの単独来日公演決定!!今年の5月に実に8年ぶりとなる6枚目のアルバム「カブラーモ」をリリースし、5年ぶりとなる今年のフジロック、レッドマーキーステージに出演。満杯のオーディエンスから変わらぬ大きなリアクションを得た我らがASHの約5年半ぶりの単独公演が決定!!原点回帰とも言えるパッションと甘いメロディが溶け合うASH節全快の新作「カブラーモ」からの楽曲と、エヴァーグリーンな数々の名曲が満載された今回の来日公演にご期待を!

【Live】
東京 2016年3月22日(火)LIQUID ROOM
大阪 2016年3月23日(水)Shangri-la

詳細はこちら http://smash-jpn.com/live/?id=2431

【『カブラーモ!・アコースティックEP』フリーダウンロード】
“KABLAMMO! ACOUSTIC EP(カブラーモ!・アコースティックEP)”

1. Free (Acoustic) / フリー(アコースティック)
2. Shutdown (Acoustic) / シャットダウン(アコースティック)
3. Machinery (Acoustic) / マシナリー(アコースティック)
4. For Eternity (Acoustic) / フォー・エタニティ(アコースティック)
5. Moondust (Acoustic) / ムーンダスト(アコースティック)

詳細は http://bignothing.blog88.fc2.com/blog-entry-5105.html

【リリース情報】
『KABLAMMO!』
OTCD-4411_cover
2015.5.20 ON SALE(日本先行発売)
品番:OTCD-4411
価格:¥2,300+税

【収録曲目】
★日本盤ボーナス・トラック収録
1. Cocoon / コクーン
2. Let’s Ride / レッツ・ライド
3. Machinery / マシナリー
4. Free / フリー
5. Go! Fight! Win! / ゴー!ファイト!ウィン!
6. Moondust / ムーンダスト
7. Evel Knievel / エベル ナイベル
8. Hedonism / ヒドニズム
9. Dispatch / ディスパッチ
10. Shutdown / シャットダウン
11. For Eternity / フォー・エタニティ
12. Bring Back The Summer / ブリング・バック・ザ・サマー
※他、日本盤ボーナス・トラックを追加収録

【プロフィール】
1992年、北アイルランドで学友であったティム・ウィーラー(Vo, G)、マーク・ハミルトン(b)、リック・マックマーレイ(Dr)の3人でバンドを結成。1996年、ファースト・アルバム『1977』をリリース。アルバムは英チャートで1位を獲得しプラチナ・ディスクとなる。1998年のセカンド・アルバム『ニュークリアー・サウンズ』は、高い評価を獲得しゴールド・ディスクとなるが、チャートは最高位7位に留まる。2001年、サード・アルバム『フリー・オール・エンジェルズ』をリリース。アルバムは再び英チャートで1位を獲得しプラチナ・ディスクとなる。2004年、アメリカ進出をねらった4枚目のアルバム『メルトダウン』をリリース。チャートは5位を記録しゴールド・ディスクとなる。2007年リリースの5枚目のアルバム『トワイライト・オブ・ジ・イノセンツ』は、デジタル配信とアルバム・セールスの衰退の時代において、チャートも32位と苦戦を強いられる。バンドは「人々の音楽の聞き方が変わった。ダウンロードの到来によって単体の曲に重きが置かれるようになった」と同作が最後のアルバムになると発表。2009年、膨大な数の新曲を書き上げたバンドは、「一年間で26曲、アルファベットの各文字のシングル曲を2週間毎に発表していく」という前代未聞の企画「A-Zシリーズ」を発表。2010年にはこの26曲をコンパイルした2枚のアルバム『A-Z VoL.1』『A-Z Vol.2』をリリース。『A-Z VoL.1』はオリコン洋楽デイリー・チャート1位を獲得するなど、バンドの変わらぬ人気を証明した。

◆関連記事◆
【interview+Roots】ASHが語る8年ぶりの新作アルバム『KABLAMMO!』“ポップチューンで埋め尽くされたギター中心のレコードを作る事が正解だって感じたんだ”
【Roots】AshのTim Wheelerが語る音楽のルーツ「Nirvanaの『Nevermind』で色んな音楽の扉が開かれたんだよね」

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中