10.Nate Ruess – Grand Romantic


9.Coldplay – A Head Full of Dreams


8.X Ambassadors – VHS


7.Noel Gallagher’s High Flying Birds – Chasing Yesterday


6.Mark Ronson – Uptown Special


5.Tuxedo – Tuxedo


4.Adele – 25


3.James Bay – Chaos And The Calm


2.The Weeknd – Beauty Behind The Madness

alabama-shakes-sound-and-color
1.Alabama Shakes – Sound and Color

80年代、それはバブリーで煌びやかな瞬間だったと聞いたことがある。今年、世界中で一番流れていたであろう商業的にも成功したのは、シンセでファンクビートを打ち込んだマーク・ロンソンの『Uptown Funk』。そしてニュー・ジャック・スウィングを感じるウィークエンドの『Can’t Feel My Face』。それらが筆頭となり80年代のリバイバルを象徴していた。高揚感を与えたのはダンスミュージックばかりでは無い。ファッションアイコンと化したジェームズ・ベイの『Chaos And The Calm』は通して聴いても完成度の高いものだったし、アラバマ・シェイクスの『Sound & Color』に関しては私をいい意味で悩ませた。”現世のジャニス・ジョプリン”を謳い文句にした女性シンガーは今まで沢山出てきたが、ブリタニー・ハワードこそ、そう呼ばれるのに相応しいものだと思った。デビューアルバムである前作より空間の奥行きを上手く作り出し、足で踏ん張る力強さが加わっていることも明らかだろう。しかし問題がひとつ。ブルースはいつだって悲しみや不満、泥臭さを兼ね備えていたはずなのに、ブリタニーのブルースからは甘美な輝きが見出されてしまうことだ。なんて贅沢な悩みを抱えてしまったんだろう。ブルースの教科書に載っていない”新しいブルースの色”を見せてくれたアラバマ・シェイクスを私は、1番みんなが見えるところのトップへ飾らせてもらった。

【Writer】ohamu (@momoyo_usami)

◆関連記事◆
BELONGスタッフが厳選した、注目の国内・海外の新人アーティスト25選
【Archive】Best Albums and Artist of 2014
BELONGスタッフが選ぶ新曲プレイリスト

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中