ERECDJ218_photo2

Rolling Stone誌の特集「あなたが知るべき10人のアーティスト」に選出され、Dr.ドレーの復帰作『Compton』で16曲中6曲もフィーチャーされたAnderson Paakが、セカンド・アルバム『Malibu』を1月27日にリリースする。本作はロバート・グラスパーを初めそうそうたる面々がプロデューサーとして参加しており、これから西海岸のビートシーンだけでなく、ワールドワイドなポップシーンでの活躍も期待できるアーティストの新作がここに誕生した。

シンガー/ラッパーとプロデューサーのどちらでも類まれな才能を持つ彼が、その全てをつぎ込んで完成させた『Malibu』は、Dr.ドレー同様、彼の音楽を愛して止まない超一流のアーティストがメジャー/インディーから集結。プロデューサーとしてロバート・グラスパー、クリス・デイヴ、マッドリブ、9thワンダー、ケイトラナーダ、DJ・カリルら、多彩な方面からそれぞれの代表選手ともいえる面々がアンダーソンと共に楽曲を制作。フューチャリスティックでアーバンなソウル、ヒップホップ、ファンク、ジャズ、そしてダンス・ミュージックをシームレスに繋いだそれは、まさにオッド・フューチャーの面々とフライング・ロータス率いるの間の溝を埋めるような衝撃的なサウンドを展開している。そんな“テン年代らしさ”を爆発させつつも、随所に往年のウェッサイのような甘いレイドバック感を匂わせる様に、往年のウェッサイ・ファンも聴き惚れることは間違いない。そしてフィーチャリングには、ザ・ゲームやブラック・ヒッピーのスクールボーイ・Q、タリブ・クウェリ、同じく『Compton』に参加していたモータウン所属のシンガー、BJ・ザ・シカゴ・キッドら人気アーティストが参加し、ここでもアンダーソンに対するシーンからの人気/期待度の高さが伺える内容となっている。西海岸シーンの未来を担う才人による大傑作が誕生した。

【リリース情報】
『Malibu』

■発売日:2016.1.27 ON SALE 
■品番:ERECDJ218[国内流通仕様]
■価格:¥2,300+税
■その他:末崎裕之氏(bmr)による日本語解説付

【収録曲目】
1. The Bird 
2. Heart Don’t Stand A Chance 
3. The Waters feat. BJ The Chicago Kid
4. The Season | Carry Me 
5. Put Me Thru 
6. Am I Wrong feat. ScHoolBoy Q
7. Without You feat. Rapsody 
8. Parking Lot 
9. Lite Weight feat. The Free Nationals United Fellowship Choir
10. Room In Here feat. The Game & Sonyae Elise
11. Water Fall (interluuube) 
12. Your Prime 
13. Come Down 
14. Silicon Valley
15. Celebrate 
16. The Dreamer feat. Talib Kweli & Timan Family Choir

【プロフィール】
ブランドン・パック・アンダーソンことアンダーソン・パックは、1986年生まれ、カリフォルニアはオックスナード出身のシンガー/ラッパー/プロデューサー。2012年にブリージー・ラヴジョイ(Bleezy Lovejoy)名義にてデビューEP『O.B.E. Vol.1』を発表し(後にドイツのよりアナログ・リリース)、その後、現在のアンダーソン・パック名義に改名。トキモンスタのEP『Desiderium』にフィーチャーされたことで耳の早いリスナーから注目を集め、2014年にアンダーソン・パックとしてのデビュー・アルバム『Venice』をリリース。Rolling Stone誌の特集「あなたが知るべき10人のアーティスト」に選出されるなど、各種メディアも絶賛する中、あのDr.ドレーの復帰作『Compton』にて6曲もフィーチャーされるという異例の大抜擢により、瞬く間に西海岸シーンの新世代を代表する存在となる。さらに、ポストJ・ディラの筆頭格として期待されるプロデューサー、ノレッジ(Knxwledge)とのコラボレーション・ユニット:ノーウォーリーズ(Nxworries)としてもStones Throwからアルバム・リリースを控えると、メジャー/インディーの垣根を超えてファンを獲得し続ける中、待望のセカンド・アルバム『Malibu』をリリース。

◆関連記事◆
【interview+Roots】!!! (Chk Chk Chk)が語る『As If』“カニエの「All Day」を聴いた瞬間、ああいうベースが欲しくなったんだ”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中