nov_11th (1)

THE NOVEMBERS結成11年を記念して、BELONGでは3号に渡り、バンドの素顔と彼らがこれからどこに向かうのかを明らかにしていく。インタビュー第一弾は最新号(Vol.15)掲載の小林祐介(Vo/Gt)とケンゴマツモト(Gt)の個別インタビュー。バンドの永遠のテーマである美しさについてメンバーそれぞれの価値観に迫った。

BELONG Vol.15は“音楽家の偏愛リスニング”を特集し、4月30日に発刊する。ストリーミング全盛時代の現代においてミュージシャンは今、どのようにして音楽を聴いているのか?そして彼らが音楽を聴く時のこだわりとは?ミュージシャンの音楽への愛情だけでなく、狂気をも明らかにする内容で、Art-Schoolの木下理樹に溺愛するアーティストを、group_inouに音楽のリスニング環境を、D.A.N.には自分なりの音楽の聴き方について語ってもらった。配布先はこちら。またBELONG最新号の予約も受付中。予約はこちら

【掲載アーティスト】
表紙:Art School/D.A.N.
THE NOVEMBERS 結成11周年記念 3号連続企画 第1弾(小林祐介、ケンゴマツモト 個別インタビュー)
インタビュー:group_inou/DYGL/Sunflower Bean/Walkings/Africa/YOSA
コラム:加藤マニ/田中亮太

【特集】
Logo_音楽家の偏愛リスニング

iTunesやYoutubeを始めとする動画、ストリーミングサービスなどが登場して以来、音楽に対する聴き方というものが一変した。今ではiPodはおろかパソコンだけでなく、スマホからでも音楽を聴く事が普通になった。何でもネット上で聴ける・ダウンロードできるという手軽さより、音楽を聴くという行為が作業用BGMのようにとりとめなく聴き流しているだけになっていないだろうか。そんな現代においてミュージシャンは今、どのようにして音楽を聴いているのか?そして彼らが音楽を聴く時のこだわりとは?ミュージシャンの音楽への愛情だけでなく、愛情故のマニアックなこだわりをも明らかにし、自分は“音楽に対してどのような価値観を持っているだろうか”と考えてもらえるようなきっかけを作れたらと思う。本特集ではArt-Schoolの木下理樹に溺愛するアーティストを、group_inouに音楽のリスニング環境を、D.A.N.には自分なりの音楽の聴き方について語ってもらった。 BELONG編集長 yabori

【BELONG Vol.5はTHE NOVEMBERSが表紙でインタビューを掲載!】
配布は終了しました。購入はこちら
Vol.5表紙

BELONG Magazineのバックナンバーはこちら C360_2015-11-23-00-38-02-971 - コピー

◆関連記事◆
【interview前半】THE NOVEMBERSが歩んだ10年と小林の音楽人生
【interview後半】THE NOVEMBERSが歩んだ10年と小林の音楽人生
【interview前半】THE NOVEMBERSの小林が語る『Elegance』“今作の音楽的な背景はThe CureやThe Smiths、ユーミン”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中