いま話題の音楽家が、新たな作曲方法を試みるプロジェクトがスタート!

 

蓮沼執太「プラクティス」の旅。
Episode.1となる本作品は、東京公演でコラボレーションをおこなった、砂原良徳、呂布、ZOMBIE-CHANGが登場。共演者それぞれの思いはどう交差し、どんな楽曲が生まれていくのか。そんな音楽が生まれる瞬間をとらえたツアードキュメント。
N.Y.からの帰国後、精力的に新曲づくりを続け、2015年4月のBillboardで全曲新曲公演をおこなった蓮沼執太。そこで披露された新曲を、2016年2月にアルバム『メロディーズ』として発表。翌3月からは全国ツアー(全6会場・8公演)をおこなっていった。同時に、訪れた各都市のアーティストと新曲を制作、ライブ当日に披露するという新しい試みもスタート。これを観れば、『蓮沼執太のプラクティス』と名付けられた新たなプロジェクトの全貌がわかる。

 

蓮沼執太 | Shuta Hasunuma
1983年、東京都生まれ。蓮沼執太フィルを組織し国内外にて公演を多数おこなう。映画、演劇、ダンス、音楽プロデュースなどの領域横断的な活動を展開。また、作曲という手法をさまざまなメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表、個展形式での展覧会やプロジェクトを活発におこなっている。
撮影:後藤武浩 河合宏樹 森重太陽
監督・編集:いしいこうた
AD:いすたえこ
制作:たなかともみ
ツアー制作:清宮陵一
プロデューサー:五十嵐弘彦
蓮沼執太「プラクティス」の旅 Episode.1
 
lute
——–

 

◆関連記事◆
【News】STYLE BAND TOKYO、スペシャルゲストに元Dirty ProjectorsのDeradoorianのDJセット、追加アクトにZOMBIE-CHANGが決定!
【BELONGスタッフが選ぶ新曲プレイリスト:2016.4.6】 YOSA feat. ZOMBIE-CHANG & SALU/Frankie Cosmos/The Golden Wet Fingers/The Vines
【News】 東京インディーシーンのドキュメンタリー制作開始記念パーティーにYOUR ROMANCE、PAELLAS、ジャバ、YOSAら5組の出演が決定!
【interview前半】 ラフに遊んでいる友達から、Suchmosは始まった『Suchmos – THE BAY』

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中