news_header_thehiatus_art201605



news_header_thehiatus_art201605
the HIATUS – Bonfire(桃井かおる子)
久しぶりの新曲紹介となる今回は、THE HIATUSが先日リリースしたNEWアルバム『Hands Of Gravity』から先行曲の「Bonfire」を紹介したいワケなんですが・・・。これから文章を書く上でのテンションが上がらない。なぜって、このアルバムが個人的には頂けない内容だったからだ。前回の『Keeper Of The Flame』の内容があまりに良過ぎて、今回の落差がひどすぎる。結果として「Bonfire」を紹介するというよりも、このアルバム『Hands Of Gravity』をひたすらディスる文章になるであろうことを、予めご了承願いたい。このアルバムについて某J誌にて細美武士がインタビューに応じていたのだが、このアルバムを作るきっかけとなった出来事がまあ酷い。この場を借りてそれをいちいち説明するのは面倒なので、細かいことに関しては某J誌を立ち読みするなり何なりして頂きたい。そのことを一言でまとめてしまうと「酔いの席で言われたあることに対する勢い」的な。雑にまとめてしまったが、結果論としてはこういうことである。細美フリークにはそんなこと関係ないのかもしれないが、THE HIATUS というバンドの中で彼はフロントマンを務めているものであって、彼一人のものではない。彼自身のカラーがこんなにも全面的に出てしまうようなアルバムを作るくらいなら、ソロで一旦リリースする方が理にかなっていたのではなかろうか。実際、某J誌の中で細美は、今回のアルバム制作に着手する前に新たに始動したMONOEYESでの出来事に関してもこのように語っている。「とにかく楽しかった」と。よって、THE HIATUS としての曲作りに取り掛かる前に、ソロを出してから気持ちの準備をしたかったと。しかし、彼はその手段を択ばなかった。その結果として、今回のアルバム『Hands Of Gravity』はかなり細美カラーが強いものとなってしまった・・・。バンドはバンド、個人は個人である。そこの弁えができないようであれば、やること成すこと全部一緒になってしまう。細美自身も自分が不器用な人間であることはある程度分かっているようだが、どうやらこちらが思っていた程の自覚症状はないらしい。これは問題だ。このアルバムは問題作(先が思いやられるという意味で)だ。そして最後に念のため触れておくと、「Bonfire」はピアノ伊澤一葉の手癖全開だ。

2013Albumsof201326.MGMTAWH01-720x480
MGMT – GOODBYE DARLING:Alan Vega Cover(yabori)
先日Suicide のアラン・ベガが亡くなり、その追悼としてMGMTが「GOODBYE DARLING」のカバー曲を公開した。Suicideと言えばニューヨークで結成された二人組のユニット。ニューウェーブという言葉がなかった時代から、ニューウェーブと言われる音楽をやっていた。彼らがデビューアルバムをリリースした1977年はイギリスでクラッシュが『白い暴動』でデビューした年でもあることから、いかに斬新な音楽をやっていたかが分かる。思い起こせばMGMTはバンド形式でライブをやっているものの、基本的にはアンドリューとベンの二人組だった。そういう所からもSuicideがいかに彼らに大きな影響を与えていたかが分かる。そしてこのカバーからは原曲の良さをさらに引き出すMGMTのポップセンスや遊び心も垣間見れる。
来るべき新作もこんな感じで作って欲しいものだ。

untitled-article-1463495064
Digitalism – Destination:Breakdown Remix Package(木ノ下トモ)
ドイツのエレクトロ・デュオ、DIGITALISMが5月に世界同時リリースしたアルバム『Mirage』より「Destination Breakdown」のリミックスが公開されました。しかも何と5曲も聴けちゃうお得なやつ!先日、サマソニのタイムテーブルも発表になって、なんと真っ昼間から登場の彼ら。踊って踊って、踊りまくること間違いなし!なステージに期待しちゃいますね。リミックスの中でも私のお気に入りは4曲目。“Alex Gopher Rework”のもの。デジタル音の無機質さを強調する感じじゃなくて、間に入る楽器の良さも引き立てていて、躍動感があるのが好きです。単調じゃなく盛り上がりもあって、ドラマチックな仕上がりに。皆さんも聴き比べて楽しんでみましょ。

【More Playlists】
BELONGのTwitterでは毎日、注目の新曲を取り上げています。BELONGのアカウントをフォローして、お気に入りの1曲を見つけてみては?今までのプレイリストはこちら

◆関連記事◆
【まとめ】 BELONGスタッフが厳選した、注目の国内・海外の新人アーティスト20選(2016年上半期)
【まとめ】 BELONGスタッフが厳選した、注目の国内・海外の新人アーティスト25選(2015)
【まとめ】BELONG掲載 47組のアーティストが語る、Roots Music

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中