screen-shot-2016-05-26-at-12-45-03-pm


screen-shot-2016-05-26-at-12-45-03-pm
The Strokes – Drag Queen(yabori)
メジャーレーベルでは最後のアルバムとなった『Comedown Machine』リリース以降、ライブ活動を行わなかったストロークスが新作『Future Present Past EP』をリリースしライブ活動も再開した。久しぶりのライブとあって各地ではめちゃくちゃ盛り上がっているにも関わらず、アンコールをやらずファンからブーイングをくらい、最近はしぶしぶアンコールを始めた彼ら。マイペースぶりは相変わらずのようだが、メジャーから解放された彼らの楽曲は以前よりもずっとのびのびと制作しているようで、新曲「Drag Queen」はジュリアンのソロプロジェクト(Julian Casablancas + The Voidz)の曲をストロークスでやっているような狂気を感じる。そのリリックビデオも行き過ぎたレトロフィューチャー感がある。しかしながらこういう事はメジャーではできないからこそ、自身のレーベルで無茶苦茶やっているのが彼ららしいとも思う。

warpaint_new1
Warpaint – New Song (木ノ下トモ)
ロサンゼルスを拠点に活動する女性4人組バンド、Warpaint。彼女らが、2016年9月に3rdアルバム『Heads Up』をリリースすることを発表し、そのアルバムに収録される新曲「New Song」を公開しました。以前、BELONGのインタビューでD.A.N.もルーツにあげるほどかっこいいバンド。最近はそれぞれのソロプロジェクトが忙しかったWarpaintの待望のアルバムに喜んでいるファンも多いはず!美しいボーカルが、繊細でダンサブルな楽曲と噛み合ってむちゃくちゃかっこいい。もうイントロだけで引き込まれちゃうクオリティの高さ。重なり合うコーラスが切なくて、踊りながら聴きほれてしまう感じ。これはもう、新作のアルバムにも否応なしに期待が高まりますね!今季の中でもかなり好きな曲かも!

mainimg
Chistoher Allan Diadora – San Francisco(まりりん)
ふらっと入ったヴィレッジヴァンガードで流れていた「Done with Vandals」に頭を殴られるような衝撃を受けた。あれから3年、ついにChistoher Allan Diadoraが2nd album『Midnight Swim』をリリースする!リード曲として公開されたのは1967年のScott McKenzie「San Francisco (Be Sure To Wear Flowers In Your Hair)」(邦題:花のサンフランシスコ)のカバー。 原曲よりも低音と力強いドラムが響くサウンドになっていて、大人の色気のようなものが漂っている。メンバーのうち2人がカナダでバンド活動をしていたこともあり、洋楽志向なんてレベルじゃなく音の鳴り方や空気からして海外の匂いがする。出そうと思って出せるものじゃなく、経験から身につくバンドの雰囲気って本当にかっこいい。

【More Playlists】
BELONGのTwitterでは毎日、注目の新曲を取り上げています。BELONGのアカウントをフォローして、お気に入りの1曲を見つけてみては?今までのプレイリストはこちら

◆関連記事◆
【まとめ】 BELONGスタッフが厳選した、注目の国内・海外の新人アーティスト20選(2016年上半期)
【まとめ】 BELONGスタッフが厳選した、注目の国内・海外の新人アーティスト25選(2015)
【まとめ】BELONG掲載 47組のアーティストが語る、Roots Music

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中