■ザ・ラカンターズ『Steady As She Goes』

●ザ・ラカンターズとは?

ザ・ラカンターズは元ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトと、ブレンダン・ベンソン(Vo./Gt.)、ジャック・ローレンス(Ba.)、パトリック・キーラー(Dr.)の旧友4人で結成。

ザ・ホワイト・ストライプスやジャックのソロと比べて、王道のブルースロックを演奏するのが特徴。

先日、初の単独公演を開催し、今年の6月には11年ぶりに新作をリリースする!

●奇跡的に¥108で確保

シングルではあるが、ザ・ラカンターズの作品をこんな破格で買えるとは思わず、見つけた瞬間、即確保することに!

こちらはBOOKOFF 吉祥寺駅北口店をパトロール中に発見。中古商品の棚ではなく、離れた所にあるラックで奇跡的に確保した!

「Steady As She Goes」は彼らのデビューシングルで先の公演でもちろん演奏され、レポート中にシンガロングしていたと書いたのはこの曲。

ボーカルのブレンダンはアカペラで何回かサビ部分を歌ったものの、慣れないことをしたせいか何回もミスり、結局ジャックが歌っていた(笑)。

2曲目「Bane Rendition」は1曲通してインスト曲で、ボーカルなしの激渋ブルースを聴けるのは貴重。

ちなみに2曲ともクレジットは“White and Benson”となっていて、やはり二人で作るということを大事にしているバンドだと再認識できる。

■評価


名盤度:★★
確保必須度:★★★★

ザ・ラカンターズのシングルはなかなかお目にかからないというだけでなく、「Bane Rendition」はアルバム『Broken Boy Soldiers』にも収録なし。

買った後に知ったのだが、意外とAmazonでも値崩れしていないという点に置いても確保する価値はかなり高い(※転売しません、家宝にします)。

■作品の詳細

Steady As She Goes
Steady As She Goes

posted with amazlet at 19.05.02
Raconteurs
Xl Recordings UK (2006-04-25)
売り上げランキング: 767,191

発売:2006/4/25
ディスク枚数: 1
フォーマット:マキシシングル,輸入盤
レーベル: XL Recordings UK
収録曲:
1.Steady As She Goes
2.Bane Rendition

■確保した店舗

・BOOKOFF 吉祥寺駅北口店

【500部限定】Magazine Vol.26(特集:40人が選んだ100枚のアルバムジャケット)

発刊日:2019年4月21日(日)

掲載アーティスト:THE NOVEMBERS、yahyel、シャムキャッツ、PLASTICZOOMS、HAPPY、Lillies and Remainsなど

アーティストが語ることの少ないアルバムジャケットについて語ってもらった内容。18ページにわたり、合計100枚のカバーを掲載した永久保存版。

詳細はBELONG Web Storeにて

■おすすめ曲

・「Steady As She Goes」(Tr.1)

・「Bane Rendition」(Tr.2)