■はじめに

“名盤280円以下物語”って何なん!?って思われた方も多いと思うのですが、結論から言うとCDの価値を見直す実験企画を立ち上げます。

近年ではストリーミング全盛の時代と言われ、その反動でレコードやカセットが盛り上がってきています。

一方でCDはどうなんだという話ですが、本当に何にも良い話を聞きません。日本は世界で一番CDが売れた国ですが、今ではゴミ同然の扱いです。

確かにCDはiTunesに入れてしてしまうと、ただのプラスチック製品であり、ゴミになってしまいます。

実際、BOOKOFFに行くと、自分が好きで今でもよく聴く名盤が目も当てられない価格で売られています。

そういう用済みとなったCDをより楽しめる方法はないのか?という所から今回の企画は始まりました。

かくいう自分も音楽を聴き始めた時はCDだったし、仕事で中古CDの買い取りをしたこともあります。

その時にこの名作がこの価格で売らなければいけないのか・・・という、作品価値と商業的価値のギャップも感じました。

CDに価値がないといわれる今の時代こそ、格安で売られる名盤CDを確保し、一枚一枚聴きながらどんな楽しみ方ができるか記事にしていきます。

■評価方法

名盤度:★~★★★★★
確保必須度:★~★★★★★

主に名盤度と確保必須度の2つの評価軸で、判断します。当然ながら名盤であればあるほど、確保必須度も高まります。

基本的に★×1~5で評価します。★が多いければ多いほど、名盤で確保する価値のあるものだと考えます。

■評価基準(5/12追加)

最初に断っておきたいことは、世間的に名盤と言っても、自分にとって名盤かどうかは人それぞれで違うはずです。

この企画でもそれは同じで、世間的にいくら評価が高くても、自分にとって名盤だと思えなければ低評価の場合もあります。

ではどのような基準で評価するのかについては、下記の項目にまとめています。

①アルバム1枚を通して繰り返し聴けるかどうか
アルバムに捨て曲がないか、頭から最後まで通して聴ける内容かというのが名盤認定する上で、一番大事な要素。

1曲目から聴いて、曲をスキップすることなく最後まで聴けるものならば間違いなく名盤です。

②パッケージデザインが優れているかどうか
CDにジャケットだけ入っていて、デザインとしてもこだわりがないものは評価対象には含みません。

それよりも例えば、紙ジャケットで見開き部分もデザインされているものを評価に含めます。

③アーティストの表現が自分に合うかどうか
ここに関しては、執筆者の好みが一番出てくるところだと思います。

いくら世間的に名盤でも自分と価値観がマッチしない場合は評価が上がらない場合もあります。

例えば自分の場合だと、表現に皮肉が含まれているものが好きなので、アーケイド・ファイアの歌詞のようなウィットに富んだ内容を評価するといった具合。

上記、3点が名盤認定する上で、重要な部分です。

■おすすめの3曲

アルバム収録曲のどれから聴いたら良いか分からないという人のために、おすすめの3曲を紹介しています。

このコーナーは記事の一番下の部分に設置しています。

■パトロール先

・BOOKOFF 代々木駅北口店(5/11追加)

CDコーナー:通常の中古コーナー、500円コーナー、200円コーナー有。108円と280円のものは店先に出ているボックスでも売られている。

特徴:何と言っても200円コーナーがあるというのは初めて見た!他の店で280円で売っていてもここでは、200円で買える可能性がある。

また店先に出ているボックスは必ず見た方が良い。ここに名盤が眠っていることもしばしばある。

ちなみに新宿タカシマヤの近くに立地しているので、BOOKOFF 新宿駅西口店からハシゴできる距離にあるのもポイント。

営業時間:10:00~23:00

アクセス:JR山手線『代々木駅』下車。北口を出て新宿方面に徒歩で約1分。ファミリーマート向い側。

店舗の詳細はこちら
・BOOKOFF 吉祥寺駅北口店

CDコーナー:通常の中古コーナー、500円コーナー、280円コーナー有。100円のものは棚とは別のラックで売られている。

特徴:CDの在庫数は唸るほど充実している。特に280円コーナーであっても、アーティスト毎に棚分けしている充実ぶり。

一方で100円の商品はシングルしかないため、どんな名盤であっても在庫数が多ければ、容赦なく280円で売られている。

営業時間:10:00~22:30(日~木)、10:00~23:00(金・土)

アクセス:JR中央・総武線、京王井の頭線「吉祥寺駅」北口(中央口)から徒歩約2分。

店舗の詳細はこちら

・BOOKOFF 江古田店

CDコーナー:通常の中古コーナー、500円コーナー、J-Popのみシングル108円コーナー有。洋楽の500円コーナー内には280円、108円の商品も混じっている。

特徴:さすが音楽の街・江古田。小型店舗ではあるが、洋楽だと名盤はしっかりと500円で販売されている。

在庫数は多くはないものの、世間的に名盤ではないものは108円でアルバムが売られているものもある。

アルバムが108円で買えるという意味ではかなりの穴場スポットである。

営業時間:10:00~23:00

アクセス:西武池袋線『江古田駅』南口から徒歩約2分。

店舗の詳細はこちら

【500部限定】Magazine Vol.26(特集:40人が選んだ100枚のアルバムジャケット)

発刊日:2019年4月21日(日)

掲載アーティスト:THE NOVEMBERS、yahyel、シャムキャッツ、PLASTICZOOMS、HAPPY、Lillies and Remainsなど

アーティストが語ることの少ないアルバムジャケットについて語ってもらった内容。18ページにわたり、合計100枚のカバーを掲載した永久保存版。

詳細はBELONG Web Storeにて