■U2『Joshua Tree』

●U2とは?

U2はアイルランド、ダブリンで結成したロックバンド。1980年のデビュー以来、メンバーチェンジは行われていない。

グラミー賞を獲得した数はロックバンドだと過去最多で、単独公演での観客動員数も世界一を誇る。

ここ日本でも2012年アルバム『ソングス・オブ・イノセンス』がiTunes Store利用者に無料配信され、突然ライブラリに追加され話題に。

U2を知らない人も多く、彼らは何者なのだ!?と賛否両論の嵐になった。

●『Joshua Tree』が名盤である3つの理由

『Joshua Tree』は1987年にリリースされたU2の5枚目のアルバムであり、グラミーでは最優秀アルバム賞を獲得。

①風景を描き出すようなサウンドを獲得した

前作まではボノのボーカルとジ・エッジのギターで空間を埋めることの多かった彼らであるが、今作では音数を減らしながらも景色を想起させるサウンドを手に入れた。

これが今作に普遍性をもたらし、オアシスやコールド・プレイ、ザ・キラーズなどの後進のロックバンドに絶大な影響を与えた。

今でいう美メロの元祖になったのは間違いなく今作に違いない。

②ルーツにフォーカスした内容

アルバムタイトルになっている“Joshua Tree”とは、アメリカ南西部の砂漠地帯に生える樹木のこと。

名前の由来は当地にたどり着いたモルモン教徒が聖書のヨシュアが天を仰ぐ姿に因んで名付けたものだそうだ。

つまりアメリカの砂漠地帯とキリスト教の象徴を選んだことが今作の肝になる。

今作ではその象徴を音で描くべく、アメリカのルーツミュージックであるゴスペルやブルースに傾倒した作品となった。

③プロデューサーはブライアン・イーノとダニエル・ラノワ

ブライアン・イーノはデヴィッド・ボウイやトーキング・ヘッズの名作をプロデュースした巨匠で、“Windows 95”の起動音を作曲した人物。

イーノとダニエル・ラノワは前作『焔』から2作続けて、彼らのプロデュースに関わっている。

彼らの前衛音楽と商業音楽を橋渡しする才覚により、U2は新機軸であるルーツミュージックを取り込みながらも、洗練されたロックサウンドを手に入れることができた。

●アーティストへの影響

この印象的なジャケットを撮影したのはアントン・コービンで、彼は前回コラムで書いたアーケイド・ファイアのMVも撮影している。

この印象的なジャケットに憧れるミュージシャンは少ないはずがなく、ここ日本でもあのMr.Children『Discovery』のアルバムジャケットは本作のオマージュとなっている。

DISCOVERY
DISCOVERY

posted with amazlet at 19.05.09
TOY’S FACTORY (2018-05-18)
売り上げランキング: 20,654


またイギリスのエレクトロ・ポップのパイオニアであるペット・ショップ・ボーイズは「Where The Streets Have No Name」と「君の瞳に恋してる」のマッシュアップを発表し、話題になった。

もちろんのこと、U2は激怒したそうですが、その後和解したそう。

●『Joshua Tree』を¥280で確保!

流通している数が多いこともあり、妥当な価格かは微妙だが、BOOKOFF江古田店にて280円で輸入盤を確保。

ちなみに『Joshua Tree』のジャケットは2パターンあり、こちらは元の写真(メンバーが左にいるもの)を引き延ばしたものだけに少し残念ではある。

■評価


名盤度:★★★
確保必須度:★★

風景を想起させる普遍的なロックサウンドを確立したことや、後進バンドへの影響を考えると今作は間違いなく名盤である。

しかながら1枚を通して何度も繰り返し聴ける作品かと聞かれるとかなり微妙だ。

その理由はテーマ的に不安定な世界情勢やキリスト教について歌われていて、シリアスな内容であること。言い換えれば純粋に音楽だけを楽しめ作品ではない。

また自分の好みの問題でもあるが、彼らのようなどストレートな表現よりもルー・リードやアーケイド・ファイアのような皮肉な表現が好きな人にはあまり響かないと思う。

ゆえに今作はストレートな表現を好む人には間違いのない名盤であるが、自分には少し物足りなかった。

■作品の詳細

THE JOSHUA TREE
THE JOSHUA TREE

posted with amazlet at 19.05.09
U 2
ISLAN (2017-09-01)
売り上げランキング: 30,937

発売日:1987年3月9日
ディスク枚数:1(輸入盤)
レーベル:Island
収録曲:
1. Where The Streets Have No Name
2. I Still Haven’t Found What I’m Looking For
3. With Or Without You
4. Bullet The Blue Sky
5. Running To Stand Still
6. Red Hill Mining Town
7. In God’s Country
8. Trip Through Your Wires
9. One Tree Hill
10. Exit
11. Mothers Of The Disappeared

■確保した店舗

・BOOKOFF 江古田店

■BELONG Magazine最新号はアルバムジャケットを特集!

【500部限定】Magazine Vol.26(特集:40人が選んだ100枚のアルバムジャケット)

発刊日:2019年4月21日(日)

掲載アーティスト:THE NOVEMBERS、yahyel、シャムキャッツ、PLASTICZOOMS、HAPPY、Lillies and Remainsなど

アーティストが語ることの少ないアルバムジャケットについて語ってもらった内容。18ページにわたり、合計100枚のカバーを掲載した永久保存版。

詳細はBELONG Web Storeにて

■おすすめ曲

・「Where The Streets Have No Name」(Tr.1)

・「I Still Haven’t Found What I’m Looking For」(Tr.2)

・「With Or Without You」(Tr.3)

(テキスト:矢部友宏)