eab54238
Gorillazの『Plastic Beach』はアニメ映画のサントラのような世界観で、1曲1曲に違う色があるにも関わらず、全曲通して一貫性があり、サウンドとアンサンブルがとにかく新鮮。この作品は2010年代のサージェントペパーズと言いたい。

アーティスト:寺垣(Vo./Gt.)、桝田(Ba)、門脇(Dr.) インタビュアー:Yuma

-Long Tall Sallyのルーツに当たるアルバムを5枚教えてください。またそれぞれのアルバムのどのような所に影響を受けたのか教えてください。

Little Barrie – Stand Your Ground
寺垣:Little Ballieの1stアルバムが出たときにまず、R&Bやソウルがいい感じにロックになってるなぁという印象で、気になってたバンドだったのですが、この2ndアルバムが出たときにはもうハマってました。曲、サウンド、アンサンブル、グルーヴ、ヴォーカルすべてがクールで研ぎすまされてるといった感じですね。さらにネットの動画でライブを見てみると、演奏はもちろん、ファッションもカッコいい。とにかくすべてがクールで、理想としてるバンドの1つです。

Gorillaz – Plastic Beach
寺垣:これを聴く前にまず予備知識として、このアルバムに2pacやMos Def、Gruff Rhysが参加するというのは知っていたのですが、Lou Reedが参加するのは知らなくて、初めて聴いたときに、マジか!?何で!?ってテンション上がりました。とにかくゲストが豪華かつ異色で、それだけならただの色物扱いで終わるのですが、それだけじゃなかったんです。アニメ映画のサントラのような世界観で1曲1曲に違う色があるにも関わらず、全曲通して一貫性があり、サウンドとアンサンブルがとにかく新鮮。この作品は2010年代のサージェントペパーズと言いたい。

Elliott Smith – Either/Or
寺垣:僕が最初にエリオットスミスを聴いたのは『フィギュア8』からで。単純にすばらしい、こんな人がいたんだと思いました。メロディセンスと歌声が美しくクラシックとポップの絶妙なバランスの楽曲という印象で多少難解な場面があったのですが、このアルバムはシンプルな楽曲でメロディ、ハーモニーが純粋に良い。そして歌声から生まれている張りつめた空気感がたまらないです。癒されながらも追いつめられている感覚になります。僕らの音楽のサウンド面でも参考にしている所があります。

Vincent Gallo – WHEN
桝田:独特な雰囲気があり、別世界に引き込まれるような魅力のあるアルバムです。とにかくサウンドとギャロの声が最高です。いつ聴いても一音目からアルバムの世界に持っていかれる力のある一枚です。これ以上美しいアルバムは他に知りません。

Led Zeppelin – Led ZeppelinⅡ
桝田:これぞロックという説得力のあるアルバムです。ドラム、ベース、ギター、ボーカル、どれをとっても最高。バンドとしてのグルーヴが半端ない。見かけ倒しとは訳の違う、本物のパワーがあります。動物で例えると恐竜。理屈抜きに好きな一枚です。

◆関連記事◆
Roots Rock Media
今まで掲載したアーティストのRootsのまとめはこちら

【interview】鳥取のインディーロックバンド、Long Tall Sallyがシンプルでありながら奥行きのあるサウンドを追及した、新作『Beg』

【interview】Little Barrie@代官山UNIT

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中