踊ってばかりの国・下津インタビュー

踊ってばかりの国
このインタビューは踊ってばかりの国、下津がメンバー脱退とバンドの再生を語ると同じタイミングでに行われたもの。

サーファーだった親父から教えてもらったアメリカン・ロックが音楽の原体験で、小6で聴いたリバティーンズで大きく音楽観が変わったという。

またよく比較されるというRCサクセションやボ・ガンボス、フィッシュマンズは当時、ほとんど知らなかったという驚きのエピソードを語ってくれた。

アーティスト:下津光史 インタビュアー:yabori

■サーファーだった親父が聴かせてくれた音楽が自身のルーツ

-ルーツの話なんですが、下津さんが洋楽を聞き始めたきっかけってお父さんなんですよね?
そうです、親父がサーファーなんですよ。親父から英語とサーフィンとギターを教えてもらいました。彼がいなかったら、多分俺こんなことしてないですね。ヤクザの鉄砲玉みたいになってるんじゃないですか(笑)。親父がウエストコーストのレーナード・スキナードや、イーグルスとかを教えてくれて。ロード・オブ・ドッグタウンってスケボーの映画なんですけど、ほんまにあのカルチャーの人で。70年代のサーファーみたいな感じですね。それから初めて自分で音楽を選んだのは、小学校6年の時のストロークスとリバティーンズですね。リバティーンズとかエフェクターもないし、出す音が最小限じゃないですか。あの感じがカッコいいんですよね。バッファロー・スプリングスフフィールドとかの人間がやってる感じも好きですけどね。そんな感じなんで、逆に90年代の音楽や日本の音楽は全然知らなくて。大瀧詠一さんや、はっぴぃえんどとか、ペドロ&カプリシャスは小さいころから聞いてたんですけど。スピッツとかはテレビから流れて来るものしか知ないくらいで。最近になってようやく、直接知り合いになって聞き出すみたいな感じです。その中でも、髭とBUMP OF CHICKENはずっと中学から聞いてましたね。

-下津さんの世代の音楽って髭なんですね。
そうですね。ロックバンドはアホでおりたいって思ってて。小馬鹿にできないじゃないですか、歌詞とか良かったら。俺頑張ってまっせ感があるのも苦手で。頑張るのは誰でもできるわって思いますね。歌にソウルがないと。板(ステージ)の上でイカれて、下降りたら良い人でいたいですね。

-では実際に踊ってばかりの国のルーツに当たるバンドを教えてください。
まず神戸のValvaってバンドで、T.Rexみたいでめっちゃかっこいいんですよ。俺と林君で彼らを観てバンド組もうって言ったんが最初で。ルーツだとさっきも出てきたレーナード・スキナードだったり、ガールズとかにも影響受けてるし、最近だとカート・ヴァイルが一番好きっすね。踊ってはデヴェンドラ・バンハートの影響も強くて、アルバムでいうと『What Will We Be』の弾き語りの曲が好きですね。ラスタマンがやるレゲエより、ホワイトレゲエの方が好きで。最近のアフロビートとかもそうですけど、白人がやってる方が好きですね。ネグロがやってしまうと、ビートになるんですよ。それでそこばかり突き詰めると精神性になるんで、寒ってなるんですよね(笑)。

-なるほど(笑)。ガールズの影響も大きいんですかね?
ガールズが出てきた時は、踊ってが始まってたんで後のせサクサクって感じですけどね。1stのローファイな宅録の音が良くて、それをThe Acid House.で再現しようと思ってて。でもガールズよりも「Candy Says」やってた頃のベルベット・アンダーグランドってイメージでやってますね。

-下津さんには踊ってばかりの国、The Acid House.、ソロでの弾き語りと3つ表現方法があると思いますが、それぞれで表現することに違いはありますか?
僕の中で邦楽と洋楽とがあって、洋楽はThe Acid House.でやってますね。弾き語りでは両方の曲やります。

■忌野清志郎やどんとの音楽はほとんど知らなかった

-では踊ってばかりの国では下津さんの中になる邦楽が出てるってことですか?
そうですね。でもよく比較されるRCサクセションやボ・ガンボスとか、フィッシュマンズって『SEBULBA』くらいで初めて聞いて。全然知らなかったんですよね。よく忌野清志郎さんと比べられるんですけど、単純に知らんし。どんとさんの音楽もあんま聞いたことがなくて。ローザ・ルクセンブルグとボ・ガンボスを比べるのは、両方ともどんとさんがやってるからアリだと思うんですけど、どんとさんと俺らを比べるのは違う人がやってるから、音に対して失礼というか。僕に対して失礼というよりも、音楽に対して失礼やと思うので、そういう考え方は理解できないっすね。

リリース情報

SEBULBA
SEBULBA

posted with amazlet at 20.02.18
踊ってばかりの国
mini muff records (2011-03-16)
売り上げランキング: 120,719

収録曲:
1.占いがあるから
2.僕はラジオ
3.悪魔の子供
4.死ぬな
5.ルル
6.wa wa wine
7.ばあちゃん
8.意地悪
9.アタマカラダ
10.SEBULBA

世界が見たい
世界が見たい

posted with amazlet at 20.02.18
mini muff records (2011-12-22)
売り上げランキング: 75,552

収録曲:
1.世界が見たい
2.!!!(チック・チック・チック)
3.going going
4.言葉も出ない
5.ドブで寝てたら
6.僕はカメレオン
7.EDEN
8.反吐が出るわ
9.よだれの唄(リアレンジ)
10.悪魔の子供(アコースティック)
11.お涙頂戴
12.何処にいるの?
13.セレナーデ

FLOWER
FLOWER

posted with amazlet at 19.02.18
mini muff records (2012-10-03)
売り上げランキング: 37,567

収録曲:
1.話はない
2.シャンソン歌手
3.tonight
4.coke
5.Hey-Ya
6.切りがない
7.セシウム

踊ってばかりの国
踊ってばかりの国

posted with amazlet at 19.02.18
ツクモガミ (2014-01-22)
売り上げランキング: 39,268

収録曲:
1.Island song
2.東京
3.セシウムブルース
4.メイプルハウス
5.恋の唄
6.いやや、こやや
7.your mama’s song
8.風と共に去りぬ
9.正直な唄
10.どちらかな
11.踊ってはいけない国
12.サイケデリアレディ
13.それで幸せ
14.song for midori(ボーナストラック)

SONGS
SONGS

posted with amazlet at 19.05.02
踊ってばかりの国
株式会社ツクモガミ (2015-03-25)
売り上げランキング: 3,357

収録曲:
1.ocean(intro)
2.君を思う
3.ガールフレンド
4.OK
5.口づけを交わそう
6.時を越えて
7.Hero
8.太陽
9.あなたはサイコパス
10.赤い目
11.唄の命
12.ほんとごめんね

君のために生きていくね
踊ってばかりの国
ツクモガミ (2018-04-18)
売り上げランキング: 1,598

収録曲:
1.Boy
2.メロディ
3.evergreen
4.サイクリングロード
5.自由を頂戴
6.Surfer song
7.in the day
8.バーニングタイム
9.シャクナゲ
10.五月雨
11.青春
12.No ESPer
13.ジョン・ケイル
14.Night on the planet
15.プロテストソング
16.美しい春(ボーナストラック)