10.Day and Buffalo「Darkside Mama II」
10位は自身もレビューさせていただいたDay and Buffalo。とにかく彼らの世界観と音楽のセンスにひたすらのめりこめる作品だと。もちろん全員が彼らの音楽を気に入る訳はないんですが、それでも皆に聞いてほしいという
願いを込めて。僕も音楽的にはあまり触れてこなかった系統なのですが彼らを通して様々な幅も広がりました。いろんな意味で自身も成長させていただいたアルバムです。


9.ボールズ「スポットライト」
ミラーマンから名前を変え再出発した彼らのアルバムが9位です。どこかJpopらしさもありつつ普遍的ではない、前作「ニューシネマ」より多々変化を感じられるが決して変化のみを追い求めたワケではなく、彼らが「進化」したと言えるものになっていると思う出来になってます。1,2,3曲目で恐らく感じること ができると思われるのでぜひ1度視聴をしてみては。


8.Real Estate「Atlas」
米国のインディーロックバンドのReal Atlasの新しいアルバムが8位。もはやインディーロックの代名詞にもなり得るような彼らの新作は変わらずドリーミー&ポップ。今までより浮遊感もメロディもパワーアップしていて垂れ流していても耳にスッと入ってくるような曲ばかり。6曲目の「Crime」なんかは彼らの真骨頂だと思います。1年を通して休日にもってこいな1枚です


7.NAHAVAND「Two of Storongest」
7位は今までずっとフリーダウンロードで音源を出してきたNAHAVANDのアルバム。彼らの立ち振る舞いやリリック、ギターサウンドは唯一無二であるし、誰にも媚びない姿勢がこのアルバムを生み出したのだと思う。全てにおいてスキルアップしてるのがアルバムを通してひしひしと伝わってくる。個人的にフロントマンの宮内氏が書く尖ったリリックが(本人はそう思って描いてないような気もするが)たまらなく好きなこともあり7位に入れてみました。「シーンが3年遅れるだけ」などにハッとさせられる内容です。


6.NOWEARMAN「MAN NOWEAR」
まあ、間違いなくこれはベスト10に入りますよね。大好きなNOWEARMANの待ちに待ったアルバム「MAN NOWEAR」理由は語らなくても感じていただけると思います。聴いていただければ。無駄なものなんて一切ない、NOWEARMANの洗練された音楽に震わせられた1枚でした。


5.THE CRY「DANGEROUS GAME」
たぶんほとんど知ってる方もいないと思いますThe CRY。パワーポップバンドのEXPLODING HEARTSが好きな方はコレを聴いて欲しい。EXPLODING HEARTSの再来とも言える彼らは20歳前後。USのパワーポップ界隈ってEXPLODING HEARTSミーツなバンドが割りと多いと思いますが、頭1つ抜きん出てます。パワーポップ、パンクポップなんかが好きな方をぜひ聴いてみてください。


4.HAPPY「HELLO」
HAPPYのアルミホイル・デモ時代から彼らを聴いてきてますが、進化の速度とセンスが飛びぬけていると思います。実はデモの時のほうがインディーポップ感があって好きな曲もありますが、「Lucy」なんかは名曲ですね。名前の通り、ハッピーな気持ちにさせてくれる素敵なアルバムです。全曲通して聴いても長いと感じさせないようなつくりは本当に素晴らしいと。彼らは若さ的にもルックスも雰囲気も「現代のビートルズ」になり得る可能性はあるんじゃないかなと思わせてくれたアルバムでした。


3.ORLAND「Fragment Of Romance」
ダフトパンクあたりが好きなら彼らは本当に気に入るんじゃないでしょうか。トークボックスもシンセサイザーもダメ!って方あんまりいないでしょうしとりあえず聴いてみて欲しいです。ダンスミュージック、エレクトロ、ファンク、ロック。シティポップに80sミックス。できればこれを聴いてぜひライブに足を運んで欲しいですね。無人島に持っていくならコレ、必ずいれると思います。大きなフェスの野外からアンダーグラウンドな夜のダンスホールまで賑わせら れるような魅力のつまった作品。若者から80年代を生きた大人まで、幅広い人に触れて欲しい1枚です。


2.Yogee New Waves「PARAISO」
ほとんどの人がこのアルバムは入ってるんじゃないかな。あんまり語ることもありません!変に語って聴いてない人が変な印象受けるのも忍びないので笑。踊ってばかりの国を昔、初めて見たときのような衝撃を受けました。素晴らしい1枚。後の時代まで伝えていきたい名盤。シティポップが彼らの「リアル」だからこそ出来た作品だと。2014年が終わってしまう前に必ず聴いて欲しい。


1.TeenRunnings「NOW」
僕の堂々の1位はこれですね。アルバムレビューを書かせて頂いたときに書きたいことは全部書いてしまったんですが、本当に世界観、音楽性全てが僕のツボです。もう聴いた瞬間に2014年ベストに入るのは間違いなかったアルバム。聴いてて世界に浸れるのもイメージが浮かんでくるのもこのアルバムだけですね。聴くきっかけがないならばぜひコレを読んだなら聴いてみてください。2014年後期は毎日お世話になったアルバムです。素晴らしい音楽は人生を楽しくさせてくれます。たぶんその素晴らしい音楽ってこういうアルバムなんじゃないでしょうか。1位はTeenRunnningsの「NOW」でした。ありがとうございました。

【Writer】yuuto(@yutoisu)

1件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中