coldplayindia2015

Coldplay – Adventure Of A Lifetime(yabori)
地下鉄に謎のポスターが!?という話題から盛り上がって、急きょリリースを発表したColdplayの新作『A Head Full Of Dreams』が、12月4日に発売される。前作はEDMに手を出して中途半端なアルバムを作っていた彼らであるが、今回ばかりは年間ベストの大本命になり得る作品になりそう!先日、アルバムより公開された新曲「Adventure Of A Lifetime」では、印象的なギターリフから始まり、ファンクをベースにした作風はColdplay版の「Get Lucky」ではないか!またビヨンセとノエル・ギャラガーなどのビッグアーティストを参加するとの発表があり、自分たちが敬愛してやまないアーティストを招いて制作されたかのようで、かのDaft Punkの『Random Access Memories』に勝るとも劣らないアルバムになるんじゃないか。年間ベストを考えるのはこの作品がリリースされるまで待った方が良さそうだ。

1441841374car_seat_headrest_4
Car Seat Headrest – Something Soon(Chappy)
シアトルを拠点に活動するWill ToledoによるCar Seat Headrest。10/30にリリースした新作アルバム『Teens of Style』からのMV、「Something Soon」でのWill Toledoのナードな風貌からは想像もできなかった、ノイズロックな音と完全には悪ぶれてない不器用な感じでがむしゃらに歌う姿が格好よく見えてきて、じわじわと興味をそそられた。新作アルバムはタイトル通り若者のスタイルがテーマとなってるようだが、決してキラキラした爽やかな若さを表現してないのが又いい。なんというか、青春時代のひねくれ感を剥き出しにしたような不器用に荒れたギターロックと気怠げに歌うエモさがアップテンポなメロディによって彼の思う所の若者のスタイルを映し出してるように感じた。今後も目を離したくない期待のバンドだ。

6ab53850-98cf-4c29-9b46-ffdbfe0dbf60-2060x1236
Sundara Karma – Diamond Cutter (木ノ下トモ)
サンスクリット語で“Beautiful Karma”の意味を持つ、Sundara Karma。彼らのNew EP 『EP Ⅱ』 より、新曲「Diamond Cutter」が公開されました。最初に曲を聴いたとき、音が成熟していて完成された世界に引き込まれるような気がしたので、彼らが19才の現役大学生と知ってびっくり。『EP Ⅱ』からは他の曲もYoutubeで公開されていますが、特に「Diamond Cutter」がお気に入り。ずっと聴き入っていたくなるギター、ベース、ドラムすべてが心地良くて。穏やかに耳になじむボーカル、Oscarのバリトンヴォイス。曲の盛り上がりとともに切なく、心に響きます。彼らの音には少し哀しい響きがあるのがいい。そしてバンドの名の通り、その音の美しさにすっかりハマってしまいました。

67036
Veni Vidi Vicios – 個性 studio 2015 (まりりん)
この音源を紹介するか否かすごく迷った。こっそり秘密にしておきたいような、みんなと共有したいような。信じられないくらい自由な活動をしている(活動していないとも言える)最高のバンドVeni Vidi Vicios。たまにsoundcloudに新曲がアップされるけど、それ以外の情報はなし。2年近くそんな状態だったが、今回は違う。「個性 studio 2015」と名付けられた音源に入江良介がTwitterで添えた言葉は“続きは来年Liveで!”Veniと同期のQUATTROの活動休止に絶望していた時に希望が見えた。2016年はVeni Vidi Viciosが見れるかもしれない。彼らはいつだって最高にときめく音楽を作り、私たちの予想を裏切ってくれる。ああ、嬉しすぎて心臓が破裂しそうだ!

original
きのこ帝国 – 猫とアレルギー(桃井かおる子)
久しぶりの新曲紹介です。今年の春にめでたくメジャーデビューを果たしたきのこ帝国のメジャーデビューアルバムのタイトル曲、『猫とアレルギー』です。かつてのきのこ帝国をご存じの方は、この曲を初めて聴いてきっと驚いたと思う。インディーズ時代のきのこ帝国と言えば、ダークな歌詞とそこに重なるシューゲイズサウンドに定評のあるバンドだった。しかし今の彼らのサウンドは、そのような部分も残しつつ、圧倒的にポップなものになっている。歌詞もより等身大な内容となり、聴く人側に寄り添った内容に変化した。なぜこのような変化がバンドに起こったのか?それは「耳でなく心に届けたい」という、大きな意識変化があったからだろう。彼らの気持ちの変化と今作への思いについては、Vo.佐藤さんに先日インタビューしたものをアップしているので、ぜひそちらも読んで頂きたいと思う。きのこ帝国メジャー第一弾アルバム『猫とアレルギー』は絶賛発売中!現在行われているリリースツアーもかなり豪華な2マンツアーとなっているので、もしあなたの住む街に彼らが訪れた時は、ぜひ足を運んで頂きたい。バンドの変化を、その心でぜひ感じて頂きたい。

【More Playlists】
BELONGのTwitterでは毎日、注目の新曲を取り上げています。BELONGのアカウントをフォローして、お気に入りの1曲を見つけてみては?

【BELONG最新号(Vol.13)は1000部限定で発刊しました!】

今までのプレイリストはこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中