dygl0.png

新世代アーティストDYGL(デイグロー)が5月4日に発売する6曲入りファーストEP『Don’t Know Where It Is』の発売を記念して、【DYGL “Don’t know where it is” RELEASE TOUR】を行うことが決定した。6月10日(金)の京都METROでの公演を皮切りに名古屋・大阪・東京の全4公演。それぞれDYGLと同世代でワールドワイドな音楽を鳴らすバンドを対バンに迎える。

現在DYGLは日本に先駆けてUSでリリースツアーを行っており、7月にはアジアツアーも決定している。

2012年に大学のサークル内で結成された、インディ・ロックを海外のシーンと同じ感覚で鳴らす新世代アーティストDYGL(デイグロー)。

2015年の秋にLAの注目レーベル〈Lolipop Records〉のスタジオでレコーディングされたEPが遂に完成。影響を受けたインディ・ロックの音の鳴り、スタイル、スケール等の全てを自らのサウンドに消化させた6曲入りファーストEP『Don’t Know Where It Is』、リリース。

2016年、ロックの夢は決して終わらない。膨大なロマンスと漠然とした勇気をのせた歌がある限り。

dygl
『Don’t Know Where It Is』
発売日:2016年5月4日
(CD)■品番:HEC-001■価格:\1,500+税
(ヴァイナル)■品番:HEA-001■価格:\1,900+税
(カセット)■品番:HEB-001■価格:\700+税 *カセットのみ4月6日の発売となります。
収録曲:
1. Let It Sway
2. Don’t Know Where It Is
3. I’m Waiting For You
4. Let’s Get Into Your Car
5. Slizzard
6. Thousand Miles

【LIVE】
“Don’t know where it is” RELEASE TOUR
チケット料金:[前売]¥2,500 / [当日]未定(各税込)※Drink代別
主催・お問い合わせ:シブヤテレビジョン TEL 03-5428-8793 (平日12時〜20時)

京都公演
・開催日時:6月10日(金)開場:18:30 / 開演:19:00
・開催場所:京都 METRO
・出演者:DYGL / Seuss / Cemetery
・協力:SECOND ROYAL RECORDS

名古屋公演
・開催日時:6月11日(土)開場:18:00 / 開演:18:30
・開催場所:名古屋 CLUB UPSET
・出演者:DYGL / mitsume
・協力:ジェイルハウス

大阪公演
・開催日時:6月12日(日)開場:18:00 / 開演:18:30
・開催場所:大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
・出演者:DYGL / Cemetery

東京公演
・開催日時:6月16日(木)開場:18:30 / 開演:19:00
・開催場所:新代田 FEVER
・出演者:DYGL / batman winks / boys age / cemetery

【DYGL|デイグロー】
2012年に大学のサークル内で結成。メンバーはYosuke Shimonaka(G)、Nobuki Akiyama(Vo, G)、Kohei Kamoto(Dr)、Yotaro Kachi(B)の4人で、すぐさま東京でライヴ活動を開始。これまでにCassie RamoneやJuan Wautersなどといった海外のミュージシャンとも共演している。2015年には『EP#1』をカセットとバンド・キャンプで自主リリースし、世界の早耳な音楽リスナーの注目を集める。その年の秋にはアメリカに長期滞在し、感性の近い現地のミュージシャンたちとコミュニケーションを交わすなか、LAの注目レーベル〈Lolipop Records〉のスタジオでレコーディングを決行。ライヴでも盛り上がりをみせる「Let’s Get Into Your Car」などの曲を再録し(『EP#1』に収録)、台湾ツアー後に書き溜めていた「Don’t Know Where It Is」なども録音。影響を受けたインディ・ロックの音の鳴り、スタイル、スケール等の全てを自らのサウンドに消化させた6曲入りファーストEP『Don’t Know Where It Is』が完成した。
■オフィシャルWEB:http://dayglotheband.com/

◆関連記事◆
【News】Ykiki Beatのメンバー3人を擁すインディ・ロック・バンドDYGL(デイグロー)、6曲入りファーストEP『Don’t Know Where It Is』リリース決定!
【interview前編】本当にインターネットは世界を広くしているのか?Ykiki Beatが東京から見た世界(#YOUTHWAVE)
【interview】音楽を学問的に捉えるよりは、もっと気楽に楽しく聴いてほしいです。よし、聴くぞ!って感じじゃなくて日常の中にちょっとプラスするくらいの感じで。『SEUSS-Today Was Good』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中