the HIATUS(ザ・ハイエイタス)がビルボードライブに出演した。

the HIATUSはライブハウスで演奏するロックバンドというイメージが強かっただけに、今回の発表には驚かされた。

ビルボードライブは名だたるジャズミュージシャンを始め、ブラックミュージック色の強いアーティストが出演する会場である。

それにもかかわらず、 the HIATUSは一体どんなライブをやるのだろうか。

the HIATUSライブレポート

_f4w7918

以前、 the HIATUSのライブをZEPPで見た事がある。

その時はロックチューンを中心に披露し、お客さんも飛び跳ねてモッシュやダイブが自然と起こっていたのだが、今回ばかりはそうはいかない。

そもそもビルボードはライブハウスというよりもジャズクラブであり、全席固定で座ってライブを見るのだ。

今日の場合だとソールド公演というのもあり、ステージ上の伊澤の弾くピアノのすぐ後ろに席があるというライブハウスでは考えられない近さで見られるという特別感もあった。

_tks7043

結論から言えば今回の公演はライブハウスとは異なるアレンジで演奏された。

イントロを聴く限りではどの曲を演奏しているのか分からなかったのだが、それこそ the HIATUSの狙いだったようだ。

特に「Thirt」は伊澤のピアノソロから始まり、細美の歌に入るまでは何の曲か分からなかった。

この曲を始め、披露された曲の大半はアコースティックの編成で演奏する時のような必要最低限のアレンジであったが、細美のメロディーが際立つように計算されていた。

_tks6928

この日は細美も饒舌でいつも以上にMCの時間を設けているように感じた。

自分が見たのは一日二公演中の二つ目だったのだが、一回目の時にハプニング的に行われたセッションを、今回も再現してくれた。

そのセッションは伊澤のピアノとmasasucksによるギターの掛け合いから始まった後、ウエノのベースが引っ張っていく構成となり、そこに柏倉がドラムを乗せていった。

そうしていくうちにまたギターが前面に出てくる頃にはThe Doorsの「Roadhouse Blues」をもっとスイートにしたようなブルースロックナンバーになった。

the HIATUSのメンバーも予想だにしない突然の出来事であったと思うのだが、即興でブルースナンバーが出て来たのは、メンバーのルーツにある音楽と歴史あるビルボードならでは演奏だったのではないだろうか。

これこそ本日のライブのハイライトであり、ここでしか見れないであろう特別な一夜になった。(文章:yabori/撮影:Tsukasa Miyoshi (Showcase))

リリース

発売日: 2019/7/24
レーベル: UNIVERSAL MUSIC LLC
収録曲:
01. Hunger
02. Servant
03. Regrets
04. Time Is Running Out
05. Chemicals
06. Silence
07. Back On the Ground
08. Firefly / Life in Technicolor
09. Get Into Action
10. Moonlight

発売日: 2016/7/6
レーベル: Universal Music LLC
収録曲:
01. Geranium
02. Clone
03. Drifting Story
04. Bonfire
05. Let Me Fall
06. Radio
07. Catch You Later
08. Secret
09. Tree Rings
10. Sunburn

収録曲:
01. Thirst
02. Something Ever After
03. Unhurt
04. Horse Riding
05. Sunset Off The Coastline
06. Interlude
07. Roller Coaster Ride Memories
08. Tales Of Sorrow Street
09. Waiting For The Sun
10. Don’t Follow The Crowd
11. Burn To Shine

オリジナル盤発売日: 2011/11/22
発売日: 2019/8/15
レーベル: Urban Vision Entertainment
収録曲:
01. Deerhounds
02. Superblock
03. The Tower and The Snake
04. Souls feat.Jamie Blake
05. Bittersweet/Hatching Mayflies
06. Broccoli
07. Flyleaf
08. Shimmer
09. Snowflakes
10. On Your Way Home

オリジナル盤発売日: 2010/6/29
発売日: 2019/8/15
レーベル: Urban Vision Entertainment
収録曲:
01. The Ivy
02. Talking Reptiles
03. My Own Worst Enemy
04. Monkeys
05. Insomnia
06. ベテルギウスの灯
07. Walking Like A Man
08. Doom
09. Antibiotic
10. Notes Of Remembrance
11. 西門の昧爽

オリジナル盤発売日: 2009/5/26
発売日: 2019/8/15
レーベル: Urban Vision Entertainment
収録曲:
01. Ghost In The Rain
02. Lone Train Running
03. Centipede
04. Silver Birch
05. 堕天
06. Storm Racers
07. Little Odyssey
08. The Flare
09. 紺碧の夜に
10. ユニコーン
11. Twisted Maple Trees

プロフィール

“日本のロック・バンド。2008年のELLEGARDENの活動休止後に細美武士(vo,g)が立ち上げ、活動開始。メンバーは細美のほか、masasucks(g)、ウエノコウジ(b)、柏倉隆史(ds)、伊澤一葉(key)、一瀬正和(ds)の6名。2009年4月、幕張メッセでの“PUNKSPRING”にて初ライヴを実施。同年5月の1stアルバム『Trash We’d Love』は初登場1位を記録し、直後のツアーや大型フェスも盛況となるなど、大きな注目を浴びる。2012年の堀江博久(key)の脱退により、その後はツアーメンバーの伊澤が楽曲制作にも参加。2014年12月には初の日本武道館公演を開催。”

引用元:タワーレコード

Youtube

  • the HIATUS – Servant(Lyric Video)
  • the HIATUS – Regrets(Music Video)
  • the HIATUS – Thirst(Music Video)

公演情報

the HIATUS
ビルボードライブ大阪:2016/10/10(月祝)
1stステージ開場17:30 開演18:30 / 2ndステージ開場20:30 開演21:30
公演詳細はこちら
INFO: www.billboard-live.com