cs3l98iuiaapxjw
イギリス出身のR&Bデュオにも関わらず、本音(HONNE)という日本語がアーティスト名にまでなってしまった彼ら。日本好きはそれだけに留まらず、国内盤のボーナストラックでは自身の曲を日本語で歌唱するほど。彼らはどうしてそこまで日本が好きなのか?プロデューサーのジェームズとシンガーのアンディーに聞いた。

アーティスト:ジェームス(プロデューサー)、アンディー(シンガー) インタビュアー:yabori

-HONNEという名前の由来について教えてください。
ジェームス:僕らはかなりの数の曲を書いた後に、“HONNE”という言葉に偶然出会ったんだ。その意味を調べてみると、信じられないくらいその言葉が僕たちが作った音楽やありのままの歌詞に合っていたんだ。それにアンディはここ数年間のうちに、日本で数か月を過ごしたこともあって、彼はすっかり日本を好きになったんだ。だから、いつも僕らはその名前と日本との繋がりを何かしら感じているんだよ。

-AndyとJamesのお二人は大学で出会われたそうですが、どのようなきっかけで知り合ったのでしょうか。
幸いなことに、アンディは僕が大学で初めて出会った人間だったんだ。僕らは一緒に座ってご飯を食べていて、すぐに同じ音楽に熱中していることに気付いたんだ。その当時は、レディオヘッドやトム・ヨークの音楽の中でもエレクトロ系のものに熱中していて。それから数日の間に、一緒に曲を書き始めて、その時からずっとそうしてるんだ。

-そこから曲作りを始めたとのことですが、どうしてバンドではなくデュオとして活動しようと思ったのでしょうか。
音楽に対する方向性において、僕らはお互いに強い意見やアイデアを個々に持っていると思うんだ。僕ら二人のアイデアはお互いを補完しあってるから、僕らが他に人を介入させたいと思わないのは、二人が起こす強力な音楽的化学変化を薄めたくないからなんだ。そうは言っても、他のアーティストとコラボするのは大好きだよ。でも、芯の部分では、二人だけでHONNEをやることを楽しんでるんだ。

-またR&Bやファンクを咀嚼したエレクトロポップをやっていますが、このスタイルはどのようにしてできたのでしょうか。
それは違う形の音楽、新しいものと古いものからのインスピレーションが合わさったものだと思う。 僕らは、Michael JacksonやQuincy Jonesの作品が好きだし、 Al GreenやBill Withersも好きだけど、James Blakeや Rhye、Chance The Rapperも好きなんだ。現代のエレクトロ作品を使ったときにちょっとユニークなものができたかなと思うんだ。でも、それには僕らが自分たちの曲のベースにしてる伝統的なソウルの曲もかけ合わせてるんだ。僕らが曲を作るときの目的は、ピアノとボーカルだけで演奏するときに、その曲が楽しめるものになるように作っているんだ。

-『Warm on a Cold Night』というアルバムタイトルの由来について教えてください。
「Warm On A Cold Night」は、まさに僕らが最初に発表した曲なんだ。これをアルバムタイトルにした理由は、その歌詞や曲の雰囲気、そのタイトルだけでさえ、僕らにとってHONNEというものが何なのかを本質的につかんでいると思ったからなんだ。そして、このアルバムがそんな風に人に感じてもらえるものになればいいなと思うよ。

-今作は12曲収録されていますが、多くの楽曲の中でどういう基準で選んだのでしょうか。
本当に大変だったんだよ!たくさんの曲から選ばなきゃいけなかったからね。僕らはアルバムの流れを良くしたくて、それはリスナーに旅をさせるような感じで、明るい曲も聴かせる曲も、アップビートな曲もダウンテンポな曲もあるんだ。僕らはたくさん議論したけど、最終的にいい結果になって喜んでるし、誇りをもってるよ。

-今作の1曲目「Warm On A Cold Night」はラジオの曲紹介のように始まりますが、どうしてこういう始まりの仕方にしたのでしょうか。
ラジオのDJは実際、僕(ジェームス)が一緒に住んでた親しい友人なんだ。彼がある夜遅くにやってきて、何杯かお酒を飲んだ後、僕に自分の声は朝になとんでもない声になると言ったんだ。というのも、彼が二日酔いするとその声は太くて低く、しゃがれた声になるからなんだけど。その日の朝、彼が下りてくると、その言葉のとおり彼の声は現実のものじゃないみたいだった。僕が曲をかけると、彼はラジオのDJをやりはじめた。それは完璧に曲に合っていて、この声がなければこの曲にはならないと思ってるよ。

-今作だけでなく、今までのどの作品もサウンドがとてもクリアでクオリティの高いものを作っていますが、このサウンドをどのようにして生み出しているのでしょうか。
ありがとう。セットアップに関しては、僕らはロンドン東部の自宅のシンプルなホームスタジオの設定を使っているよ。それは本当にシンプルなもので、お互いにほとんど同じようなセットアップを持ってるよ。いくつかのシンセ・キーボード・ドラムマシーン、ギター、ベースと一対のプリアンプとコンプレッサー、パソコン、あと良いスピーカーがあるんだ。僕らにはそれがあればいいんだ。僕らの“物”は少量だけど、本当に質が良くて色々できる装置を持つことが必要なんだ。それと、すべての音に細部まで気を配って、すべてのサウンドを最大限に活用すること。アンディは特にそれが得意で、彼が探している音を見つけるためにキーボードのつまみをずっといじっているよ。

-「Someone That Loves You」のMVは日本で撮影された映像が多く使用されていますね。お二人はどうして日本が好きなのでしょうか。
数か月を日本で過ごして、僕(アンディ)はすっかり日本が好きになった。日本はとても刺激を受ける場所だと分かったし、実際、僕らの「No Place Like Home」って曲は僕が東京にいて、ジェームスがロンドンにいるときに書いたんだ。日本には驚くようなものもあって。例えば、特に印象に残ってるのは夜にすべての明かりが煌々と光ってることとか。そういうことが、僕らがMVの中で伝えたいと思ったことなんだ。

-本作には日本のレコードで見られるような帯のデザインがついているのがとても印象的ですが、どうして帯をつけているのでしょうか。
実は、帯をつけることは、日本盤のEPの一つのためだけに考えていたんだけど、出来上がりを見たときに素晴らしくて、全部につけたいと思ったんだ!帯はこれから来ると思う!

-またその帯には日本語でメッセージが書かれていますが、文章は全てご自身で考えられたのでしょうか。
まず自分たちが伝えたいことを考えて、 それから日本人の翻訳者と連絡をとって手助けしてもらったんだ。最近まで、たくさんやりとりしてたんだよ。僕らの歌詞付きのアルバムブックレット全体も翻訳したからね。

-『Warm on a Cold Night』はどんな人に聴いて欲しいと思いますか?
特に誰かに聴いてもらいたいっていうのは言えないな。僕らはリスナーがどんな人であろうと、アルバムを聴いて何かその人のためになったらいいなと思ってるよ。それが歌詞についてのことで、歌詞を聴いたら落ち着くということでもいいし、少しだけ現実逃避するためでもいいし、愛する人と過ごす夜にリラックスするためでもいい。

-日本のファンにメッセージをお願いします。
日本!たくさんのインスピレーションを与えてくれてありがとう!あなたがたの素晴らしい国に11月に訪れて、たくさんのファンに会えるのを楽しみにしています。ここまで、たくさんの愛とサポートをありがとう。二人から愛を込めて。 ジェームス&アンディ

【Release】

『Warm On A Cold Night』
日本盤(日本盤ボーナストラックは「Warm On A Cold Night」の日本語バージョン収録)
2016.11.9 Release

【Live】
11月14日(月)Billboard Live TOKYO
11月16日(水)Billboard Live OSAKA

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中