hi-res
warpaint-%e3%83%bb%e3%83%bbheads-up-jake-syabgj-4028

アーティスト:杉本(synth/cho) インタビュアー:yabori

-yahyelはこれからWARPAINTのツアーにゲスト出演することが決まり、先日「New Song 」のカバー曲を公開しましたね。どうしてリミックスではなく、カバーをやろうと思ったのでしょうか。
杉本:もともとはリミックスをやってみたいと思っていたんですけど、それをやるには時間がなくて。そこで来日公演には間に合わないからカバーをやる事にしました。といっても最初はこの曲をリミックスしてみたいって気持ちがあったので、「New Song」のボーカルをサンプリングして、トラックを組み立てるっていうやり方をしていて。カバーでありながら一部リミックスみたいな事もやっているんですよ。特に「New Song」は、音数が少なかった事と新作からのリードトラックだった事がカバーをする上で決め手になりましたね。

-なるほど。そういえば前回のインタビューでは、“The xxの音楽は音数が少ないからリミックスし甲斐がある”って言っていましたよね。
そうですね。今回のカバーはそれが功を奏したと思います。

-カバーする上で、苦労した事や上手くできた部分はありますか?
「New Song」の印象的なフレーズを入れてカバーするというのは決めていたので、難しい事はなかったんですけど、こだわった事としてはいかに自分たちらしさを出しつつ、彼女らに対するリスペクトを出せるかという部分にこだわっていて。そのバランスは意識しましたね。

-それではWARPAINTからどのような影響を受けたのでしょうか。またyahyelとの共通点があれば教えてください。
僕は高校時代からWARPAINTをよく聴いていたし、ボーカルの池貝は宇多田ヒカル、DAUGHTERやRhyeなど女性ボーカルからの影響が大きいんですよ。そういう意味では一見してWARPAINTとyahyelは共通点がないように見えるかもしれないけど、女性シンガーソングライターからの影響という意味では遠くない場所にいると思います。

-ということは以前公開していたPortisheadの「Glory Box」のカバーも女性ボーカルからの影響という事だったんですね。それでは最後にWARPAINTの魅力について教えてください。
ロサンゼルスの可愛い女の子4人があんなにクールな音楽をやっているんだっていうギャップですね。単純に見た目が可愛いというのもあるんですけど、サウンドにも彼女らの妖艶さが出ているのが良いと思います。昔からずっと聴いていたアーティストなので、カバーできて良かったと思いますし、来日公演で共演するのが今から楽しみです。

【Event:WARPAINT来日公演】
unnamed-1
WARPAINT JAPAN TOUR 2017
Guest: yahyel
2/28(火) LIQUIDROOM
3/1 (水) UMEDA CLUB QUATTRO

【Release】
unnamed
発売日:2016/11/23
品番:BRC-530
収録曲:
1. Kill Me
2. Once (album ver.)
3. Age
4. Joseph (album ver.)
5. Midnight Run (album ver.)
6. The Flare
7. Black Satin
8. Fool (album ver.)
9. Alone
10. Why

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中