THE NOVEMBERS(ザ・ノーベンバーズ)が新しいところへ、確実な一歩を進めた作品。

それが今作『Misstopia(ミストピア)』。これは揺るがない証拠。今までのTHE NOVEMBERSの集大成である。

『Misstopia』レビュー

これまでのTHE NOVEMBERSに比べ音の選択、使い方が格段に広がった。

音を作るという目的、音を重ねるという行為に対して今までの役割という概念を変え、あらゆるものへ目を配らせているからだ。

水平に真っ直ぐ噛みつくようなサウンドに深さと重さが加わり、ミッドからロウの音域がとてつもない強さを持っている。

重なる瞬間の体を全部持って行かれる事件。それはまるで艶やかな爆発。

『Misstopia』の前作である『Paraphilia』で取り入れられた浮遊するような清らかで、優しく溶けていくような音たちを、確実に自分たちの“モノ”にしている。

今までイメージしていた音、感覚、アプローチ。すべてをベストな形で具現化し、提示した。

『Misstopia』は前進する姿が焼き付けられた曲たちの集い。

次の朝を待つためのやわらかな清算の「sea’s sweep」、遊びに行くことが自分たちの道になる「パラダイス」、どこにでも行けるのだと教えてくれた「Misstopia」。

「Gilmore guilt more」

その中でも「Gilmore guilt more」は間違いなく今作のコアである。

脈打つ心臓は凛々しくあり、獰猛でもある。轟音が連れてくる衝撃は叫びとなり、一瞬でも気を抜くことを許されない時間となる。鋭い目で道理の膜を剥がしていくようなドラミング。

恐ろしい程のベースサウンドの圧力は高鳴る鼓動と血液を循環を感じさせる。

そして彼らの持つダークさがこれでもかという程に開花されている。これこそがThe NOVEMBERSの最大の魅力である。

誰か一人では見ることができなかった考えや景色がここにはある。そしてそれを共に見ることができる。THE NOVEMBERSと、これを聴くあなたと。(ライター:pikumin 2020年5月7日更新)

リリース

2ndアルバム『Picnic』


発売日:2010年3月10日
収録曲:
01.Misstopia
02.Figure 0
03.dysphoria
04.pilica
05.パラダイス
06.sea’s sweep
07.Gilmore guilt more
08.I’m in no core
09.Sweet Holm
10.ウユニの恋人
11.tu m’

1stアルバム『Picnic』


発売日:2008年6月4日
収録曲:
01.こわれる
02.Arlequin
03.chernobyl
04.アマレット
05.ewe
06.僕らの悲鳴
07.ガムシロップ
08.アイラブユー
09.白痴
10.picnic

最新アルバム『At The Beginning』

『At The Beginning』 Album Cover
発売日:2020年5月発売
価格:¥3,080(税込)
品番:MERZ-0209
収録曲:
1. Rainbow
2. 薔薇と子供
3. 理解者
4. Dead Heaven
5. 消失点
6. 楽園
7. New York
8. Hamletmachine
9. 開け放たれた窓

ライブDVD『美しい日』

THE NOVEMBERS 11th Anniversary FILM『美しい日』
フォーマット:2DVD
Disc1:11th Anniversary & 6th Album Release Live “Hallelujah” at Shinkiba STUDIO COAST(110min)
Disc2:11th Anniversary Documentary(64min)
レーベル:MERZ
品番:MERZ-0107
発売日:2017年4月22日(土)
価格:5,500円(本体価格)

プロフィール

THE-NOVEMBERS/ANGELS

“2005年結成のオルタナティブロックバンド。2007年にUK PROJECTより1st EP「THE NOVEMBERS」でデビュー。様々な国内フェスティバルに出演。
2013年10月からは自主レーベル「MERZ」を立ち上げ、 2014年には「FUJI ROCK FESTIVAL」 のRED MARQUEEに出演。海外ミュージシャン来日公演の出演も多く、TELEVISION,NO AGE,Mystery Jets,Wild Nothing,Thee Oh Sees,Dot Hacker,ASTROBRIGHT,YUCK等とも共演。

小林祐介(Vo/Gt)はソロプロジェクト「Pale im Pelz」や 、CHARA,yukihiro(L‘Arc~en~Ciel),Die(DIR EN GREY)のサポート、浅井健一と有松益男(Back Drop Bomb)とのROMEO`s bloodでも活動。ケンゴマツモト(Gt)は、園子温のポエトリーリーディングセッションや映画「ラブ&ピース」にも出演。高松浩史(Ba)はLillies and Remainsのサポート、吉木諒祐(Dr)はYEN TOWN BANDやトクマルシューゴ率いるGellersのサポートなども行う。

2015年10月にはBlankey Jet CityやGLAYなどのプロデュースを手掛けた土屋昌巳を迎え、5th EP「Elegance」をリリース。
2016年は結成11周年ということで精力的な活動を行い、Boris,Klan Aileen,MONO,ROTH BART BARON,ART-SCHOOL,polly,Burgh,acid android,石野卓球,The Birthday等錚々たるアーティストを次々に自主企画「首」に迎える。2016年9月に6枚目のアルバム「Hallelujah」をMAGNIPH/HOSTESSからの日本人第一弾作品としてリリース。11周年の11月11日新木場スタジオコーストワンマン公演を実施し過去最高の動員を記録。2017年FUJI ROCK FESTIVAL WHITE STAGE出演。

2018年2月には、イギリスの伝説的シューゲイザー・バンドRIDEの日本ツアーのサポート・アクトを務める。同年5月、新作EP『TODAY』をリリース。”

引用元:THE NOVEMBERS公式HP

THE NOVEMBERS掲載号

【30部限定】THE NOVEMBERSセット(マガジン10冊・特典付)

THE NOVEMBERS掲載の本誌10冊のセットに、特典としてサイン入りポストカード×2・デジタル版×2付のスペシャルセット。詳細・購入はこちら