2014年の『AFTER HOURS』、2015年『TAKE CARE』という2枚の作品はネオアコをサウンドの手段として選びつつ、青春時代もロスタイムに入った男女の何気ない日常を愛おしく風景化することに成功した。またそれ以前の作品『はしけ』、『たからじま』からのふり幅も手伝ってバンドの成熟と、セカンドシーズンの突入を示すことにもつながったが、その後に続いた昨年の2枚のEP『マイガール』、『君の町にも雨は降るのかい?』では徹底的に甘いラブソングだったり、打ち込みを取り入れてみたり、その後の進むべき道を実験しながら思考する過程を堂々と見せていった。また2014年より始めた主催イベント“EASY”ではカジヒデキ、GREAT3ら上の世代からnever young beachやD.A.N.ら後輩格のバンドたちを招集し、キャリアも重ねどっしり中堅の風格を携えるような動きも見られたのがここ数年だったろうか。

そして今回のフルアルバム『Friends Again』だ。冒頭「花草」から菅原慎一によるリバーブの効いたギターアルペジオの靄から夏目知幸の甘い声が顔を出す。愛くるしいコード進行のお手本みたいな「Coyote」、“ああ酔った だいぶ飲んだ”との歌詞と抑制の効いた等間隔のビートによる浮遊感でトリップさせるフォークナンバー「台北」。また「Four O’clock Flower」「Riviera」「31 Blues」で歌う菅原慎一はオフコースにおける鈴木康博、サザンにおける松田弘以上にサブボーカリストとして作品全体の緩急の波を担うほどに存在感を高めている。

本作で描かれているのは近作の日常を過剰にロマンティックに捉えることをやめただけでなく、ある一つのコンセプトを定めることすらやめてしまおう。また『AFTER HOURS』では表立っていたスロウながらもグルーヴィーな部分もブラック・ミュージックっぽくなるのをとことん避けるようになくなっていき…などあらゆることから脱却した結果、ただ良いメロディとハーモニーだけがそこに残っている作品にたどり着いた。

今更東京インディー・シーンやシティ・ポップがどうちゃらの文脈が付きまとう中で語るのも、2010年代のポップやロックの存在意義みたいなことを本作から読み取るのは無用だ。時代を問わない普遍性がブーストされ、オフコースやチューリップ、スターダスト・レビューといった数十年以上に渡って愛されてきたベテランバンドのような位置を担う存在になってきている気がするぞ。(峯大貴)

【リリース】

『Friends Again』
発売日:2017年6月21日(水)

【次号予告】
BELONGではシャムキャッツの着実な歩みを追うべく、メンバー個別インタビューを2号に渡って掲載してきた。その集大成として7月上旬発刊の次号では彼らが表紙として登場する。先日のインタビューでは、メンバー全員にサウンドの試行錯誤だけでなく、歌詞に込められた意味についても聞いた。彼らの“今”と“これから”を切り取った内容を是非、読んでいただきたい。詳細は後日発表。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中