シャムキャッツは2014年の『AFTER HOURS』、2015年『TAKE CARE』という2枚の作品はネオアコをサウンドの手段として選びつつ、青春時代もロスタイムに入った男女の何気ない日常を愛おしく風景化することに成功した。

シャムキャッツの来歴

シャムキャッツ(Siamese Cats)
またそれ以前の作品『はしけ』、『たからじま』からのふり幅も手伝ってバンドの成熟と、セカンドシーズンの突入を示すことにもつながったが、その後に続いた昨年の2枚のEP『マイガール』、『君の町にも雨は降るのかい?』では徹底的に甘いラブソングだったり、打ち込みを取り入れてみたり、その後の進むべき道を実験しながら思考する過程を堂々と見せていった。

また2014年より始めた主催イベント“EASY”ではカジヒデキ、GREAT3ら上の世代からnever young beachやD.A.N.ら後輩格のバンドたちを招集し、キャリアも重ねどっしり中堅の風格を携えるような動きも見られたのがここ数年だったろうか。

『Friends Again』


そして今回のフルアルバム『Friends Again』だ。冒頭「花草」から菅原慎一によるリバーブの効いたギターアルペジオの靄から夏目知幸の甘い声が顔を出す。

愛くるしいコード進行のお手本みたいな「Coyote」、“ああ酔った だいぶ飲んだ”との歌詞と抑制の効いた等間隔のビートによる浮遊感でトリップさせるフォークナンバー「台北」。

また「Four O’clock Flower」「Riviera」「31 Blues」で歌う菅原慎一はオフコースにおける鈴木康博、サザンにおける松田弘以上にサブボーカリストとして作品全体の緩急の波を担うほどに存在感を高めている。

本作で描かれているのは近作の日常を過剰にロマンティックに捉えることをやめただけでなく、ある一つのコンセプトを定めることすらやめてしまおう。

また『AFTER HOURS』では表立っていたスロウながらもグルーヴィーな部分もブラック・ミュージックっぽくなるのをとことん避けるようになくなっていき…などあらゆることから脱却した結果、ただ良いメロディとハーモニーだけがそこに残っている作品にたどり着いた。

今更東京インディー・シーンやシティ・ポップがどうちゃらの文脈が付きまとう中で語るのも、2010年代のポップやロックの存在意義みたいなことを本作から読み取るのは無用だ。

時代を問わない普遍性がブーストされ、オフコースやチューリップ、スターダスト・レビューといった数十年以上に渡って愛されてきたベテランバンドのような位置を担う存在になってきている気がするぞ。(峯大貴)

発売日: 2017/6/20
レーベル: TETRA RECORDS
ジャンル: オルタナティヴ・ロック

リリース

5thアルバム『Virgin Graffiti』

発売日: 2018/11/21
レーベル: TETRA RECORDS
ジャンル: オルタナティヴ・ロック

4thアルバム『Friends Again』

発売日: 2017/6/20
レーベル: TETRA RECORDS
ジャンル: オルタナティヴ・ロック

3rdアルバム『AFTER HOURS』

発売日: 2014/3/19
レーベル: P-VINE RECORDS
ジャンル: オルタナティヴ・ロック

2ndアルバム『たからじま』

発売日: 2012/12/5
レーベル: P-VINE RECORDS
ジャンル: オルタナティヴ・ロック

1stアルバム『はしけ』

発売日: 2009/4/22
レーベル: Wowee Records/PICTUS NEO
ジャンル: オルタナティヴ・ロック

プロフィール

シャムキャッツ(Siamese Cats)

“メンバー全員が高校三年生時に浦安にて結成。

2009年のデビュー以降、常に挑戦的に音楽性を変えながらも、あくまで日本語によるオルタナティブロックの探求とインディペンデントなバンド運営を主軸において活動してきたギターポップバンド。サウンドはリアルでグルーヴィー。ブルーなメロディと日常を切り取った詞世界が特徴。

Siamese Cats is a guitar pop band originally formed at their hometown – Urayasu when they were in the last year of high school.
Since they debuted in 2009, they have been trying to transform their music style everytime they have a release but always exploring Japanese alternative rock music and managing themselves independently. The music they make sounds real and groovy, along with melancholic melodies and their lyrics flame the casual daily scenery.

2016年からは3年在籍したP-VINEを離れて自主レーベルTETRA RECORDSを設立。より積極的なリリースとアジア圏に及ぶツアーを敢行、活動の場を広げる。

In 2016, they left P-vine which they had signed for three years and started their own label TETRA RECORDS. Since then they have been focusing on making music more than ever and went on the tour across Asia as well.

代表作にアルバム「AFTER HOURS」「Friends Again」、EP「TAKE CARE」「君の町にも雨は降るのかい?」など。最新作はシングル「カリフラワー」。
2018年、FUJI ROCK FESTIVAL ’18に出演。
そして2018年11月21日、5枚目となるフルアルバム「Virgin Graffiti」発売。

In 2018, they appeared at Fuji Rock’18.
“Friends Again” and “TAKE CARE” are listed as their major works.
Their latest album “Virgin Graffiti” came out on 21st Nov. 2018.”

引用元:シャムキャッツプロフィール(シャムキャッツオフィシャルサイト)

Youtube

  • シャムキャッツ – 我来了 / Siamese Cats – 我来了 (Official Music Video)
  • シャムキャッツ – おくまんこうねん Siamese Cats – Billion Light Years
  • Siamese Cats – Escape Eve (Official Video) 2018  シャムキャッツ – 逃亡前夜

シャムキャッツ関連記事