台湾インディシーンを牽引するシティポップ・バンド、落日飛車(Sunset Rollercoaster、サンセットローラーコースター)。

実はこのバンド、世界中で注目されており、落日飛車の代表曲「JINJI KIKKO」はYouTubeで1000万回再生され大きな注目を集めているのだ。

その実力で話題を呼んでいるのはもちろんだが、来日回数も多く日本のバンドとの親交もあり、メディアやSNSで落日飛車の名前を目にすることも多い。

台湾の音楽シーン

落日飛車
台湾といえば、日本のドラマや映画、音楽、雑誌などが街中で簡単に手に入るほど日本文化が浸透している国。

メジャーシーンではK-POPが人気だというが、アンダーグラウンドでは透明雑誌をはじめとした様々なバンドが確固たるシーンを築いてきた。

西洋の音楽の影響も受けつつ、日本の現行のインディシーンにも精通しており、アジアの音楽シーンの中でも日本と共通する部分が多いといえるかもしれない。

台湾のインディシーンは台北や高雄などの都市圏が中心で、特に台北は台湾で音楽を始めるならここに住むというような日本でいう東京のような場所。

落日飛車とは

落日飛車(Sunset Rollercoaster、サンセットローラーコースター)
その台北のシーンで突出したライブバンドと評される落日飛車。2011年にアルバム『Bossa Nova』を発表し、その年のSUMMER SONICに出演。

台湾のインディシーンにセンセーショナルな衝撃を与えたのも束の間、活動を休止した。しかし、2015年から再び活動を開始し、2016年EP『JINJI KIKKO』を発表。

シティポップ、サイケロック、JAM的な要素に台北独特のメロウなムードが加わり、唯一無二の落日飛車的AOR(アジアンオリエンティッドロック)を生み出した。

日本でもデビューを果たし、リリースツアーではオウガユーアスホール、シャムキャッツ、あらかじめ決められた恋人たちへ、らと共演。

アメリカ、カナダ等10カ国以上でのツアーも大成功を収め、各地でその音楽性が絶賛されているバンドだ。

ライブにも定評あり

音楽好きな人間ならば、彼らの評判に興味を惹かれないわけがない。幸運なことに、今年行ったフェスの出演者の中に彼らの名前が並んでいた。

その日、ステージ上に現れたメンバーが黙々と楽器を調整する姿はストイックでとても印象に残っている。リハーサルが終わって、最初に放たれた音は迫力の轟音の渦。

調和しながら一心不乱に各々の楽器を鳴らす様子はさながら楽団のようだった。凄みのある音楽に圧倒されながら、アジアンオリエンティッドロックはどこに?と思いつつ見つめる私の心を見透かすかのように投下されたボーカル國國の声。

彼の甘い声が発せられた瞬間に空気がガラリと変わる。音の迫力はそのまま、オリエンタルでロマンティックなムードへ。

70年代~80年代のファンクやソウルの影響を受けたという落日飛車が織り成す極上のリズム。

ダリル・ホール&ジョン・オーツばりの切ない甘さ。高音にも低音にも広がる魅惑的なボーカルと静かに激しい音を正確に刻む楽器隊。これぞAOR(アジアンオリエンティッドロック)。彼らのライブは一見の価値あり、だ。

リリース

EP『Vanilla Villa』

ジャンル: シティポップ

mp3

発売日: 2019/5/1
1.Welcome to
2.Vanilla
3.Villa
Amazonで見る

アナログ

発売日: 2020年8月8日
フォーマット: 10inchアナログ
品番: BRRCD-054
収録曲:
1.Welcome to Vanilla Villa
2.Villa remix by Jerry paper
3.我是一隻魚 I’m a fish (cover)
BIG ROMANTIC RECORDSで見る

2ndアルバム『CASSA NOVA』

発売日: 2018/3/14
ジャンル: シティポップ
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

1stアルバム『Bossa Nova』

発売日: 2011/9/22
ジャンル: シティポップ
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

プロフィール

落日飛車(Sunset Rollercoaster、サンセットローラーコースター)

“落日飛車(サンセット・ローラーコースター)は2009年に結成された。現メンバーは国国(ボーカル・ギター)、弘禮(ベース)、小干(キーボード)、鳥人(パーカッション・電子ドラム)、浩庭(サックス)と尊龍(ドラムス)の5人。

2011年にアルバム『巴莎諾娃 Bossa Nova』発表し、その年のSUMMER SONICに出演。その後数年間の活動休止を経て、2016年E.P『JINJI KIKKO』を発表、アーバンかつサイケでメロウな唯一無二の落日飛車的アジアンオリエンティッドロック(AOR)と評される。

2018年に2ndアルバム『CASSA NOVA』を発表し、成熟した圧倒的な世界観を表現したバンドの代表作であり、様々なメディアで2018年のベストアルバムと評された。

ライブパフォーマンスにも定評があり、既にアメリカ、ヨーロッパツアーを敢行し各地で入場規制となるなど世界中から一目置かれる存在となっており、台湾はもとより近年のアジアインディシーンの盛り上がりを代表するバンドである。”

引用元:落日飛車(Sunset Rollercoaster)プロフィール(BIG ROMANTIC RECORDS)

Youtube

  • 落日飛車(Sunset Rollercoaster) – My Jinji
  • 落日飛車(Sunset Rollercoaster) – Welcome to Vanilla Villa
  • 落日飛車(Sunset Rollercoaster) – Villa remix by Jerry paper
  • 落日飛車(Sunset Rollercoaster) – 我是一隻魚 I’m a fish