3枚目のアルバム『Strange Creatures』をリリースするオーエンとロリーのラヴレス兄弟によるUKロック・デュオ、ドレンジ(Drenge)。彼らが今年の2月に発売される新作より「Never See The Signs」のMVを公開した。

アルバム・デビュー当時から各メディアがこぞって大絶賛したドレンジは、グランジとガレージロックのテイストを持ち合わせ、荒々しいギターリフと攻撃的なドラムサウンドで注目されている。今作からライヴでは4ピース・バンドとなった彼らのサード・アルバムは海外で来年2月22日(金)に発売となり、前作に引き続きロス・オートン(アークティック・モンキーズ、M.I.A他)をプロデューサーに迎え、シェフィールドにて今年頭にレコーディングされた。

新曲「Never See The Signs」のMVはYoutuberを皮肉り、機知に富んだ内容となっている。サウンド面ではこれまでの彼らによく見られたギターとドラムの連打こそ控えめにはなっているが、4人体制になったことで楽曲のベースはより強固なものとなっている。安定感が増した彼らの音楽はこれからより面白いものになっていくのではないだろうか。

Strange Creatures
Strange Creatures

posted with amazlet at 19.02.11
Drenge
Infectious Music (2019-02-22)
売り上げランキング: 1,048,353


【Profile】
UKはダービシャー・キャッスルトンを拠点に活動するオーエン(Vo、G)とロリー(Dr)のラヴレス兄弟によるデュオ。2013年にリリースしたデビュー・アルバム『ドレンジ』はNMEで10点満点中8点をはじめ、各メディアで大絶賛。そのデビュー・アルバムの発表から1ヵ月後には、アークティック・モンキーズのオープニングアクトとして圧巻のパフォーマンスを見せた。独特で激しいロックンロールで一気にブレイクした彼らは1990年代のグランジとガレージロックのテイストを持ち合わせ、荒々しいギターリフと攻撃的なドラムサウンドで注目されるロックバンドの1つ。2015年4月、1年半振りとなる新作『アンダートウ』をリリースし、同年のフジロック・フェスティバルに出演。2018年10月には、突如新作EP『オートノミー』をデジタルとLP(UK限定)のみで発売。そして、来年2019年2月には、サード・アルバム『ストレンジ・クリーチャーズ』のリリースが決定している。