UKサウスロンドンシーンの凶暴にして最注目バンド、ファット・ホワイト・ファミリー(Fat White Family)。

彼らが名門ドミノ・レコーズよりサード・アルバム『Serfs Up!』を4/19にリリースする。

新作は『Songs For Our Mothers』以来、3年ぶりとなり、今回は新たに新曲「Tastes Good With The Money」のMVが公開された。

こちらのMVはイギリスの代表的なコメディ番組、“モンティ・パイソン”に影響を受けて作られ、監督はロイシン・マーフィーが務めた。(3/20追記)

ファット・ホワイト・ファミリーは2011年にサウス・ロンドンで結成し、2013年4月にファースト・アルバム『Champagne Holocaust』、

2016年2月に『Songs For Our Mothers』をリリース。歌詞とモッシュしまくり、ケガしまくり、汗かきまくりの、猛烈なライヴで話題に。

今回、彼らが契約したドミノ・レコーズはフランツ・フェルディナンドやアークティック・モンキーズを輩出したロンドンの最重要レーベル。

そこからリリースすることからも今回のリリースは大きなUKロックシーンにおいて大きな出来事である。

Serfs Up! [解説・歌詞対訳付 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC597)
Fat White Family ファット・ホワイト・ファミリー
BEAT RECORDS / DOMINO (2019-04-19)
売り上げランキング: 325,011