■テーム・インパラ、新曲「Borderline」リリース!コーチェラでライブ配信も決定!(4/12追記)

今週末より開催されるコーチェラ・フェスティバルに出演するテーム・インパラのライブがYouTubeで生中継されることが決定した。

その発表と併せて新曲「Borderline」も新たにリリースされ、米のTV番組 Saturday Night Liveに出演した際のパフォーマンス映像も公開されている。

新曲はハウス長調だった「Patience」よりもボーカルに重点が置かれたポップミュージックに仕上がっている。

サイケデリックという既存の枠組みを軽やかに超えていく、彼らの音楽がどこまで広がっていくのかますます楽しみになる1曲だ。

コーチェラのライブ配信スケジュールはこちら


■テーム・インパラが新曲「Patience」をサプライズリリース!(3/23)

先日、カリフォルニアの自宅が山火事に見舞われたというニュースがあった、ケヴィン・パーカー率いるテーム・インパラ。

家と共に楽器・機材やパソコンを失ったというアクシデントにもめげず待望の新曲「Patience」が3月22日に配信限定でサプライズリリースされた!

2015年にリリースされグラミー賞にもノミネートされた『カレンツ』以来、約4年振りとなる新曲はハウスからの影響が新たに感じられる意欲作。

バンドは今年のコーチェラにヘッドライナーとして出演することが決定しており、ストリーミングで彼らのライブが見れるのを楽しみにしておこう。

Borderline
Borderline

posted with amazlet at 19.04.12
Universal Music Australia Pty. Ltd. (2019-04-12)
Patience
Patience

posted with amazlet at 19.04.12
Universal Music Australia Pty. Ltd. (2019-03-22)
売り上げランキング: 31,768
CURRENTS (COLLECTOR'S EDITION) [5LP BOX] (RED MARBLED VINYL, BONUS 12INCH, 7INCH AND FLEXIDISC, POSTER, ZINE) [12 inch Analog]


【Profile】
ケヴィン・パーカー(Vo. / Gt.)を中心とするオーストラリア・パース出身の5人組サイケデリック・ロックバンド。08年にEPデビューを飾ると、60年代後半のロックに大きな影響を受けたストレートなサイケデリック・ロック・サウンドが世界で大ブレイク。翌09年にサマソニで初来日。10年に<Modular>から『インナースピーカー』でアルバム・デビュー。12年に発表した2作目『ローナイズム』が世界中で大ヒットしNME誌の年間ベスト1位を獲得するとフジロック’13で再来日し強烈なインパクトを残した。14年、第56回グラミー賞において『ローナイズム』が「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」にノミネートされ話題をさらう。15年の米コーチェラ・フェスティバルではAC/DCに次ぐ準トリとして出演を飾り、3枚目となるニュー・アルバム『カレンツ』をリリース。同作で第58回グラミー賞「最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム」に再びノミネート、売り上げは全世界で40万枚を突破した。18年にサマーソニック出演。今年のコーチェラにヘッドライナーとして出演することが決定している。