3人組のロック・トリオ、ギター・ウルフが米ナッシュビルのレーベル、サードマン・レコーズよりアルバムを全世界でリリースする。

彼らの13枚目のアルバム『LOVE&JETT』は海外で5月10日リリース、ここ日本では2月13日に先行発売された。

ギター・ウルフは1993年、米メンフィスのレーベル、GONER RECORDSでデビューアルバムをリリースし、その後、米ニュー・ヨークの名門レーベル、Matador Recordsと契約した。

サードマン・レコーズは元ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトが経営する音楽レーベル。

このレーベルは2001年にジャックが自身の音源をアナログ盤でリリースするために設立された。

自分のバンドはもちろん、若手やベテランに至るまで、多種多様なアーティストの音源をアナログにこだわり発表してきた。

併せて5月8日から約一か月にわたるワールドツアーも発表されており、彼らが海外で活躍する様子を楽しみにしたい!

LOVE&JETT
LOVE&JETT

posted with amazlet at 19.04.28
ギターウルフ
Guitarwolf Records / PERFECT MUSIC (2019-02-13)
売り上げランキング: 11,455

収録曲:
1. LOVE&JETT
2. SEXジャガー
3. SFのガキ
4. アウストラロピテクススパーク
5. バッテラ惑星
6. ギミサムラヴィン
7. パリのスケバン
8. ボーリングIN高田馬場
9. 火の玉レッドレジェンド
10. まゆみアンタッチャブル

【Event】
・2019年5月1日(祝) 下北沢SHELTER
『新元号ジェットtoフューチャー!宇宙 vs 未来』

・2019年9月21日(土)島根県・松江市古墳の丘古曽志公園
『シマネジェットフェス・ヤマタノオロチライジング2019』

【Profile】
セイジ (ギターウルフ): ボーカル、ギター
トオル (ドラムウルフ): ドラム
GOTZ (ベースウルフ): ベース、ボーカル

日本中のロックファンが憧れ続ける、実在するロックンロールヒーロー。
90年代、数々の伝説を作りながら現在まで変わることなく衝動を鳴らし続ける、唯一無二の存在として活動を続けている。