オーストラリアから注目の女性ラッパー現る

オーストラリアと言えば、テーム・インパラを始めとするサイケロックが注目を集めているが、ヒップホップも徐々に盛り上がりを見せつつある。

ティーケイ・マイザとは

ジンバブエ生まれ、オーストラリア育ちのラッパー、Tkay Maidza(ティーケイ・マイザ)。

日本と同様、これまでヒップホップがメインストリームとなりえなかったオーストラリアで、その流れを変えるかもしれないアーティストだ。

2013年、わずか16歳でシングル「Brontosaurus」をリリースすると、いち早く反応したのがRun the JewelsのKiller Mike。

彼女のフロウはUSトラップとUKグライムからの影響を等しく感じさせつつ、オーストラリア・アクセントが加わることで独特なものになっている。

これまでにEP2枚、アルバム1枚リリース

翌年にはBokBokやSBTRKTらをプロデューサーに迎えEP『Switch Tape』を発表。

すぐにMark RonsonやYears & Yearsのサポートアクトに抜擢され、Charli XCXのツアーにも帯同、大型フェス出演とともに国内外の認知度が飛躍的に高まった。

2016年に待望のデビュー盤『TKAY』をリリース。

ポップ〜R&B、トラップの要素をバランスよく取り入れたアルバムは数々の音楽賞を受賞し、オーストラリアの年間チャートでTOP20を記録。

また、昨年はより自分らしい表現を目指したというEPシリーズ第1弾『Last Year Was Weird Parts 1』を発表。

その勢いはとどまる事を知らず、Troye Sivanらポップ〜エレクトロニック〜ヒップホップの垣根を越え、現在各ジャンルの第一線で活躍する若手アーティストとのコラボレーションを次々と果たしてきた。

来たる9月にEPの第2弾のリリースを控え、オーストラリアから今まさに世界を席巻する彼女の初来日公演は絶対に見逃せないものになるだろう。

リリース情報

Tkay
Tkay

posted with amazlet at 19.08.15
Tkay Maidza
UNIVERSAL MUSIC (2016-11-18)
売り上げランキング: 1,079,686

収録曲:
1. Always Been
2. Afterglow
3. Carry On (ft. Killer Mike)
4. Simulation
5. Tennies
6. Monochrome
7. Follow Me
8. Castle In The Sky
9. Drumstick No Guns
10. State of Mind
11. House of Cards
12. Supasonic
13. You Want
14. At Least I Know

ライブ情報

Tkay Maidza Live in Tokyo
2019年9月16日(月/祝) OPEN 17:00
CIRCUS TOKYO
ADV ¥3,000 / DOOR ¥3,500
出演:
Tkay Maidza and more

チケット:
Peatix https://peatix.com/event/1304289
e+ https://eplus.jp/sf/detail/3062250001-P0030001P021001?P1=1221

MV

■BELONG最新号・バックナンバーのお知らせ

BELONG MediaではWebサイトでの情報発信以外に、音楽雑誌を1年に4回発刊しています。

【500部限定】Magazine Vol.26(特集:40人が選んだ100枚のアルバムジャケット)

発刊日:2019年4月21日(日)

掲載アーティスト:THE NOVEMBERS、yahyel、シャムキャッツ、PLASTICZOOMS、HAPPY、Lillies and Remainsなど

アーティストが語ることの少ないアルバムジャケットについて語ってもらった内容。18ページにわたり、合計100枚のカバーを掲載した永久保存版。

詳細はBELONG Web Storeにて

■掲載アーティスト募集!

BELONGでは掲載アーティストを国内外を問わず、随時募集しております。ニュース記事や紹介したい音源があればお送りください。

募集は自薦・他薦を問いませんので、どしどしご応募ください。詳細はこちら