Lovingとは

Loving

カナダのヴィクトリア発の3人組サイケデリック・フォークバンド、Loving(ラヴィング)。

彼らよりこの季節にぴったりの新譜「Only She Knows」が発表された。

「Only She Knows」

Lovingの「Only She Knows」はまるで夏から秋へかけて感じる微かな温かさとメランコリーという相対する感覚を同時にリスナーに感じさせてくれる。

余計な音を削ったミニマムな音数で曲が構築されており、それがこの楽曲の良さをさらに引き出している。

人肌のぬくもりを感じるアナログなサウンドメイキングやこのフォーク感はBibio(ビビオ)やWhitney(ホイットニー)好きにも刺さるだろう。

サウンドスケープを感じられる楽曲

音楽を聴いていつも思うのは、景色を見せてくれる楽曲は良曲だ、ということ。

イントロのピアノフレーズから感じる異国情緒に加えて、MVで映し出される自然の景色も相まり、曲全体を通してノスタルジックでどこか物悲しげな自然の情景がイメージできる。

人それぞれ見える景色は違うが、ぜひ自身の耳とイマジネーションでこの楽曲を楽しんで欲しい。

リリース

発売日:2020/1/31
レーベル: Last Gang
収録曲:
1. Visions
2. Only She Knows
3. If I Am Only My Thoughts
4. January
5. Lately In Another Time
6. A Mirror For Two Voices
7. Nihilist Kite Flyer
8. Simple Moon
9. Write A River
10. Growing Flowers By Candlelight
11. Stranger To Yourself

Only She Knows
Only She Knows

posted with amazlet at 19.10.13
Last Gang (2019-09-27)

収録曲:
1.Only She Knows

プロフィール

Loving

“カナダ・ビクトリアの親密なローファイ・サイケデリック・フォークを奏でる3人組バンド Loving がデビューアルバム『If I Am Only My Thoughts』を 1/31 リリース!先行シングル「Nihilist Kite Flyer」のミュージックビデオを公開しました。バンドは David Parry と Lucas Henderson、Jesse Henderson の兄弟からなる3人組。2016年にセルフリリースしたデビュー・ミニアルバム『Loving』が高く評価されており、作品はネットでじわじわと広まり、収録曲「A Long Slow Little Wave / Citizen, An Activity」は現在、Spotify で800万以上再生されています。着実にファンベースを獲得し Alice Phoebe Lou、Crumb、Still Woozy などのサポート・アクトとして北アメリカ/ヨーロッパ中をツアーで繰り出しました。その後2019年に Death From Above、Chromeo で知られるカナダのレーベル Last Gang Records と契約、アルバム収録曲である4枚のシングル「Nihilist Kite Flyer」、「Only She Knows」、「Visions」、「Lately in Another Time」をリリースしています。”

引用元:lovingプロフィール(indienative)

YouTube

  • LOVING – IF I AM ONLY MY THOUGHTS
  • LOVING – LATELY IN ANOTHER TIME
  • LOVING – Only She Knows

ライター:Rio Miyamoto(Red Apple)

兵庫県出身のサイケデリック・ロックバンド、Daisy JaineのVo./Gt.。アメリカ・ボストンに留学経験があり、BELONGでは翻訳を担当。サイケデリック、オルタナ、60s、ロカビリーやR&Bと幅広く聴きます。趣味はファッション、写真、映画観賞。