BBHF


BBHF、極上のパワー・ポップアンセム「なにもしらない」のMVが公開された。

BBHFとは

Galileo Galileiの元メンバー3人にギターのDAIKIを加えた4人で2018年に結成されたBird Bear Hare and Fish。

彼らが今年の夏ごろにバンド名をBBHFに改名してから早くも2枚目で、CD化としては初となるEP『Family』を11月13日にリリースする。

EP『Family』リリース

こちらは前作『Mirror Mirror』をリリース時に「『Mirror Mirror』がデジタルとするならば、次回作は対となる肉体的なイメージ」であることが宣言されていた。

そんな待望の2nd EPより「なにもしらない」のMVが先行で公開された。

前作は現行のR&B、ラップ、ダンス・ミュージックを咀嚼して、サンプリングやエレクトロニカ要素をちりばめ、現代的な手法で作りあげた、彼らのイメージ通りのデジタルアートな作品であった。

試行錯誤しながら辿りついた新機軸。いわばBBHFに改名した意義を示した作品であったといえる。

それを経て発表された「なにもしらない」は、一音一音が清涼な空気感をまとった極上のパワー・ポップソング。

ノイズ一つも入る余地がないほど調和の取れた音質美に圧倒的なバンド力を感じながらも、行儀の良すぎる立ち振る舞いに肩透かしを食らったような気持ちになったのも事実である。

Galileo Galileiを彷彿とさせるような音の鳴りにこの曲からはBBHFたるゆえんをどうしても見いだすことができなかった。

しかしながら、この曲からはバンドの真価、そして進化を指し示そうとする気概を受け取ることはできた。自身の音楽性を積み重ねることで、演奏力や表現力の更新を浮き彫りにさせる。

今作ではそういう選択を取ったのであろう。決して退化ではない。それを踏まえた上でリリースを控える『Family』は洗練を極めた作品になることは間違いないことだろう。

それを聴いてからまた「なにもしらない」について考えたいと思う。

ライター:滝田優樹


北海道苫小牧市出身のフリーライター。音楽メディアでの編集・営業を経て、現在はレコードショップで働きながら執筆活動中。
猫と映画観賞、読書を好む。小松菜奈とカレー&ビリヤニ探訪はライフスタイル。

リリース情報

Family
Family

posted with amazlet at 19.10.25
BBHF
Beacon label (2019-11-13)
売り上げランキング: 1,068

発売日:11月13日
品番:BNCD-0005
価格:1,636円(税別)
収録曲:
1.花のように
2.なにもしらない
3.真夜中のダンス
4.シンプル
5.水面を叩け
6.あこがれ
7.涙の階段

ライブ情報

BBHF ONE MAN TOUR “FAM!FAM!FAM!”

・11月21日(木) 広島セカンドクラッチ
 OPEN 18:30 / START 19:00
・11月23日(土) 岡山IMAGE
 OPEN 17:30 / START 18:00
・11月25日(月) 京都磔磔
 OPEN 18:30 / START 19:00
・12月1日(日) 福岡DRUM Be-1
 OPEN 17:30 / START 18:00
・12月3日(火) 大阪Shangri-La
 OPEN 18:30 / START 19:00
・12月5日(木) 仙台MACANA
 OPEN 18:30 / START 19:00
・12月9日(月) 横浜F.A.D
 OPEN 18:30 / START 19:00
・12月14日(土) 名古屋APOLLO BASE
 OPEN 17:30 / START 18:00
・12月16日(月) 恵比寿LIQUIDROOM
 OPEN 18:00 / START 19:00
・12月20日(金) 札幌PENNY LANE 24
 OPEN 18:30 / START 19:00

ALL STANDING 前売り4200円(D代別)
http://birdbearhareandfish.com/

プロフィール


メンバーは元Galileo Galileiの尾崎雄貴(Vo./Gt.)、尾崎和樹(Dr.)、佐孝仁司(Ba.)、そしてラストツアーでサポートを務めたDAIKI(Gt.)の4人体制での始動。現在はBird Bear Hare and FishからBBHFに名前を変えて活動している。

Music

BBHF『なにもしらない』Music Video