1月27日にリリースを控えていた宇多田ヒカルのEP『One Last Kiss』が、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開延期を受けて発売延期となった。

緊急事態宣言発令に伴う影響だ。
宇多田ヒカルの新曲を聴ける日を直前の延期に残念で仕方がない。

そこで今回は、宇多田ヒカルの影響を受けた、
もしくは共振をしあうアーティストを選出してプレイリストを作成した。

「One Last Kiss」がどのような楽曲であるのか想像しながら、宇多田ヒカルが音楽シーンにどのように影響を与えたのかを感じていただけたらと思う。(滝田優樹)

宇多田ヒカル、15曲のプレイリスト

宇多田ヒカル

Spotify

Apple Music

YouTube

プレイリスト収録曲

  • KOHH – They Call Me Super Star
  • 小袋成彬 – Selfish
  • 宇多田ヒカル & Skrillex – Face My Fears
  • Chris Dave And The Drumhedz – Whatever
  • Superorganism – It’s All Good
  • yahyel – Hypnosis
  • Tempalay – EDEN
  • D.A.N. – SSWB
  • 佐藤千亜妃 – Summer Gate
  • 小山田壮平 – 恋はマーブルの海へ
  • Awesome City Club – ceremony
  • 藤井風 – 優しさ
  • Dos Monos – in 20XX
  • Rina Sawayama – LUCID
  • OKAMOTO’S – Welcome My Friend
  • ライター:滝田優樹

    1991年生まれ、北海道苫小牧市出身のフリーライター。TEAM NACSと同じ大学を卒業した後、音楽の専門学校へ入学しライターコースを専攻。

    そこで3冊もの音楽フリーペーパーを制作し、アーティストへのインタビューから編集までを行う。

    その経歴を活かしてフリーペーパーとWeb媒体を持つクロス音楽メディア会社に就職、そこではレビュー記事執筆と編集、営業を経験。

    退職後は某大型レコードショップ店員へと転職して、自社媒体でのディスクレビュー記事も執筆する。

    それをきっかけにフリーランスの音楽ライターとしての活動を開始。現在は、地元苫小牧での野外音楽フェス開催を夢みるサラリーマン兼音楽ライター。

    猫と映画鑑賞、読書を好む。小松菜奈とカレー&ビリヤニ探訪はライフスタイル。

    今まで執筆した記事はこちら
    他メディアで執筆した記事はこちら
    Twitter:@takita_funky

    [Advertisement]