最終更新: 2021年10月15日

イギリス・ワイト島出身のインディーロック・バンド、Wet Leg(ウェット・レッグ)がデビューシングル「Chaise Longue」、セカンドシングル「Wet Dream」をリリースした。

Wet LegはArctic MonkeysやSorryらを輩出したドミノレコードからデビューしており、既にイギー・ポップを始め錚々たるアーティストから絶賛さあれている。(2021年10月8日追加)

Wet Legとは

Wet Leg(ウェット・レッグ)
Wet Leg(ウェット・レッグ)はリアン・ティーズデイルとへスター・チャンバースによるインディー・ロックバンド。

2人はイギリス・ワイト島出身である。

無名の新人ながらもドミノレコードと契約し、大きな注目を浴びることとなった。

デビューシングルのリリースツアーでは、Sports Team、Declan McKenna、Willie J Healeyとツアーを周ることやワイト島音楽祭、ラティテュード・フェスティバルに出演することも決定している。

Chaise Longue

Wet Leg(ウェット・レッグ)は2021年6月15日、デビューシングル「Chaise Longue」をリリースした。

「Chaise Longue」はArctic MonkeysやSorryらを輩出したドミノレコードからリリースされる。

同曲はジョン・マクマレンがプロデュースし、Arctic MonkeysやFoals、Beach Houseらを手掛けたアラン・モウルダーがミックスを担当している。

Wet Leg – Chaise Longue

Wet Dream

Wet Leg(ウェット・レッグ)が2021年9月28日、セカンドシングル「Wet Dream」をリリースした。

先にリリースされたデビューシングル「Chaise Longue」はイギー・ポップやParamoreを始め、各音楽メディアも絶賛を惜しまない1曲となった。

そんなWet Legのセカンドシングル「Wet Dream」のミュージックビデオが公開され、彼女たちが監督を務めたシュールな世界観を体感することができる。(2021年10月8日追加)

Wet Leg – Wet Dream

リアン・ティーズデイルからのコメント

Wet Leg(ウェット・レッグ)
撮影:Hollie Fernando

新曲「Wet Dream」について、Wet Leg(ウェット・レッグ)のメンバーであるリアン・ティーズデイルからコメントが届いている。(2021年10月8日追加)

“「Wet Dream」は別れの歌。別れた後、元彼が私に『君の夢を見た』とメールしてきたことがきっかけでこの曲を作った。 – リアン・ティーズデイル”

引用元:Wet Leg / イギー・ポップも大絶賛!今最も注目を集める新星インディーロック・バンド、ウェット・レッグ(Wet Leg)が新曲「Wet Dream」をMVと共に公開!(Beatink)

アルバム

2ndシングル『Wet Dream』

発売日: 2021/9/28
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

1stシングル『Chaise Longue』

発売日: 2021/6/15
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

Wet Legプロフィール

Wet Leg(ウェット・レッグ)

“イギリスのワイト島出身、リアン・ティーズデイルとへスター・チャンバースから成る新生インディー・ロック・バンド、ウェット・レッグ(Wet Leg)。ロネッツ、ジェーン・バーキン、ビョーク、タイ・セガールといったアーティストからの影響を受けバンドをスタートした”

引用元:Wet Leg(ウェット・レッグ)バンドプロフィール(Beatink)

Wet Legの評価

“今年の一番のデビューシングル – BBC 6Music (Steve Lamacq)
全く予測できないエキサイティングなものを約束する – The New York Times
“地球上で最高の新人バンド – Dork
ワイト島で最も素晴らしいバンド – BBC Raio 1 (Clara Amfo)
今年一番の話題 – DIY
この国で最もエキサイティングなバンド – Clash
非常に魅力的 – Stereogum
バカみたいに愉快で、とんでもない中毒性がある – NME”

引用元:Wet Legの評価(Beatink)

BELONG Media編集部
BELONG Media編集部
インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。2021年2月、J-WAVEのSONAR MUSICにゲスト出演。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。

[Advertisement]