最終更新: 2022年5月15日

イギリスのバンドYard Act(ヤード・アクト)の楽曲「The Overload」は、FIFA 22のサントラとしても使われ、CHVRCHESやLittle Simzらと共に収録されている。

本記事ではこのYard Actの最新アルバム『The Overload』より楽曲「The Overload」について和訳し、BELONG独自の解釈で内容を考察している。

次世代ポストパンクバンドがもがくように歌う歌詞の内容とは?

Yard Actについて

Yard Act(ヤード・アクト)
Yard Act(ヤード・アクト)はUKリーズ出身のポストパンク・バンドである。

彼らは2021年以降のUKサウスロンドンにおけるblack midi(ブラック・ミディ)、Squid(スクウィッド)などのポストパンク・ムーブメントに続く注目のバンド。

デビュー作EP『Fixer Upper / The Trapper’s Pelts』はリリース即日に500枚を完売し、それを踏まえた次作EP『Dark Days / Peanuts』もわずか2時間で1000枚を完売させ、大きな注目が集まっている。

メンバーは以下の通りである。
・ジェームズ・スミス(Vo.)
・ライアン・ニーダム(Ba.)
・サム・シジプストン(Gt.)
・ジェイ・ラッセル(Dr.)

The Overload

Yard Act(ヤード・アクト)は先に述べた2つのEPで成功を納めた後、2022年1月にはデビューアルバム『The Overload』をリリースした。

そしてアルバム収録のリードトラックが同名タイトル「The Overload」である。

このアルバムには一貫したテーマが存在しており、その中でも楽曲「The Overload」は特にそれを色濃く表しているとボーカルのジェームズはNMEのインタビューで答えている。

そのテーマとは“決断することに対して弱い心を持つ人々が恐れること、そしてそれに限界がきている状況”であるとのこと。

またMVではイギリスらしい曇り空の下、様々な登場人物がシュールな世界観を作り上げている。

ボーカルのジェームズが“I’m shakin’ up my eight ball!”の歌詞に合わせてビリヤードの8番玉をシェイクしているのが印象的だ。

Yard Act(ヤード・アクト) – The Overload

FIFA22サントラに収録

Yard Actの「The Overload」はFIFA 22のサントラとしても使われている。

FIFA 22には他にもCHVRCHES(チャーチズ)、Little Simz(リトル・シムズ)など昨今のインディーシーンを席巻するミュージシャンが参加しており、

デビュー間もないのにも関わらず選曲されたYard Actは言い換えれば、彼らと肩を並べるほど注目されているバンドと言える。

The Overload歌詞和訳

Yard Act (ヤード・アクト) のデビューアルバム『The Overload』に収録されている同名の楽曲「The Overload」について和訳し、解説していく。

8番のボールを振っているんだ
そうする事で明日の世界で何が起こるか知ろうとしている
そう、自由というものは安っぽいものではない
与える余裕すらないのに、必死に物々交換をしている
日々の生活の中で完璧な判断は出来ずに過ごしている

“I’m shakin’ up my eight ball coz I’m trying to see
What tomorrow’s world has got in store for me
Yeah freedom don’t come cheap
I’m bartering hard with no room to give
Living my life as if my head ain’t a complete sieve”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

落ち着いて、血が滲む膝に包帯を巻け
社会的弱者は83年からずっと疲れている
だが、こんな土手からではダメージの酷さはわからない
君は木を見て森を見ようとしなかった
最悪だ、どうすればいいんだ
紳士のフリをした野蛮人が蔓延る時代の中で
希望など無い

“Hold your horses, bandage up it’s bloodied knees
Poor thing’s been exhausted since ’83
But from the causeway it’s hard to see the full extent of the damage
You couldn’t see the woods for the trees
Fuck me, how am I supposed to cope
In the age of the gentrified savage
There’s no hope”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

最近の子供は自身の振る舞い方を悩んでいる
それでも私と違って、鉄の肺を凝視したことは無いんだ
彼らは全てに関して誤った行動をし、つまづいている
底の方ではデザイナー製の水パイプから煙の音が鳴っている

“Kids thesе days they think they’ve been hard donе by
But they’ve never even looked at an iron lung like I did once
They’ve got the whole thing wrong, just bumbling along
On the bottom rung sucking each other off and huffing designer bongs”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

それはよくある事だが、そんな物に金を払う価値は無い
自身の幸せの為に生きるなら、この街でギアなんて全く必要ではない
数週間あれば、君は自分の野望を全て食べ尽くすだろう
その絶頂と寂しさの具体的なビジョンを描け

“It’s a constant hit, it’s not worth what they paying for it
In my day, the gear on the street was so weak
You could eat your ambition in a matter of weeks
Just trying to envision the peak and that’s bleak [And that’s bleak]”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

不満のオーバーロード
意味を生み出す一定の負荷
絶対に心安らぐことは無いが、後悔することもない
不調和の中で、どう存続させるかだ

“The overload of discontent
The constant burden of making sense
It won’t relent, it won’t repent
How to remain in dissonance”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

不満のオーバーロード
意味を生み出す一定の負荷
絶対に心安らぐことは無いが、後悔することもない
不調和の中で、どう存続させるかだ

“The overload of discontent
The constant burden of making sense
It won’t relent, it won’t repent
How to remain in dissonance”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

そして今、何を君が理解すべきか認識しろ
それで金を稼ぎたいなら
馬鹿なシンガーを解雇すべきだし、そのバンドから脱退してしまえ
そしてザ・グランドでライブをすればいい
私はオーナーが“太ったアンディ”だと知ってる
彼は君に力を貸してくれると思うよ
君が彼に手を貸しさえすればね

“Now then, look, what you need to understand is
If you wanna make some decent money from it
You’d be better off kicking that dickhead singer you’ve got out the band
And getting yourself a gig down The Grand
I know the landlord, Fat Andy
And I bet he’d be up for giving you a leg up
If you just give him a hand”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

オリジナルのやり方なんてやめとけ
スタンダードのやり方で、政治的な事は避けて
私はバカなシンガーがどんな奴か知ってるよ
最後にはどうせ救急車の後ろにいるんだ
そしてケツにはマイクスタンドが刺さっている
だから奴は旗を無視できず、従っていたんだ

“Just don’t be doing originals
Play the standards and don’t get political
I know what that dickhead singers like
He’ll end up in the back of an ambulance
With the mic stand rammed up his arse twice over
All because he couldn’t ignore the flag and be polite”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

リスペクトして、私のアドバイスに耳を貸せ
試そうとしないなら、私が良い奴だって気づかないだろ?
聞いてるかい?私は本当に誠実なんだよ

“Show some respect and listen to my advice
‘Cause if you don’t challenge me on anything
You’ll find I’m actually very nice
Are you listening? I’m actually very fucking nice”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

不満のオーバーロード
意味を生み出す一定の負荷
絶対に心安らぐことは無いが、後悔することもない
不調和の中で、どう存続させるかだ

“The overload of discontent
The constant burden of making sense
It won’t relent, it won’t repent
How to remain in dissonance”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

不満のオーバーロード
意味を生み出す一定の負荷
絶対に心安らぐことは無いが、後悔することもない
不調和の中で、どう存続させるかだ

“The overload of discontent
The constant burden of making sense
It won’t relent, it won’t repent
How to remain in dissonance”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

不満のオーバーロード
意味を生み出す一定の負荷
絶対に心安らぐことは無いが、後悔することもない
不調和の中で、どう存続させるかだ

“The overload of discontent
The constant burden of making sense
It won’t relent, it won’t repent
How to remain in dissonance”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

不調和の中で、どう存続させるかだ
不調和の中で、どう存続させるかだ
不調和の中で、どう存続させるかだ
不調和の中で、どう存続させるかなんだ

“How to remain in dissonance
How to remain in dissonance
How to remain in dissonance
How to remain in dissonance”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)「The Overload」歌詞(Genius Lyrics)

The Overload歌詞和訳まとめ

Yard Act(ヤード・アクト)の楽曲「The Overload」の歌詞のテーマは”陰鬱とした状況を打破するアドバイス”であると感じた。

この”陰鬱さ”というのが80年代のジョイ・ディヴィジョンから続くポストパンクの精神性である。

また、先にも述べたように作詞者ジェームズが言う、「The Overload」のテーマが“心の弱さとその限界”であり、その”陰鬱さ”の“オーバーロード=限界”を打破する肯定的な歌詞フレーズがいくつもある。

例えば次のフレーズだ。

“不調和の中で、どう存続させるかだ
How to remain in dissonance”

“希望など無い”と言っておきながら、このように打開案のようなものも提示してくれるのが歌詞の魅力である。

また歌詞中の“Fuck me”などを始め、荒っぽい表現も見られるため、若干の怒りのようなニュアンスも取れる。

かつての80年代ポストパンクというのは“陰鬱さ”のみが強調されており、マイナスな感情のみが前面的に出ていたように思える。

しかし、それから40年後の次世代ポストパンク・バンドYard Actには“陰鬱さ”を打破しようと、もがく姿勢が見られるのがとても興味深いところである。

The Overload作品クレジット

Yard Act(ヤード・アクト)の「The Overload」のクレジットは下記となっている。

プロデューサー:Ali Chant
作詞・作曲:Sam Shjipstone, Ryan Needham & James Smith
リリース日:2021年9月7日

[Advertisement]

Yard Actアルバム作品

1stアルバム『The Overload』

発売日: 2022/1/21
収録曲:
1.The Overload
2.Dead Horse
3.Payday
4.Rich
5.The Incident
6.Witness (Can I Get A?)
7.Land Of The Blind
8.Quarantine The Sticks
9.Tall Poppies
10.Pour Another
11.100% Endurance
フォーマット:CD、アナログ
Amazonで見る

Yard Actバンドプロフィール

Yard Act(ヤード・アクト)

“軽快なポストパンク・ミニマリズムとドライで時にアブストラクトなウィットを融合させたリーズのバンド、Yard Actは、2020年の『The Trapper’s Pelts』や2021年のEP『Dark Days』などの初期リリースで熱心なオーディエンスを作り上げた。Island Recordsと契約した後、2022年の初めにデビューアルバム『Overload』を発表した。

シンガーのジェームス・スミスとベーシストのライアン・ニーダムによって2019年に結成されたこのバンドは、ギタリストのサム・シジプストンとドラマーのジェイ・ラッセルをラインナップに加える前に、独特のスパルタンなインディー・ロックの美学を鍛え上げた。彼らはギグを始めたばかりだったが、2020年のパンデミックによりライブ活動を停止。スタジオワークに専念するため、Yard Actは自身のレーベルZen F.C.を設立し、Bill Ryder-Jonesプロデュースのエキセントリックな「Trapper’s Pelts」を皮切りにシングルのリリースを開始した。「Fixer Upper」や「Peanuts」といった曲とともに、この曲は後に彼らの2021年のEP『Dark Days』に収録された。

Island Recordsと契約したYard Actは、デビュー・アルバムに向けたプロモーションを開始し、Later… With Jools Hollandでイギリスのテレビデビューを果たし、「The Overload」や「Payday」といったシングルで多くの評価を獲得した。”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)バンドプロフィール(All Music)

Yard Act(ヤード・アクト)代表曲(Youtube)

  • Yard Act(ヤード・アクト) – Payday
  • Yard Act(ヤード・アクト) – Rich
  • Yard Act(ヤード・アクト) – Land Of The Blind

Yard Act関連記事

Yard Act(ヤード・アクト)の関連記事について、BELONGではこれまでにデビューEP『Dark Days』リリース記事、UKロック新世代バンドを取り上げている。

  • Yard Act、デビューEP『Dark Days』リリース
  • UKロックの新世代
  • Seiya
    Seiya
    ジャンルは幅広く音楽について研究するのが好きです。

    楽器、レコード、ファッションも好きでその文脈からも音楽を楽しんでいきたいです。

    今まで執筆した記事はこちら

    [Advertisement]