Big Thief(ビッグ・シーフ)はエイドリアン・レンカーを中心に結成されたアメリカ・ブルックリンのインディー・フォークバンドである。

Big Thiefは4ADから3枚のアルバムをリリースしている。

彼らは2020年に来日公演を行うことが決定していたが、中止となり、2022年11月に東名阪で初の来日公演が開催されることが決定している。

また、東京公演は既にソールドアウトしており、追加公演も決定した!(2022年7月26日追加)

Big Thiefとは

Big Thief(ビッグ・シーフ)
Big Thief(ビッグ・シーフ)はアメリカ・ブルックリンのインディー・フォークバンドである。

バンドの中心人物はエイドリアン・レンカー(Vo./Gt.)で、彼女は2000年代半ばに10代でソロ作品を発表し始め、2014年に最終的なバンドメイトとなるバック・ミークと組んで2枚のEPを発表した。

2015年に4人組のBig Thiefを結成した後、2016年にファースト・アルバム『Masterpiece』をリリース。翌年の『Capacity』では、インディペンデント・アルバムやアメリカーナ/フォーク・チャートなど、複数のチャートでデビューを飾った。

エイドリアン・レンカーのソロ・アルバムの合間を縫って、2019年には2枚のアルバムをリリース。『U.F.O.F.』はグラミー賞でベスト・オルタナティブ・アルバムにノミネートしている。

2022年には2枚組の意欲作『Dragon New Warm Mountain I Believe in You』がリリースされた。

エイドリアン・レンカーについて


アメリカ・ミネアポリス出身のエイドリアン・レンカーは、幼い頃に父親から初めてギターのコードをいくつか習い、10歳で曲を書き始めた。

12歳で両親が離婚した後、父親の勧めで音楽に専念。2006年、10代で初のソロ作品を発表する。

その後、ナッシュビルでのレコーディングセッションに不満を持ち、資金難で高校卒業資格もない彼女は、父親の援助でボストンのバークリー音楽大学のサマープログラムに応募。

それがきっかけで、奨学金を得てフルタイムで通うようになり、2012年に卒業し、ブルックリンに引っ越した。

ニューヨークに到着して間もなく、レンカーは同じバークリー音楽大学の卒業生であるバック・ミーク(Gt./Vo.)と出会う。

すぐに打ち解けた彼らは、2014年にデュオとして2枚のEPをリリースした後、マックス・オレアルチック(Ba.)、ジェームズ・クリヴチェニア(Dr.)とともにBig Thiefを結成。

その間にレンカーはSaddle Creekと契約し、同年にソロ・アルバム『Hours Were the Birds』をリリースしている。

結成:2015年
出身:アメリカ・ブルックリン
ジャンル:インディーフォーク
レーベル:Saddle Creek、4AD
受賞歴:
ベストオルタナティブアルバムノミネート(2020年グラミー賞)
ベストロックパフォーマンスノミネート(2021年グラミー賞)
ベストロックソングノミネート(2021年グラミー賞)
メンバー:
エイドリアン・レンカー(Vo./Gt.)
バック・ミーク(Gt./Vo.)
マックス・オレアルチック(Ba.)
ジェームズ・クリヴチェニア(Dr.)

[Advertisement]

Big Thiefアルバムリリース

Big Thief(ビッグ・シーフ)はこれまでに5枚のアルバム(『Masterpiece』、『Capacity』、『U.F.O.F.』、『Two Hands』、『Dragon New Warm Mountain I Believe in You』)をリリースしています。

5thアルバム『Dragon New Warm Mountain I Believe in You』

Dragon New Warm Mountain I Believe in You
発売日: 2022年2月11日
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

4thアルバム『Two Hands』

発売日: 2019年2月11日
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

3rdアルバム『U.F.O.F.』

発売日: 2019年3月3日
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

2ndアルバム『Capacity』

CAPACITY
発売日: 2017年6月9日
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

1stアルバム『Masterpiece』

Masterpiece
発売日: 2016年3月27日
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

Big Thiefバンドプロフィール

Big Thief

“Big Thiefは、フォークをルーツとするアメリカのインディーロックバンドである。バンドはニューヨークのブルックリンを拠点とし、Adrianne Lenker、Buck Meek、Max Oleartchik、James Krivcheniaの4人で構成されています。

エイドリアン・レンカーの歌をルーツとするビッグ・シーフの音楽は、「痛み、喪失、愛を利用しながら、同時に手放し、他人を通して自分の目を見つめ、死の必然性を受け入れるプロセス」を鮮やかな色調で描いている、とエイドリアンは語る。

Big Thiefのデビューアルバム『Masterpiece』には、登場人物や直感的な物語、わずかな言葉の隙間に軸となる楽曲が詰まっています。エイドリアンの声とギター演奏は、豊かな感情の領域を優雅さと洞察力を持って語っています。彼女の言葉を借りれば、このアルバムは「常に自分の中に折り畳まれている存在の傑作、人々はつながろうとし、自分自身を目覚めさせ、人生のある時点の無感覚を振り払おうとする」ものです。その解釈は印象派的であったり、超現実的であったりするが、それらは単純なものに根ざしている。”

引用元:Big Thief(ビッグ・シーフ)バンドプロフィール(last.fm)

Big Thiefの評価

“ドラゴンが連れていく最高の飛翔”
– rockin’on

“豊かな土地に色とりどりの花が
咲き乱れるような多様な楽曲群”
– Music Magazine

“現代USインディの顔役”
– MUSICA

“USで最も素晴らしいバンドの1 組”
– The Guardian

“瞬時に満足させるが、その魅力と謎は何年も響き続けるだろう”
– Uncut 9/10

“ゆっくりと堪能して消化しなければならない、不定形でスタイルが多岐に渡るレコード”
– Mojo ★★★★

“ビッグ・シーフの魔法を垣間見ることができる…”
– Loud and Quiet”

引用元:Big Thiefの評価(Beatink)

Big Thief代表曲(Youtube)

  • Big Thief(ビッグ・シーフ) – Paul [Official Audio]
  • Big Thief(ビッグ・シーフ) – Masterpiece [Official Music Video]
  • Big Thief(ビッグ・シーフ) – Red Moon (Official Video)
  • Big Thief(ビッグ・シーフ) – Change (Glastonbury 2022)

Big Thief来日公演詳細

Big theif来日公演
Big Thief(ビッグ・シーフ)の来日が2022年11月に東京、大阪、名古屋で決定した。

チケットの一般販売は7月2日~受け付けを開始している。

また、東京公演は既にソールドアウトしており、追加公演も発表された。(2022年7月26日追加)

  • 大阪公演
  • 2022年11月14日(月)大阪・梅田CLUB QUATTRO

  • 名古屋公演
  • 2022年11月15日(火)愛知・名古屋CLUB QUATTRO

  • 東京追加公演
  • 2022年11月17日(木)東京・恵比寿 THE GARDEN HALL

    ・オフィシャル先行予約:2022年8月4日(木)23:59まで
    ・プレオーダー:2022年8月5日(金)12:00~2022年8月14日(日)23:59まで
    ・一般発売:2022年8月20日(土)10:00~

  • 東京公演
  • 2022年11月18日(金)東京・渋谷Spotify O-EAST

    開場・開演:18:00 / 19:00
    チケット料金(前売り):スタンディング 7000円(税込) ※別途1ドリンク代
    チケット購入先:
    e+
    ローチケ
    チケットぴあ

    [Advertisement]

    Big Thief関連記事

    Big Thief(ビッグ・シーフ)の関連記事について、BELONGではこれまでに『U.F.O.F.』リリース記事、『Two Hands』リリース記事、4ADの新世代、フォーク・ロックの新世代を取り上げている。

  • 『U.F.O.F.』リリース記事
  • 『Two Hands』リリース記事
  • 4ADの新世代
  • フォーク・ロックの新世代
  • BELONG Media編集部
    BELONG Media編集部
    インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。2021年、J-WAVEのSONAR MUSICに“シューゲイザー特集”、“ネオソウル特集”の回にゲスト出演。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。

    [Advertisement]