みなさんはD.I.Yと言う単語をご存知だろうか。Do It Yourselfの略なのだが、つまり「自主制作」と言うことだ。今回はこの完全自主制作ながら素晴らしい作品を生み出し続けるバンド、Day And Buffaloの新作「Darkside Mama II」を聴いてみた。

1曲目「太陽と人」。初っ端から怪しげな音を鳴らして一気に世界に引き込まれるナンバーだ。サイケの匂いを感じさせながらもコテコテのソレではない、絶妙に耳に残る1曲になっている。続く2曲目「ゴッホとたまねぎ」は打って変わってイントロからロックなサウンドでグイグイくる曲になっている。1曲目から2曲目の変化はある意味実験的なものと捕らえてもいいのだろうか?サイケと言うよりオルタナティブ的な匂いが立ち込めている、個人的なお気に入りの曲でもある。「サイケな少年は、痛みの中」と言うこの曲もまた、1,2曲目とは違うエッセンスを感じる曲になっていて、限りなくサウンドは洋楽っぽくもあるのだが彼ら独自とも言える(これは本当に聴いてもらわなければわからないかもしれないが)。音作りで、Day And Buffaloの、彼らの持つセンスをはっきり表している曲じゃあないんだろうか?と僕は思う。

そして「Deer my wife」「月の犬」この2曲も彼らを音で再現しているように感じられる。リスナーがバンドを知らないが、名前を聞いて「こんな曲なんだろうな」と想像することがあると思うのだが、僕がDay and Buffaloを知らない時に、彼らについての情報などを聴いて浮かんだイメージはまさにこの2曲にドンピシャ、当てはまっている。特にこの「月の犬」。日本語詞なのだがこれがまた彼らの世界観にマッチしていて、まるで1つのおとぎ話のような、静かながらも壮大な曲だと思うのである。そして「We Are Buffalo」と言う最後の曲は今までよりポップに、しかし軽すぎない、心地いい浮遊感さえ感じられる。最後に相応しい曲だ。

1つのアルバムにここまで様々なジャンル(あまりジャンルと言う縛りは好きではないのだが)を取り込んでいるバンド。そしてそれを自分達の色に上手く染め上げているバンドDay And Buffalo。このアルバムを聞き逃すのは「音楽好き」の皆さんには痛手かもしれない。彼らが全国的に更に有名になる日も遠くはないと思わせるアルバムであります。

【Writer】ŠŠŒyuuto(@yutoisu)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中