Tempalay_web

Yogee New Wavesを始め、Ykiki Beat、Suchmosなど活躍がめざましい東京のインディーロックシーンに新たな注目アーティストが現れた。

結成わずか一年にしてFUJI ROCK“ROOKIE A GO-GO”に出演!東京・埼玉を中心に活動するTempalay(テンパレイ)が初のCD作品を9/2にリリースすることを発表した。Tempalayは小原綾斗(Gt&Vo)、竹内祐也(Ba)、藤本夏樹(Dr)による3ピース・バンド。都内でライブ活動を展開するやいなや早耳のインディーファンの間で噂が広まり、西海岸やカナダの海外インディーシーンの影響を感じさせる独特の脱力したローファイ・サウンドにどこか懐かしさを感じさせる音像は東京インディーシーンの中でも一際注目を集めている。今作『Instant Hawaii』は、そのタイトルどおり夏を感じさせるメローで甘いメロディーがクセになる4曲入りのサマー・ポップ・チューン。「Have a nice days club」、「good time」の新曲2曲に加えて、YouTubeにミュージック・ビデオが上がっている「sea side motel」、またライブの定番曲をMOP of HEADのトラックメーカーであるGeorgeがRemixを手掛けた「Band The Flower」を含む全4曲を収録。マスタリングエンジニアにはゆらゆら帝国やOGRE YOU ASSHOLEを手掛ける中村宗一郎、アートワークは国内外で話題の刺繍アーティストMana Morimotoが手掛けている。

【リリース情報】
『Instant Hawaii』
tempalay_jacket_low-front
2015.9.02 ON SALE
■品番:PCD-4633
■価格:¥1,000+税

【収録曲】
1. Have a nice days club
2. sea side motel
3. good time
4. Band The Flower

【2月27日追記】
BELONGの最新号(Vol.14)はTempalay×Homeshakeが表紙でインタビューを掲載!
配布は終了しました。購入はこちら
Cover_Galileo-Galilei-Tempalay×Homeshake_ol(入稿用)

◆関連記事◆
【Column】加藤マニのインディーロック最前線のちょっと後ろの方 第十一回(Tempalay)
【interview】お客さんを盛り上げるよりも気持ちよくて寝そうになる音楽をやりたい『Taiko Super Kicks – Many Shapes』
【interview】現実逃避をするすべての人に。Burghがお届けする能動的二十九分間『テクノ・ナルシスのすべて』

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中