激しいリフと轟くビート、ヴォーカルのアロウ・デ・ワイルドの浮世離れした魅力を全面に押し出したその扇動的なパフォーマンスで、ザ・クランプスやヤー・ヤー・ヤーズ、アリス・クーパー、ニューヨーク・ドールズを彷彿とさせ、メンバー全員が10代のLA発の注目パンク・ロック・バンド、スタークローラーによるRough Trade Sessionが公開された。

また、ユニクロのTVコマーシャルのタイアップ・シングル「Ants」が、British Arrows Gold Award 2017のBest Use of Recorded Music賞を獲得し、エルトン・ジョン、マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ、ロード・オブ・ザ・リング主演俳優のイライジャ・ウッドなどが彼らのファンを公言するなど、たった一枚のシングル・リリースで大きな反響を呼んでいる。

スタークローラーはこれまで、彼らの故郷ロサンゼルスで、主にザ・レモン・ツイッグスの前座としてのみパフォーマンスを披露してきた。そこでファンがスマホで録画したムービーがYouTubeにアップされたことをきっかけに人気が拡大。来年にはライアン・アダムスをプロデューサーに向かえたデビュー・アルバムをリリース予定しているとのこと。また、ザ・ストロークスのニック・ヴァレンシ率いる新バンド、CRXのサポートを務めることも決定している。

Starcrawler – Ants (Rough Trade Session)

Starcrawler – Used To Know (Rough Trade Session)

NeoL Magazineによるインタビュー

Interview with STARCRAWLER

【Release】
Starcrawler
『Ants』
レーベル: ROUGH TRADE
発売日:NOW ON SALE
iTunes Store: http://apple.co/2rtPRyE
Apple Music: http://apple.co/2rtXTHL
Spotify: http://spoti.fi/2pZolag

【Profile】
ザ・クランプス、ヤー・ヤー・ヤーズ、アリス・クーパー、ニューヨーク・ドールズを彷彿とさせる全員10代のLA発大注目の新人バンド、スタークローラー。

ミュージシャンと写真家の間に生まれた、若干18歳のカリスマ・ヴォーカリスト、アロウ・デ・ワイルドが、高校時代にギタリストのヘンリー・キャッシュと出会い、リズムセクションのオースティン・スミス(ドラム)とティム・フランコ(ベース)が加わって2015年にロサンゼルスで結成された。

エルトン・ジョン、マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ、音楽マニアとして知られるイライジャ・ウッドなどが、早くから彼らのファンであることを公言するなど、数枚のシングルとその強烈で扇動的なライブ・パフォーマンスそしてアロウのカリスマ性で、瞬く間に話題が話題を呼び、アルバム発売前にも関わらず凄まじい反響を呼んでいる超新星の登場だ。

最近ではフー・ファイターズのデイヴ・グロールがキュレーターを務めた《Cal Jam》で、デイヴ・グロールが真っ先に出演依頼し、フェスティバル翌日にラジオ出演した際にも、スタークローラーを大絶賛している。