世界中でパワー・プレイを獲得した「レッツ・ゴー・サーフィン」で鮮烈なデビューを放ったThe Drums(ザ・ドラムス)による5作目となるアルバム『Brutalism(ブルータリズム)』のリリースが発表された。

2008年に結成したバンドが迎える10年のキャリアにおいて、今が”ベスト”とも感じさせる充実な内容に仕上がっているとのこと。またアルバムの公開に伴い、先行シングル「Body Chemistry」の配信もスタートした。

新曲と併せて彼らの不思議な人生を語ってくれた、『エンサイクロペディア』リリース時のインタビューも読んでみてください。

【Release】
『Brutalism(ブルータリズム)』
発売日:2019年4月3日
価格:¥2,400(本体価格)
発売元:Tugboat Records Inc.
販売元:SPACE SHOWER NETWORKS INC.
品番:XQNK-1002
特典:解説/歌詞/対訳、日本先行リリース
収録曲:
01. Pretty Cloud
02. Body Chemistry
03. 626 Bedford Avenue
04. Brutalism
05. Loner
06. I Wanna Go Back
07. Kiss It Away
08. My Jasp
09. Blip Of Joy

【Profile】
2008年に米ブルックリンで結成。翌年のデビュー・シングル「レッツ・ゴー・サーフィン」が瞬く間に話題を呼び、2010年にアルバム 『ザ・ドラムス』をリリース。以降、2011年に『ポルタメント』、 2014年に『エンサイクロペディア』、2017年に『アビスマル・ソウツ』をそれぞれ発表。現在は中心人物であるジョニー・ピアースのソロ・プロジェクトとして活動している。