■PitchforkでBest New Track獲得(3/21追記)
4/5発売の新作アルバム『Titanic Rising』より「Movies」のMVが新たに公開されました!

カリフォルニア州サンタモニカ出身のシンガーソングライター、ワイズ・ブラッド(Weyes Blood)ことナタリー・メーリング。

自身4枚目となるアルバム『Titanic Rising』を4月5日にリリースする。アルバム発表に併せて、「Everyday」のMVも公開された。

ナタリーは幼少の頃、ゴスペルや聖歌隊で歌い始め、クラシックやルネッサンス期の音楽に強い影響受けた。そして、8才からギターを始める。

そんな子供の頃、彼女は映画『タイタニック』を見た。そして、大ヒットしたロマンスが実際は人の傲慢から生まれた喪失だと気づいた。

このアルバムカバーは水没したベッドルームの写真が使われ、CGは使用されていない。

ナタリーいはく「ボブ・シーガーmeetsエンヤ」と表現する今作(チョイスが渋い)は、クラシック・ソングライティングがベースになり、

レモン・ツイッグスを彷彿させるバロック・ポップ・アルバムとなった。

去年はレモン・ツイッグスとスタークローラーの人気が爆発したが、今年はワイズ・ブラッドに注目!

Titanic Rising
Titanic Rising

posted with amazlet at 19.02.17
Sub Pop Records (2019-04-05)


【Profile】
Weyes BloodことNatalie Meringはカリフォルニア州サンタモニカ出身のミュージシャンだ。音楽一家の中で育った彼女は、ゴスペルや聖歌隊で歌い始め、クラシックやルネッサンス期の音楽に強い影響受けた。そして、8才からギターを始めた。2011年、EP『The Outside Room』を自主リリース。2014年にはファースト・アルバム『The Innocents』、2016年にはセカンド・アルバム『Front Row Seat to Earth』をMexican Summerよりリリース。『Front Row Seat to Earth』はPitchforkでベスト・ニュー・アルバムに選ばれ、The Guardianで5/5を獲得するなど高い評価を得ている。また、他のアーティストへのコントリビューション多く、Ariel Pink、Perfume Genius、Kirin J Callinan、Father John Misty等の楽曲にヴォーカルとして参加している。