カリフォルニア出身のシンガーソングライター、モデルで女優のスカイ・フェレイラ(Sky Ferreira)が遂に新曲「Downhill Lullaby」をリリース!

新曲「Downhill Lullaby」

3月27日に発表されたシングル「Downhill Lullaby」は前作の『Night Time, My Time』からなんと6年ぶり!

今まで何度も新作に関するニュースが出ていたが、今回晴れて新曲を公開した。自身の楽曲公開はしばらくなかったものの、

アイス・エイジやプライマル・スクリームのゲスト・ヴォーカルや映画『ベイビー・ドライバー』でカバー曲を歌うなど、精力的な活動を続けていた。

新曲はジャケットが表しているようにダークな作風。弦楽器の音の広がりが印象的で、共演したアイス・エイジから影響を受けたかのようなポエトリー・リーディング調で歌われている。

リリース

発売日: 2019/3/27
レーベル: Capitol Records
収録曲:
01.Downhill Lullaby

発売日: 2014/7/23
レーベル: Universal Music LLC
収録曲:
01.Boys
02.Ain’t Your Right
03.24 Hours
04.Nobody Asked Me (If I Was Okay)
05.I Blame Myself
06.You’re Not the One
07.Heavy Metal Heart
08.Kristine
09.I Will
10.Love In Stereo
11.Night Time, My Time
12.+Ghost EP収録曲を収録

プロフィール

“1992年ロサンゼルス生まれ。シンガー・ソングライター/モデル・女優。 幼少のころ母親がヘア・スタイリストだったことで数多くの大物スターと親しくなる 環境にあり、マイケル・ジャクソンもの前で歌を披露したこともある。ゴスペル聖歌隊に 参加し、中学生の頃には新進気鋭のミュージシャンとしてしMyspaceにデモを次々に発表。 ファンを広げていくうちに、LAを拠点とするプロデューサーからの関心をひく。そして自ら スウェーデン人のプロデューサー2人組、Bloodshy & Avantを説得し、2010年、初ビデオシングル、 「17」とUKチャートにランクインしたダンス・トラック「ONE」をリリースすることに。続いて発表した 「Obesession」でMTVデビューを果たし、この楽曲はTVドラ「ヴァンパイア・ダイアリーズ」 のサウンドトラックとしても起用されることに。2011年3月にはニュー・シングル「Sex Rules」を発表。 これはスカイが起用された2011年のカルバン・クライン『ck one』キャンペーンとのタイアップで スティーヴン・マイゼルが監督・撮影を担当。これを機にファッション業界のなかで彼女の人気が急上昇となり、世界的に有名な一流フォトグラファーと数多くの撮影に恵まれることとなる。デイズド&コンフューズド誌、インタビュー誌、パープル誌は彼女を絶賛する一方、2012年シングル「レッド・リップス」を発表。ビデオはテリー・リチャードソンが手掛けてた。フォーエヴァー21のキャンペーン・ガールに抜擢され、そのイメージ・ソングとして「Lost In My Bedroom」のDisco versionが使用されている。 彼女の2枚目となるEP『ゴースト』のシンガーソングライターとしても積極的に参加。Dev HynesとAriel Rechtshaidプロデュース楽曲、「Everything Is Embarrassing」はPichforkで2012年ベスト・ソングにも選ばれ、同紙にスカイは「オフィシャルに次に来るビッグ・タレント」として讃えられている。”

引用元: UNIVERSAL MUSIC

Youtube

Sky Ferreira – Downhill Lullaby (Audio)