BLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)はシングル「Colors」は1400万回再生され、2020年グラミー新人賞にノミネートしたテキサス出身のネオソウル・デュオ。

また、BLACK PUMASの「Colors」はGalaxy S20のCM曲にも使用されている。

BLACK PUMASとは

テキサスから”2頭のピューマ”がやってきた!BLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)はテキサス出身のソウルデュオ。

グラミー賞にノミネートされた経験を持つギタリスト、エイドリアンが一味違うボーカルを探している時にボーカルのエリックと出会い結成された。

『Black Pumas』

『Black Pumas』はデビューアルバムにも関わらず、これがグラミー賞レベルの技術なのか、と驚く程の曲の完成度。エリックのボーカルが曲に完璧にマッチしてるのもさすが。

アル・グリーン(Al Green)やボビー・ウーマック(Bobby Womack)などのソウルやR&Bが好きな人はビビッとくるんじゃないかと思います。

ソウルだけでなくサイケデリックなサウンドアレンジも現代ならでは。これぞ良質な大人の音楽じゃないでしょうか。

『Black Pumas』デラックス盤リリース

2019年6月にリリースされたデビューアルバム『Black Pumas』が海外のベストアルバムに選出され、2020年グラミーの新人賞にノミネートしたBLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)。

そんな勢いに乗り、『BLACK PUMAS』のデラックス盤が2020年2月にリリースされることが決定した。

デラックス盤にはオリジナルのアルバムの内容だけでなく、ライヴ音源が4曲収録されたボーナスCDも特典としてついてくる。

ライブにも定評があるBLACK PUMASのパフォーマンスが味わえる特典は見逃せない。

グラミー新人賞にノミネート


BLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)が第62回グラミー賞でベストニューアーティストにノミネート。

デビューアルバム『BLACK PUMAS』より1400万ストリームを突破したシングル「Colors」のビデオも公開された。

フジロック2020出演決定

フジロック2020第一弾発表
2020年グラミーの新人賞にノミネートしたBLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)がデビューアルバム『Black Pumas』を携え、フジロック2020で初来日が決定した!(※フジロック2020は翌年に延期決定)

彼らはシングル「Colors」が1400万回、スタジオ・ライヴ・ビデオが1000万回再生という破格の新人アーティスト。

フジロックの発表と併せて、新たなライブセッション動画も公開された。(2020年3月30日追加)

Black Pumas – Oct 33 (Official Live Session Video With Quartet)

カバー曲公開

BLACK PUMAS
来年に延期となったフジロック2020に出演が決定していたBLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)。

彼らがトレイシー・チャップマンのカバー曲「Fast Car」の音源を6月9日にデジタル配信でリリースした。

BLACK PUMASの「Fast Car」カバー音源はYoutubeで公開されている。

BLACK PUMASは2020年のグラミー新人賞にノミネートしており、シングル曲「Colors」は1400万ストリームされただけでなく、

音楽発見アプリのシャザムで10万回、スタジオ・ライヴ・ビデオは1000万回再生されている。

日本ではこれからであるが、海外では新人離れした破格の注目を集めている。

Black Pumas – Fast Car

Black Pumasライブ映像公開

BLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)
BLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)が新たに「I’m Ready」のライブ映像を公開した。

Black Pumas – I’m Ready (Official Live Session)

「Colors」をJack Johnsonとコラボ

BLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)がGalaxy S20のCM曲に起用された「Colors」をJack Johnsonとコラボしたライブ動画を公開した。(2020年10月14日更新)

Black Pumas – Colors (feat. Jack Johnson) (Live on Good Morning America)

Galaxy S20のCM曲に起用

また、全世界で6000万回を超える再生回数を突破したBLACK PUMASの「Colors」がGalaxy S20のCM曲に抜擢された。(2020年9月4日追記)

Galaxy S20|S20+|S20 Ultra:かけがえのない1枚をGalaxyと。

リリース

シングル

発売日: 2020/6/9
収録曲:
1. Fast Car
2. Fire (Steady Groovin Mix)

EP

収録曲目:
1. Colors (Electric Deluxe Sessions) [Amazon Original]
2. Wichita Lineman (Electric Deluxe Sessions) [Amazon Original]
3. Fire (Electric Deluxe Sessions) [Amazon Original]
4. Know You Better (Electric Deluxe Sessions) [Amazon Original]

アルバム

Black Pumas
Black Pumas

posted with amazlet at 19.08.02
Black Pumas
Ato Records (2019-06-21)
売り上げランキング: 32,462

品番:OTCD-6762
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
収録曲目:
1. Black Moon Rising
2. Colors
3. You Know Better
4. Fire
5. Oct 33
6. Stay Gold
7. Old Man
8. Confines
9. Touch The Sky
10. Sweet Conversation

『BLACK PUMAS (DELUXE)(ブラック・ピューマズ(デラックス))』
発売日:2020年2月19日(水)
品番:OTCD-6795
その他:解説付
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
収録曲:
1. Black Moon Rising
2. Colors
3. You Know Better
4. Fire
5. Oct 33
6. Stay Gold
7. Old Man
8. Confines
9. Touch The Sky
10. Sweet Conversation
(Bonus CD / Recorded Live at Arlyn Studios – Austin, TX)
1.Black Moon Rising
2.Colors
3.Fire
4.Eleanor Rigby

プロフィール

Black Pumas

“2017年、自身のプロジェクトの合間にAdrian Quesadaは自分のオースティンのスタジオで曲を書き始め、友人とレコーディングを開始。バッキング・トラックを完成させた後、オーディションで27才の新人ヴォーカリスト、Eric Burtonを加え、Black Pumasはスタートした。Ghostface Killahのインストゥルメンタル、モータウン・ソウル、ハイウェイ・フォーク・ロック等にインスパイア受けたサウンドに、教会、ミュージカル・シアター、バスキング等で磨いたBurtonのダークで耳に残るヴォーカルを加えた彼らのサイケデリック・ソウルは、まずは地元のテキサスで大きな評価を獲得。2019年のAustin Music Awardsでベスト・ニュー・バンドを獲得し、楽曲「Black Moon Rising」は同アワードのソング・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。その後、彼らの名は全米に広まり、「Wu-Tang Clan meets James Brown」(KCRW)、「the breakout band of 2019」(NPR)とメディアから賞賛され、Rolling Stoneは「オースティンでみた30のベスト・バンドの一つ」と2019年のSXSWでの彼らのパフォーマンスを絶賛した。2019年6月、デュオはデビュー・アルバム『Black Pumas』をリリース。アルバムはメディアで絶賛され、シングル「Colors」は1400万ストリーム、シャザム10万回、スタジオ・ライヴ・ビデオは1000万ヴューと大ヒットを記録。結果、デュオは第62回グラミー賞「ベスト・ニュー・アーテイスト」にノミネートされるに至った。現在ツアー中の彼らのライヴは「エレクトリファイング(感情または興奮の高まりを引き起こす)」とガーディアンに評される等、高い評価を博し、公演は各地でソールド・アウトを記録。今、日本でのライヴの実現が最も望まれるアーティストである。”

引用元:Black Pumasプロフィール(Big Nothing)

海外メディアの評価

“「次に何が来るのだろう、と思わせるデビュー」(The Guardian)
「不断のビートとシンガー、エリックバートンのカリスマチックなエナジーを決して見逃すな」(Rolling Stone)
「レトロなソウルよりもはるかに広大。まるでザ・ブラック・キーズがマーヴィン・ゲイとプレイしているようだ」(NPR Music)
「劇的な状況に対するデュオの才能は刺激的で、実際、彼らは映画のように見える」(Pitchfork)
「ウータン・クラン・ミーツ・ジェームス・ブラウン」(KCRW)
「驚異的。ブラック・ピューマズは今世界で最も必要なもの」(MOJO)
「オースティンのお気にいりは高く評価される必要がある」(Chicago Tribune)
「2019年のブレイクアウト・バンド」(NPR Here & Now)
「説得力のある新鮮な力」(Hypebeast)
「感動的なレトロ・ソウル」(FADER)
「ソウルフル、サイケデリック、アメージング」(NPR Alt.Latino)
「フォーク、ヒップホップ、サイケデリックから新鮮なインスピレーションを引き出すソウル・ミュージック」(Pigeons & Planes)
「ア・ソウル・エクスプロージョン」(UNCUT)
「物思わしげでシネマティックなソウル」(Austin Chronicle)
「今、街で最もホットなパーティー」(Austin-American Statesman)”

引用元:Black Pumas(Big Nothing)

YouTube

  • Black Pumas – Black Moon Rising
  • Black Pumas – Colors (Official Music Video)
  • Black Pumas – Fire (Official Live Session)
ライター:Rio Miyamoto(Red Apple)
Rio Miyamoto
BELONG Mediaのライター/翻訳。18歳から23歳までアメリカのボストンへ留学し、インターナショナルビジネスを専攻。兵庫県出身のサイケデリック・バンド、Daisy Jaine(デイジー・ジェイン)でボーカル/ギターと作詞作曲を担当。2017年には全国流通作品である1st EP『Under the Sun』をインディーズレーベル、Dead Funny Recordsよりリリース。サイケデリック、ドリームポップ、ソウル、ロカビリーやカントリーなどを愛聴。好きなバンドはTemplesとTame Impala。趣味は写真撮影と映画鑑賞。
今まで執筆した記事はこちら