BATTLES

いよいよ最新アルバム『Juice B Crypts』発売

絶えず試行錯誤を繰り返えし、新たな音楽を生み出すエクスペリメンタル・ロック・バンド、バトルス(BATTLES)。

今週10月11日(金)、日本先行で最新アルバム『Juice B Crypts』がリリースされる。

先日『Juice B Crypts』の先行試聴会も終えた彼らから、新たなニュースが届いた。

来日公演のスペシャルゲストは平沢進+会人(EJIN)

11月4日からスタートする東名阪ツアーのスペシャルゲストに平沢進+会人(EJIN)の出演が決定した。

平沢進+会人(EJIN)は伝説のバンドP-MODELのリーダーとして今も第一線で活躍する平沢進と、正体不明の2人組、会人(SSHO:TAZZ)によるプロジェクト。

彼らはFUJI ROCK FESTIVAL 2019で、RED MARQUEEのヘッドライナーとして出演。

唯一無二のパフォーマンスでステージを沸かせた彼らが、サポートドラムを迎えた新編成でバトルスのジャパンツアーに登場する。

2人編成になっても進化し続けるバトルスと、独特なステージを展開する平沢進の組み合わせは、予想できないものになること間違いなし。

是非、ライブハウスでこの奇想天外な組み合わせの妙を体感して欲しい。

リリース情報

JUICE B CRYPTS [限定Tシャツセット/Sサイズ/ボートラ/歌詞対訳/解説付/国内盤](BRC613TS)
BATTLES バトルス
BEAT RECORDS / WARP RECORDS (2019-10-11)
売り上げランキング: 134,657

Juice B Crypts [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / ポスター・ブックレット封入 / 紙ジャケット仕様 / 国内盤] (BRC613)

仕様:
・国内盤CD BRC-613 ¥2,200+tax
・国内盤CD+Tシャツ BRC-613T ¥5,500+tax
国内盤特典:ボーナストラック追加収録/解説・歌詞対訳冊子封入
・輸入盤CD WARPCD301 ¥OPEN
・輸入盤2LP カラー盤 WARPLP301X ¥OPEN
・輸入盤2LP WARPLP301 ¥OPEN
発売日:2019年10月11日(日本先行リリース)
収録曲:
01. Ambulance
02. A Loop So Nice…
03. They Played It Twice feat. Xenia Rubinos
04. Sugar Foot feat. Jon Anderson and Prairie WWWW
05. Fort Greene Park
06. Titanium 2 Step feat. Sal Principato
07. Hiro 3
08. Izm feat. Shabazz Palaces
09. Juice B Crypts
10. The Last Supper On Shasta feat. Tune-Yards
11. Yurt feat. Yuta Sumiyoshi (Kodo) *Bonus Track for Japan

ライブ


BATTLES JAPN TOUR 2019
SPECIAL GUEST:平沢進+会人(EJIN)

■東京公演:2019年11月4日 (月・祝日)
GARDEN HALL
OPEN 17:00 / START 18:00
主催:SHIBUYA TELEVISION
INFO:BEATINK 03-5768-1277

■大阪公演:2019年11月5日(火)
UMEDA CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
INFO:SMASH WEST 06-6535-5569 / smash-jpn.com

■名古屋公演:2019年11月6日 (水)
NAGOYA CLUB QUATTRO
OPEN 18:00 / START 19:00
INFO:BEATINK 03-5768-1277

前売¥6,800(税込/別途1ドリンク代/スタンディング)
※未就学児童入場不可

■チケット詳細
一般発売:9月7日(土)〜
イープラス [https://eplus.jp/]
ローソンチケット [https://l-tike.com/]
チケットぴあ [https://t.pia.jp/]
LINEチケット [https://ticket.line.me/]
Beatink [https://beatink.zaiko.io/_item/317803]

Profile:平沢進


東京都出身。1979年、テクノポップバンドP-MODELでデビュー。
1989年からはソロ名義での活動も開始。
1994年には観客相互コミュニケーション型のインタラクティブ・ライブ、
1999年には日本でいち早くインターネットによる音楽配信を開始するなど、常に時代に何歩も先駆けた姿勢で創作活動を行い、音楽業界内外のさまざまなアーティストたちへも影響を与え続けている。
現在はソロ名義と共に、P-MODELの核(コア)としてのキャリアを生かしたプロジェクト「核P-MODEL」で活躍中。
2019年現在、オリジナル・アルバムのみでも、P-MODELで12枚、平沢進で13枚、核P-MODELで3枚の作品を発表している。

MV

Titanium 2 Step (feat. Sal Principato)

A Loop So Nice… / They Played It Twice (ft. Xenia Rubinos)

平沢進+会人(EJIN) – 夢みる機械(FUJI ROCK 19)