アメリカのアトランタ出身のフォークシンガー、Faye Webster(フェイ・ウェブスター)が新作アルバム『Atlanta Millionaires Club』を今年の5月にリリースした。

新曲「Room Temperature」

Faye Websterのアルバム『Atlanta Millionaires Club』のシングルカット曲として発表された「Room Temperature」。

以前に「Room Temperature」のMVを発表していたのだが、まさかの2本目となるMVを発表したことが面白かったのでぜひ紹介したい。

夏も終わり気温が下がってくると、どこかあの温かさが懐かしく、恋しくなる瞬間があると思う。

この「Room Temperature」という楽曲はそのムードを後押ししてくれるトロピカルなチューン。

2本目となる今回のMVでは、Faye Webster本人がビーチで小さな波に打たれながらギターを弾き語りするだけというシンプルなMVなのだが、“縦撮り”というのがユニークで面白い。

ちなみにこのビーチのシーンは1本目のMVにも少しだが使用されていた。

アルバムとしてはR&Bやネオソウルに比重を置いている印象だが、今回紹介した「Room Temperature」や「What Used to Be Mine」のように、優しいスライドギターで南国の空気感を運んでくれる曲もある。

少し肌寒くなってきたこの時期にこのような温かい音楽を聴いてみるのもオススメです。

リリース

Atlanta Millionaires Club [Explicit]
Secretly Canadian (2019-05-24)
売り上げランキング: 99,762

収録曲:
1. Room Temperature
2. Right Side Of My Neck
3. Hurts Me Too
4. Pigeon
5. Jonny
6. Kingston
7. Come to Atlanta
8. What Used To Be Mine
9. Flowers (feat. Father)
10. Jonny (Reprise)

プロフィール

“Faye Websterは米アトランタをベースに活動する21才のシンガーソングライターだ。2013年、15才の時にデビュー・アルバム『Run & Tell』を自主リリース。2017年3月には地元アトランタのラッパー、Fatherのレーベル、Awful Recordsよりセカンド・アルバム『Faye Webster』をリリースし、注目を浴びるようになった。その後、Secretly Canadianと契約。2018年11月にはニュー・シングル「Kingston」をリリースした。”

引用元:Big Nothing

Youtube

Faye Webster – Room Temperature

Faye Webster – Room Temperature (Vertical Video)

Faye Webster – Kingston

ライター:Rio Miyamoto(Red Apple)

兵庫県出身のサイケデリック・ロックバンド、Daisy JaineのVo./Gt.。アメリカ・ボストンに留学経験があり、BELONGでは翻訳を担当。サイケデリック、オルタナ、60s、ロカビリーやR&Bと幅広く聴きます。趣味はファッション、写真、映画観賞。