Starcrawler×No Buses

東京公演のサポートアクト決定!

イギリス名門のインディーレーベル、ラフ・トレードからデビューと同時に、ロックレジェンドから絶賛されたスタークローラー。

ここ日本でもフジロックの中継で血のりしたたる壮絶なロックショウを見せつけた彼らは、今年の10月にセカンドアルバム『Devour You』をリリースしたばかり。

東名阪で12月に開催すると発表されていた彼らの来日公演、東京会場のサポートアクトにNO BUSES、大阪公演はTHE ティバの出演が決定した!

No Busesとは


Computer MagicのオープニングアクトやSUMMER SONIC 2018のオーディション企画「出れんの!?サマソニ!?」への出演で、話題を集めていた男女4人組バンドNo Buses。

“No Buses”というバンド名は彼らの敬愛するArctic Monkeysの曲名からきている。

今年デビューアルバム『Boys Loved Her』をリリースした。

THE ティバとは


“出れんの⁉サマソニ⁉2019”に選出され SUMMER SONIC 2019に出演した、マヤ(Vo./Gt.)とサチ(Dr.)のガレージロックデュオ、THE ティバ。

彼女たちは花魁少年というバンドのメンバーで、現在はカナダ出身の2人組という謎の設定で活動中している。

デビュー作『we are the tiva EP』を2019年3月にリリースした。

ライブ情報

STARCRAWLER JAPAN TOUR 2019
Support Act : No Buses、THE ティバ
OPEN 18:00 / START 19:00

・2019年12月4日(水)@東京・LIQUIDROOM
Support Act : No Buses
INFO:BEATINK 03-5768-1277 www.beatink.com

・2019年12月05日(木)@大阪・梅田BANANA HALL
Support Act : THE ティバ
INFO:SMASH WEST 06-6535-5569 https://smash-jpn.com

・2019年12月6日(金)@名古屋CLUB QUATTRO
Support Act : SULLIVAN’s FUN CLUB
INFO:名古屋クラブクアトロ 052-264-8211 www.club-quattro.com

料金: 前売¥6,000 (スタンディング・税込・ドリンク代別途)
※チケット整理番号付き、未就学児童入場不可

前売りチケット:
・東京公演
イープラス (https://eplus.jp/sf/detail/2463190001-P0030004P021001)
LAWSON (https://l-tike.com/order/?gLcode=76070) (Lコード:76070)
チケットぴあ (https://bit.ly/2OHPrRH) (Pコード:162-531)
BEATINK (https://beatink.zaiko.io/_buy/1kBr:4nL:e841f)
Tokyo Gig Guide (https://tokyogigguide.zaiko.io/_buy/1kBr:Rx:73024)
Time Out Tokyo (https://timeouttokyo.zaiko.io/_item/317529)

・大阪公演
イープラス (https://eplus.jp/sf/detail/2463190001-P0030005P021001)
LAWSON (https://l-tike.com/order/?gLcode=57411) (Lコード:57411)
チケットぴあ (https://bit.ly/2ON60eL) (Pコード:162-193)
BEATINK (https://beatink.zaiko.io/_buy/1kBr:4r7:164f5)
Tokyo Gig Guide (https://tokyogigguide.zaiko.io/_buy/1kBr:Rx:73024)
Time Out Tokyo (https://timeouttokyo.zaiko.io/_item/317529)

・名古屋公演
イープラス (https://eplus.jp/sf/detail/2463190001-P0030006P021001)
LAWSON (https://l-tike.com/order/?gLcode=45356) (Lコード: 45356)
チケットぴあ (https://bit.ly/2QOU7aT) (Pコード:162-144)
LINE TICKET (https://ticket.line.me/events/3290/0/19496)
BEATINK (https://beatink.zaiko.io/_buy/1kBr:4rc:50187)
Tokyo Gig Guide (https://tokyogigguide.zaiko.io/_buy/1kBr:Rx:73024)
Time Out Tokyo (https://timeouttokyo.zaiko.io/_item/317529)
クアトロ店頭 (https://www.club-quattro.com/nagoya/)

MORE INFO: http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10445

リリース情報

Devour You [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (RT0074CDJP)
STARCRAWLER スタークローラー
BEAT RECORDS / ROUGH TRADE (2019-10-11)
売り上げランキング: 1,983

発売日:2019年10月11日
仕様:国内盤CD
特典:ボーナストラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入
品番:RT0074CDJP
収録曲:
01. Lizzy
02. Bet My Brains
03. Home Alone
04. No More Pennies
05. You Dig Yours
06. Toy Teenager
07. Hollywood Ending
08. She Gets Around
09. I Don’t Need You
10. Rich Taste
11. Born Asleep
12. Tank Top
13. Call Me A Baby
14. Pet Sematary [Bonus Track for Japan (RT0074CDJP)]

Boys Loved Her
Boys Loved Her

posted with amazlet at 19.09.26
No Buses
ハピネット (2019-09-11)
売り上げランキング: 7,350

フォーマット:CD / Digital
発売日:2019.09.11
価格:2000 yen (+tax)
収録曲:
1. Sleepswimming
2. In Stomach
3. Untouchable You
4. Dirty Feeling
5. Tic
6. Dandruff
7. Ill Humor
8. Little Boy
9. Rat
10. When You Sleep With Your Son
11. Medicine


『we are the tiva』
発売日:2019年3月1日
フォーマット:CD
レーベル:THEティバ
収録曲:
1. Independent
2. Youth
3. Leave Me Alone
4. Summer Ends

各バンドプロフィール

■Starcrawler

ザ・クランプス、ヤー・ヤー・ヤーズ、アリス・クーパー、ニューヨーク・ドールズを彷彿とさせる全員10代のLA発大注目の新人バンド、スタークローラー。ミュージシャンと写真家の間に生まれた、若干18歳のカリスマ・ヴォーカリスト、アロウ・デ・ワイルド(Vo.)が、高校時代にギタリストのヘンリー・キャッシュ(Gt.)と出会い、リズムセクションのオースティン・スミス(Dr.)とティム・フランコ(Ba.)が加わって2015年にロサンゼルスで結成された。エルトン・ジョン、マイ・ケミカル・ロマンスのジェラルド・ウェイ、音楽マニアとして知られるイライジャ・ウッドなどが、早くから彼らのファンであることを公言するなど、数枚のシングルとその強烈で扇動的なライブ・パフォーマンスそしてアロウのカリスマ性で、瞬く間に話題が話題を呼び、アルバム発売前にも関わらず凄まじい反響を呼んでいる超新星の登場だ。フー・ファイターズのデイヴ・グロールがキュレーターを務めた《Cal Jam》で、デイヴ・グロールが真っ先に出演依頼し、フェスティバル翌日にラジオ出演した際にも、スタークローラーを大絶賛している。

■No Buses

近藤大彗(Vo./Gt.)、後藤晋也(Gt.)、杉山沙織(Ba.) 、市川壱盛(Dr.)からなる4人組インディーロックバンド、No Buses。その名の通りArctic Monkeys を中心にUKロックから多大な影響を受け、2016年に結成した。幾度かのメンバーチェンジを経て現体制となり、2018年4月に1stSingle『Tic』を発表。そのMVは日本にとどまらず世界中で高い評価を受けた。夏には出れんの!?サマソニ!?から選出されSUMMER SONIC2018出演。1stEP『Boring Thing – EP』は発売から3カ月で完売、Tomato Ketchup Boysとの共同企画は東京・大阪ともソールドアウト。国境を超えての活動が期待される注目のバンド。
Twitter: https://mobile.twitter.com/no_buses_band
Instagram: https://www.instagram.com/nobusesband/

■THE ティバ

カナダからやってきたみんなのタイムマシン的2ピースパワフルガレージロックバンド、THE ティバ。マヤ(Vo./Gt.)とサチ(Dr.)が、前身バンドの解散を機に2018 年に結成。カナダ出身という設定で活動中。1st EP『we are the tiva』を2019年3月にリリースし、関西ツアーとレコ発企画を下北沢THREEで開催した。3900組の応募の中から「出れんの⁉サマソニ⁉2019」に選出され SUMMER SONIC 2019 に出演。伸びやかなボーカルとパワフルな演奏、エモーショナルなメロディーラインでみんなをハッピーにするキュートガール!
Twitter: https://twitter.com/thetiva_band
Instagram: https://www.instagram.com/thetiva.band/

Music

Starcrawler – Bet My Brains

Starcrawler – She Gets Around

No Buses – Untouchable You

No Buses – Ill Humour

the tiva – Youth