millennium parade
Design : Cota Mori (DWS) Photo : SNIPSTYLE、Cocoon、YUSKE MATSUYAMA

King Gnuのボーカリストでバンドリーダーでもある常田大希によるソロプロジェクト、millennium parade(ミレニアム・パレード)。

彼らが新曲「Stay!!!」に続き、「lost and found」、「Fly with me」をリリースした。各楽曲に特徴的なボーカルが参加するのだ。

これでもうはっきりした。

彼はどうやら違いの分かるミュージシャンのようだ…。某コーヒーCMじゃないけど(笑)。

「Stay!!!」

Charaが歌うことに意味がある楽曲

彼らがこの程、新曲「Stay!!!」をリリースした。

だがしかしこの曲、常田がボーカルをとっているのではない。「常田君の美声が聴けないなら…」なんて意味不明な遠慮は要らない。

彼が書いた曲にウィスパーボイスの美魔女・Charaの歌声が乗る、そこにこの曲に秘められた真意があるのだから。

King Gnuのコンセプトでもある“JAPAN MADE”。それを裏付けるかのように日に日に多種多様な人々が集うようになった日本の首都・東京。

それを音楽で表現しようと常田が立ち上げたプロジェクトこそがmillennium paradeなのだ。

違いの分かる男、常田大希

足りないピースをあてはめるように、違いのある何かなり誰かを取り込むことで新しいカタチが生まれる。

Charaをゲストボーカルに迎えることでそのコンセプトが具現化し、「Stay!!!」という曲が完成したのである。

“違い”を理解し受け入れた時に見えるその先を、彼は音楽を通して表現しようとしているのである。

マニアな男性が好みのコーヒー豆を選び、家庭用の焙煎機なんぞで豆を挽くところからコーヒーを楽しむように、この男もまた”違い”を楽しむことを知っている。

BGMはもちろん、ダバダぁ~♪

ちなみに、私が好きなコーヒーはマンデリン。あくまで余談(笑)。

「lost and found」

続・違いの分かる男、常田大希

millennium parade Live 2019
millennium parade Live 2019(Live official photos:Ito Kosuke / 小杉歩)

やっぱりこの男は違いを分かっている、そう確信せざるを得ない。

紅白歌合戦にも出演決定し、「白日」がYouTubeにて1億再生されたKing Gnuのメンバー・常田大希率いる音楽プロジェクトmillennium parade。

彼らの新曲「lost and found」が2019年12月6日、配信限定でリリースされた。

millennium paradeはこれまでも、MVに特別なこだわりを持ってきた。

僅か3~4分の作品の中で展開される独特なストーリーに併せ、実写とCG、アニメーションを融合させた映像は観る者の想像力を掻き立てる。

そして今回の「lost and found」のMVには、日本だけでなく海外にも活動の場を広げているダンサー・菅原小春を起用している。

大河ドラマ『いだてん』で、陸上選手として日本人女性最初のオリンピアン・人見絹江の初々しく力強い演技が記憶に新しい彼女が、

今作のMVの中では生死を彷徨う(?)入院患者の目覚めまでを躍動的なダンスで表現している。

人見選手が日本から世界を目指したその姿は、身一つで世界へと飛び出した菅原自身の姿と重なる。

そしてその志は、恐らく常田自身も抱えているに違いない。

世界を目指す「lost and found」

millennium paradeが今まで発表してきた楽曲の中でも、この曲は彼自身も言うように特に力強さを感じさせるものになっている。

アッパーチューンとかそういった類でなく、とてつもなく大きい何かが蠢いているそれに近い。

彼の中にある世界へと向けられたその思いが、曲の隅々にまで行き渡っている。

「lost and found」、失ってはまた何かを得て、それが世界を目指すということではないのだろうか。日本の音楽シーンに留まっていようものなら、常田の活動はKing Gnuだけで収まっていただろう。

だがそれでは物足りない、日本だけでは何かが足りないから、彼はmillennium paradeをはじめとする様々なプロジェクトを試みているのであろう。

自らの音楽の可能性を模索する、それこそが違いの分かる男である。

追伸:先日の都内で行われたライブ(millennium parade Live 2019)で、アンコール後に“お気をつけて、おパンクで。愛してるぜ兄弟”と、観客に向けてのメッセージが映し出されたそう。

あんちゃん、わかってるねぇ(ビートたけし風)!(12/16追記)

「Fly with me」

millennium parade Flywithme_GITSver

『攻殻機動隊 SAC_2045』のオープニングテーマに決定

攻殻機動隊 SAC_2045
Ⓒ士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

全世界にファンを持つ、士郎正宗による「攻殻機動隊」シリーズの最新作にmillennium paradeの新曲「Fly with me」が起用された。

最新作『攻殻機動隊SAC_2045』は2020年春にNETFLIXにて、全世界独占配信される。

「Fly with me」は本作のオープニングテーマとして起用され、作品へ書き下ろされた楽曲だそうだ。

しかし既にmillennium paradeのライブでは同曲がオープニングに起用されているという事は伏せて、披露されたようだ。

またmillennium paradeのリーダーである常田大希自身、同作から多大な影響を受けており、コメントを発表している。

「Fly with me」配信&CDでリリース

その新曲「Fly with me」の配信とCDでのリリースが決定し、ジャケットも公開された。

「Fly with me」は2バージョンのアートワークが用意されており、その内訳は下記となる。

  • アーティストをフィーチャーした millennium parade バージョン
  • millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045のコラボレーションバージョン
  • どちらもmillennium paradeのメンバーでもあるPERIMETRONがデザインを担当している。

    millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045名義でリリースされるCDシングルには、神山健治監督×荒牧伸志監督×常田大希×佐々木集&神戸雄平(PERIMETRON)の5人による貴重なトークセッションを収録したDVDも同梱される。(2020年1月29日追記  BELONG編集部)

    「Fly with me」カップリング曲発表!

    4月22日にリリースされる「Fly with me」のカップリング曲が発表された。

    収録される曲はSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)による「Fly with me」のリミックスと先日の新木場STUDIO COASTでのライブ音源が収録される。

    Steve Aokiは『攻殻機動隊』シリーズのファンで、この作品をきっかけにコラボレーションに至ったとのこと。

    また同曲は『攻殻機動隊』シリーズ最新作『攻殻機動隊 SAC_2045』オープニングテーマに採用されている。(2020年3月30日追記)

    常田大希コメント

    攻殻機動隊の主題歌を作って欲しいというオファーを頂いた時、身体中の血が湧き上がったのを今でも覚えている。

    なぜなら俺たちがmillennium paradeで作ろうとしている世界観は攻殻機動隊から多大なる影響を受けているから。

    二つ返事でやらせて欲しいと伝えた。

    今回主題歌に決定したmillennium paradeの”Fly with me”という曲は、
    攻殻機動隊 SAC_2045の主題歌であると同時に俺たち自身の主題歌でもある。

    そのくらい愛着と思い入れのあるこの楽曲が、攻殻機動隊の一端を担える事をとても幸せに思います。
    2020年春、全世界同時配信。

    楽しみに待っていてください。
    常田大希

    『攻殻機動隊 SAC_2045』予告編

    攻殻機動隊 SAC_2045最終予告編映像: https://youtu.be/3BAbiNCW91U

    チェロ奏者としての常田大希

    DAIKI TSUNETA CELLO NY(常田大希 チェロ)
    撮影:Yuta Kawanishi

    millennium paradeの首謀者であり、King Gnuのメンバーであるとして活動する常田大希が、ニューヨークのファッションショーでチェロの生演奏を披露した。

    常田は今の音楽活動を始める前は、東京藝術大学の音楽学部器楽科チェロ専攻に入学した経験があり、あの小澤征爾の指揮のもと演奏した経験もある。

    今回のチェロ演奏はニューヨーク・マンハッタンのMasonic Hall NYCで2月4日に行われた、N.HOOLYWOOD COMPILE FALL2020 COLLECTIONに際して行われたもの。

    常田はショーの音楽を制作し、現地の会場にて自身が制作した音源に合わせて生演奏が行われたそうだ。

    常田の演奏はN.HOOLYWOODの公式YouTubeで聴くことができる。(2020年2月5日追記)

    N.HOOLYWOOD 公式YouTube

    常田大希コメント

    自分が初めて観に行ったファッションショーがN.HOOLYWOODでした。そして敬愛するKendrick LamarがFuji Rock Festivalで着ていた衣装もN.HOOLYWOODでした。

    そして尾花さんと出会い、そして今回NY fashion weekで共演。とてつもない縁を感じます。最高。

    常田大希

    NYでのショーで披露したチェロの音源リリース

    常田大希(Daiki Tsuneta)
    撮影:Yuta Kawanishi

    先日、当記事でも紹介した常田大希による、ニューヨークのファッションショーでのチェロ生演奏音源がリリースされる。

    『N.HOOLYWOOD COMPILE IN NEWYORK COLLECTION』はDaiki Tsuneta名義でで4月3日(金)に配信リリースされる事が決定した。

    印象的なカバーアートには、クリエイティブユニットMargtがデザインを手掛け、Jiro Konamiが撮影を担当。

    また作品リリースに先駆け、『N.HOOLYWOOD COMPILE FALL2020 COLLECTION』のMVも公開された。(2020年4月2日追記)

    Daiki Tsuneta – N.HOOLYWOOD COMPILE IN NEWYORK COLLECTION


    『N.HOOLYWOOD COMPILE IN NEWYORK COLLECTION』
    発売日:2020年4月3日(金)0:00配信開始
    録楽曲:
    M-1.COMPILE Ⅰ
    M-2.COMPILE Ⅱ
    M-3.COMPILE Ⅲ

    常田大希、サッポロ生ビールのCMに出演

    常田大希
    millennium parade、King Gnuを率いる常田大希が、2020年3月28日から放送が開始される「サッポロ生ビール黒ラベル」のTVCMに出演する事が発表された。

    常田は妻夫木からの「たった1曲で人生は変わると思いますか?」という質問に、真摯かつ音楽に対する情熱を包み隠さず答える姿が印象的なCMに仕上がっている。(2020年3月27日追加)

    【放送開始情報】
    2020年3月28日以降
    ※サッポロビールのホームページでは、2020年3月27日からCM本編を公開。
    https://www.sapporobeer.jp/beer/index.html

    黒ラベル 大人EV 27歳 たった1曲で篇 30秒

    作品詳細

    millennium parade Flywithme_GITSver
    『Fly with me』
    アーティスト名:millennium parade
    配信開始日:4月22日
    収録曲:
    1.Fly with me
    2.Fly with me – Live

    Fly with me
    Fly with me

    posted with amachazl at 2020.03.21
    millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045
    フライングドッグ (2020-04-22)

    『Fly with me』
    アーティスト名: millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045
    配信開始日:4月22日
    収録曲:
    1.Fly with me
    2.Fly with me – Steve Aoki Neon Future Remix

    millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045『Fly with me』
    発売日:4月22日
    品番:VTZL-174
    価格:¥1,800+tax
    収録曲:
    1.Fly with me
    2.Fly with me – Steve Aoki Neon Future Remix
    通常特典: 常田大希×神山健治監督×荒牧伸志監督×佐々木集&神戸雄平(PERIMETRON)によるトークセッションを収録したDVD付き
    店舗オリジナル特典:

  • amazon
    Fly with me 両面メガジャケ
    (表=millennium parade/裏=GITS:SAC_2045)
  • タワーレコード
    Fly with meステッカー(ver.millennium parade)
  • TSUTAYA RECORDS(※一部店舗除く)/TSUTAYAオンライン
    Fly with meステッカー(ver.GITS:SAC_2045)
  • ビクターオンラインストア、HMV、楽天ブックス、セブンネットショッピング
    タチコマステッカー(millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045デザイン)
  • アニメイト 、ゲーマーズ、ソフマップ・アニメガ、とらのあな、メロンブックス
    草薙素子ステッカー(イラスト:イリヤ・クブシノブ)
  • ※シングル「Fly with me」を上記各チェーン、Eコマースでお求めの方に先着で上記のオリジナル特典あり。


    『lost and found』
    発売日: 2019/12/6
    レーベル: PERIMETRON
    収録曲:lost and found

    Stay!!!
    Stay!!!

    posted with amazlet at 19.10.03
    PERIMETRON (2019-09-27)
    売り上げランキング: 111

    収録曲:Stay!!!
    ■参加ミュージシャンクレジット
    Music & All Other Instruments / Produce:Daiki Tsuneta
    Vocal:Chara
    Lyrics:ermhoi (blackboboi)
    Sax / Vocoder:Ryo Konishi (CRCK/LCKS, 象眠舎)
    Viollin:Shuntaro Tsuneta
    Keyboard:Ayatake Ezaki (WONK)
    Bass:Kazuki Arai (King Gnu)
    Drums:Shun Ishiwaka


    『Plankton』
    発売日: 2019/6/28
    レーベル: PERIMETRON
    収録曲:Plankton

    Veil
    Veil

    posted with amazlet at 19.10.03
    PERIMETRON (2019-05-22)
    売り上げランキング: 2,189

    収録曲:Veil

    プロフィール

    Design : Cota Mori (DWS) Photo : SNIPSTYLE、Cocoon、YUSKE MATSUYAMA

    東京のプロデューサー/ソングライターである常田大希が主催し、デジタルネイティブなミレニアル世代を中心としたミュージシャン、映像ディレクター、CGクリエイター、デザイナー、イラストレーター等々、様々なセクションを内包した気鋭のクリエイティブ集団。日本の説話に登場する、深夜に徘徊をする鬼や妖怪の群れ、および、彼らの行進を意味する”百鬼夜行”をコンセプトとしており、”世界から見た東京”をテーマに掲げ、混沌としたリアルな 東京の面白さを世界に発信する。2019年5月にプロジェクトのローンチパーティとして行った3D演出を用いたライブのチケットは話題が先行し、即日完売。続く東阪ライブツアーもチケットの入手は激戦となった。活動期間が僅かで、謎の多い集団でありながら、新たな価値観の提唱者として大きな注目が集まっている。

    HP:https://millenniumparade.com/
    Twitter(常田大希 – Daiki Tsuneta):https://twitter.com/DaikiTsuneta
    Instagram(常田大希 – Daiki Tsuneta):https://www.instagram.com/daikitsuneta

    Youtube

    millennium parade – Stay!!!

    “DIOR and RIMOWA”を題材にした、DIORとmillennium paradeによるコラボレーションムービーが公開された。
    millennium paradeの新曲「lost and found」本企画のために書き下ろされたもの。
    DIOR × millennium parade – lost and found

    millennium parade – lost and found MV

    ライター:桃井 かおる子

    スマホ、SNSはやっておらず、ケータイはガラケーという生粋のアナログ派。