2017年のベストアルバムに軒並みノミネートした名盤『Drunk』で、東名阪と京都で初の来日公演を行った、THUNDERCAT(サンダーキャット)。

ここ日本ではTVアニメ“キャロル&チューズデイ”で、劇中のキャラクターである“スキップ”のシンガー・ヴォイスを担当したころで話題に。

類稀なるベーシストから比類なきアーティストとして名乗りをあげた彼が、新作『IT IS WHAT IT IS』を携え、単独来日ツアーを行う。

THUNDERCAT『It Is What It Is』

It Is What It Is [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC631)
ベーシストだけでなく、作詞・作曲・歌唱の面でも天才的な才能を発揮しているTHUNDERCAT。

未知のレア盤かのようなアルバムジャケットでも話題となった前作『Drunk』から3年、Flying Lotusとの共同プロデュースで完成した新作『It Is What It Is』。

前作『Drunk』はケンドリック・ラマー、ファレル・ウィリアムスなどの超豪華アーティストが参加していたが、今回も前回に勝るとも劣らない。

今作ではチャイルディッシュ・ガンビーノ、カマシ・ワシントン、スティーヴ・レイシー、バッドバッドノットグッドら、超豪華アーティストが揃った。

来日ツアー延期

THUNDERCAT JAPAN TOUR 2020
自身の作品だけでなく、エリカ・バドゥのバンドやケンドリック・ラマーのアルバム『To Pimp a Butterfly』にベーシストとしても活躍するサンダー・キャット。

そんな彼が最新作『It Is What It Is』とともに、3年ぶりに単独来日ツアーを4月東名阪で開催する

※来日ツアーの延期が発表され、振替公演の予定を調整中。

ライブはデニス・ハム (key) とジャスティン・ブラウン (dr) という、無敵のトリオ編成でパフォーマンスを必見のライブになること間違いなし。

「Black Qualls」をTV番組で披露

Thundercat and his friends
4月3日に新作アルバム『It Is What It Is』をリリースするThundercatがアメリカの人気音楽番組、“Jimmy Kimmel Live”にてアルバム収録曲「Black Qualls」を披露した。

楽曲には本人以外にもFlying Lotus、Steve Lacy、Steve Arrington(Slave)も参加している。

パフォーマンスの最後には、自身がベースで参加したMac Millerの楽曲「What’s the Use」のフレーズを聴くこともできる。

また4月に開催される来日ツアーは東京公演が完売しており、残りは大阪・名古屋公演のみとなっている。(2020年3月11日追記)

Thundercat performs Black Qualls (Jimmy Kimmel Live)

THUNDERCAT来日詳細

THUNDERCAT JAPAN TOUR 2020
新型コロナウイルス感染拡大につき、海外アーティストの渡航が難しい状況になりました。それに伴い、振替公演を現在調整中とのこと。手持ちのチケットは振替公演にも有効で、振替公演に都合がつかない方には、払い戻しの対応を行うとのこと。払い戻しの詳細は後日発表される。詳細はBeatinkのHPにて。(2020年3月23日追加)
・2020年4月21日(火)大阪 BIGCAT
・2020年4月22日(水)名古屋 CLUB QUATTRO
・2020年4月23日(木)東京 THE GARDEN HALL(完売)

『IT IS WHAT IT IS』詳細

It Is What It Is [解説・歌詞対訳 / ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC631)
THUNDERCAT サンダーキャット
BEAT RECORDS / BRAINFEEDER (2020-04-03)
売り上げランキング: 4,594

レーベル:BEAT RECORDS / BRAINFEEDER
仕様:
・国内盤CD BRC-631 ¥2,200+税
・国内盤CD+Tシャツ BRC-631T ¥5,500+税
・国内盤特典:ボーナストラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入
収録曲:
1. Lost In Space / Great Scott / 22-26
2. Innerstellar Love
3. I Love Louis Cole (feat. Louis Cole)
4. Black Qualls (feat. Steve Lacy, Steve Arrington, & Childish Gambino)
5. Miguel’s Happy Dance
6. How Sway
7. Funny Thing
8. Overseas (feat. Zack Fox)
9. Dragonball Durag
10. How I Feel
11. King Of The Hill
12. Unrequited Love
13. Fair Chance (feat. Ty Dolla $ign & Lil B)
14. Existential Dread
It Is What It Is (feat. Pedro Martins)
16. Bye For Now (feat. Michael McDonald) *Japanese Bonus Track

販売先:
・BEATINK.COM(全フォーマット)

TOWER RECORDS:
・CD
・CD+T-SHIRTS SET (S)
・CD+T-SHIRTS SET (M)
・CD+T-SHIRTS SET (L)
・CD+T-SHIRTS SET (XL)

HMV:
CD

THUNDERCAT サンダーキャット
BRAINFEEDER (2017-03-10)
売り上げランキング: 125,636

LP Record (2017/3/10)
ディスク枚数: 4
フォーマット: ボックスセット
レーベル: BRAINFEEDER
収録曲:
01. Rabbot Ho
02. Captain Stupido
03. Uh Uh
04. Bus In These Streets
05. A Fan’s Mail (Tron Song Suite II)
06. Lava Lamp
07. Jethro
08. Day & Night
09. Show You The Way
(feat. Michael McDonald & Kenny Loggins)
10. Walk On By (feat. Kendrick Lamar)
11. Blackkk
12. Tokyo
13. Jameel’s Space Ride
14. Friend Zone
15. Them Changes
16. Where I’m Going
17. Drink Dat (feat. Wiz Khalifa)
18. Inferno
19. I Am Crazy
20. 3AM
21. Drunk
22. The Turn Down (feat. Pharrell)
23. DUI

Youtube

Thundercat Playlist

Thundercat – Dragonball Durag (Official Video)

掲載アーティスト募集

BELONGではインディーミュージックを常に募集しています。掲載して欲しい、音楽を聴いて感想を聞きたいという方は、ご応募をお待ちしております。詳しくはこちら