UKのエレクトロポップデュオ、HONNE(ホンネ)が新曲「no song without you」を配信リリースした。

新曲「no song without you」のリリースに併せ、Youtubeで音源がプレミア公開された。

また、新曲をリリース後に同じタイトルのミックステープ『no song without you』のリリースを発表した。

HONNEとは

HONNE
HONNE(ホンネ)は2014年にUK・ロンドンで結成されたエレクトロポップ・デュオ。

メンバーはボーカルのアンディとマルチプレイヤーのジェイムスの二人組。

HONNEはこれまでに2枚のアルバム(『WARM ON A COLD NIGHT』、『LOVE ME / LOVE ME NOT』)をリリースしており、

新曲「no song without you」は前作より2年ぶりとなる。

ちなみに日本語なのか気になるHONNEという名前の由来はBELONGのインタビューで下記のように語ってくれた。

“僕らはかなりの数の曲を書いた後に、“HONNE”という言葉に偶然出会ったんだ。その意味を調べてみると、信じられないくらいその言葉が僕たちが作った音楽やありのままの歌詞に合っていたんだ。それにアンディはここ数年間のうちに、日本で数か月を過ごしたこともあって、彼はすっかり日本を好きになったんだ。だから、いつも僕らはその名前と日本との繋がりを何かしら感じているんだよ。”

引用元:HONNE(ホンネ)インタビュー(BELONG Media)

新曲「no song without you」

HONNE(ホンネ)が新曲「no song without you」は本日(2020年6月12日)の21:00、プレミア公開された。

新曲「no song without you」のアニメーションはHolly Warburtonが担当している。

HONNE – no song without you

宅録ライブ映像を公開

新曲「no song without you」を配信リリースしたUKのエレクトロポップ・デュオ、HONNE(ホンネ)が自宅からライブ映像を公開した。

映像では新曲「no song without you」を含む下記の5曲が演奏されている。

  • Good Together
  • 3AM
  • Woman
  • no song without you
  • Warm on a Cold Night

HONNE – no song without you live stream

『no song without you』

UK・ロンドンを拠点に活躍するアンディとジェイムスのエレクトロポップデュオ、HONNE(ホンネ)が新作ミックステープ『no song without you』を7月2日にリリースした。

新作のリリースは前作『LOVE ME / LOVE ME NOT』から2年ぶりとなる。

アンディからのコメント

HONNE
HONNE(アンディーは写真右)

新作ミックステープ『no song without you』のリリースに際し、HONNEのシンガーであるアンディはアルバムのタイトル曲である「no song without you」について下記のように語っている。

“シンプルに愛と友情について歌った曲だよ。パートナーとはもう12年間一緒にいるんだけど、何かあったときは頼らせてくれたり、ときには彼女の方から僕に歩み寄ってきてくれたりしたことなんかを思い出させる曲になっているんだ。こういう友情を築けてきて本当にラッキーだと思っているよ。

2020年はかなり厳しい年だよね。物事を考え直すことが多くて、いままで当たり前と思っていた家族や友達との会話だったり、料理を作ることができるとか、そういった日常に感謝しようって、多くを学んだよ。人間として成長するとき、みんなで変わっていくときだなと思って、より豊かで、思いやりのある、協力的な人たちになってければいいなと。そして引き続き音楽をリリースできることはすごくラッキーだと思っているし、こういった大変なときに少しでも現実逃避できるような場になると嬉しいな。”

引用元:WARNER MUSIC JAPAN

また、HONNEから後日、更なるニュースも控えているとのこと。(2020年7月5日 追記)

リリース

ミックステープ『no song without you』

発売日:2020/7/2
フォーマット:デジタル
収録曲:
Tracklist:
1. dear P
2. no song without you
3. free love
4. iloveyoumorethanicansay
5. by my side
6. la la la thats how it goes
7. one way to tokyo
8. can’t bear to be without you
9. loving you is so easy
10. s o c i a l d i s t a n c i n g
11. lines on our faces
12. gone gone gone
13. our love will never die
14. smile more smile more smile more

シングル「no song without you」


フォーマット:デジタル
収録曲:
1.no song without you

シングル「Crying Over You ◐ (feat. RM & BEKA)」

Crying Over You ◐ (feat. RM & BEKA)
Atlantic Records UK (2019-03-27)

フォーマット:デジタル
収録曲:
1.Crying Over You ◐ (feat. RM & BEKA)

2ndアルバム『LOVE ME / LOVE ME NOT』

LOVE ME / LOVE ME NOT [LP] (IMPORT) [12 inch Analog]
HONNE
ATLANTIC (2018-08-24)
売り上げランキング: 51,849

フォーマット:12 inch Analog
収録曲:
01.I Might
02.Me & You
03.Day 1
04.I Got You
05.Feels So Good
06.306
07.Location Unknown
08.Crying Over You
09.Shrink
10.I Just Wanna Go Back
11.Sometimes
12.Forget Me Not

1stアルバム『WARM ON A COLD NIGHT』

WARM ON A COLD NIGHT [12 inch Analog]
HONNE
WMI (2016-07-22)
売り上げランキング: 222,006

フォーマット:12 inch Analog
収録曲:
01.Warm On A Cold Night
02.Til The Evening
03.Someone That Loves You
04.All In The Value
05.Treat You Right
06.Out Of My Control
07.Coastal Love
08.It Ain’t Wrong Loving You
09.The Night
10.Good Together
11.One At A Time Please
12.FHKD

プロフィール

HONNE

“HONNEはボーカル/プロデューサーを務めるアンディとマルチプレイヤー/プロデューサージェイムスからなる2人組エレクトロ・ポップ・デュオである。ユニット名は日本語の「本音」の意味を気に入り、まさに自分たちの作っている曲を表していると考えたことに由来する。

2人はイースト・ロンドンの大学で出会い、音楽の趣味で意気投合したのだという。出会って3日目には早くも一緒に曲を書き始めており、ジェイムス曰く「自分の好みの音楽とドンピシャに一致するシンガーに初めて会えたんだ。」こうして本格的に活動をスタートし、幅広い音楽(=アークティック・モンキーズから、ヴィンテージなソウル・ミュージック、はたまたアパラットやモードセレクターといった電子音楽のパイオニアたち、そしてマイケル・ジャクソンのようなポップ・ミュージック等)を取り込み、独自の音楽を追求していった。

2014年にファーストEP『ウォーム・オン・ア・コールド・ナイト』とセカンド・EP『オール・イン・ザ・ヴァリュー』をインディーズレーベルから配信リリース。その後ロンドンの老舗ライヴハウスや人気クラブでライブをすると、音楽関係者の目に留まり、メジャー・レーベルであるアトランティック・レコーズと契約を結んだ。アトランティック内で自ら立ち上げたレーベル名が「Tatemae Recordings(建前レコーディング)であったり、スタジオ名が「Tokidoki Studio(時々スタジオ)」であったりと、日本語から名付けている。イジー・ビズをフィーチャーしたシングル「サムワン・ザット・ラヴズ・ユー」のMVでは、東京の街が映し出されている。
「僕の彼女が半年ほど日本に住んでいたから、僕も数ヵ月日本で過ごしたんだけど、すっかり日本が好きになったんだ。日本はとても刺激的な場所だと分かったし、実際僕らの「ノー・プレイス・ライク・ホーム」は僕が東京にいて、ジェームスがロンドンにいるときに書いたんだ。」とボーカルのアンディは話している。
ホンネは他にもCDジャケットに日本独特の「帯」風デザインを取り入れ、キャッチコピーを日本語で書いたり、自らで邦題を付けたりと、日本に対する愛着やこだわりは半端ないことが伝わってくる。またしばしば登場する日本に関する歌詞や、日本語での歌唱に挑戦するなど、その真っすぐな想いは変わることはない。

ここ日本を含め、世界各地で公演をソールドアウトするほど今大人気のホンネ。2016年にリリースされたデビュー・アルバム『寒い夜の暖かさ~ウォーム・オン・ア・コールド・ナイト~』で彼らは一躍有名となり、韓国では新人アーティストながらトリプル・プラチナ認定。2018年にはアルバム『ラヴ・ミー/ラヴ・ミー・ノット』を発売し、トム・ミッシュらが参加するなど注目を集めた。また収録曲「クライング・オーバー・ユー」は兼ねてから交流のあった、大人気ヒップポップ・グループであるBTSのRMをフィーチャリングに迎えたニュー・バージョンもリリースし話題となった。”

引用元:HONNEプロフィール(WARNER MUSIC JAPAN)

Youtube

  • HONNE & Izzy Bizu – Someone That Loves You
  • Tour Diary – Week 1 2月20日@タイ・バンコク
  • HONNE『Love Me / Love Me Not』アジアツアー時の映像(4/30更新)

  • Tour Diary – Week 2 2月25日@台北・台湾
  • Tour Diary – Week 3 3月3日@日本・東京
  • Tour Diary – Week 4 3月14日中国・上海
  • HONNE – Crying Over You ◐ (feat. RM & BEKA)
  • 3月27日にリリースされた韓国の防弾少年団(BTS)・RMとのコラボ曲「Crying Over You」
    ※2018年、RMがリリースしたミックステープ『mono.』収録の「seoul」はHONNEがプロデュース。

エレクトロポップ関連記事