アリシア・ボグナノ率いるナッシュビルのグランジロック・バンド、Bully(ブリー)が新作アルバム『Sugaregg』をリリースする。

アルバム『Sugaregg』の発表に併せ、「Where To Start」のMVも公開された。

Bullyとは

BULLY
Bully(ブリー)は2013年にアリシア・ボグナノを中心にナッシュビルで結成されたグランジロック・バンド。

アリシアはスティーヴ・アルビニのスタジオで働いた経験もあり、大学ではレコーディングを専攻していたという。

Bullyはデビューアルバム『Feels Like』を2015年にリリースし、2017年のセカンドアルバム『Losing』でSub popと契約した。

セカンドアルバム『Losing』はアリシアが以前働いていた、スティーヴ・アルビニのエレクトリック・オーディオでレコーディングされ、各メディアから高評価を獲得した。

また、アリシアは2018年に公開されたエリザベス・モス主演の映画『Her Smell』でサウンドトラックを担当している。

『Sugaregg』

Bully(ブリー)の3枚目となる新作アルバム『Sugaregg』は8月21日にリリースされる。

エンジニアでもあるアリシアは前2作(『Feels Like』と『Losing』)を自分で手掛けたが、新作アルバム『Sugaregg』はレコーディングエンジニアに任せた。

今作を手掛けたのはSt. Vincentのアルバムでグラミー賞を獲得したジョン・コングルトン。

BULLYはNirvanaの『In Utero』が録音されたパキダーム・スタジオで『Sugaregg』の14曲がレコーディングされた。

先行シングル「Where To Start」

アリシア・ボグナノはパキダーム・スタジオからナッシュヴィルに戻った後、まだ書くべきことがあると思い立ちトロントのPalace Studiosへ向かった。

Palace StudiosではAlvvaysやMETZを手掛けたグラハム・ウォルシュと『Sugaregg』の先行曲となった「Where to Start」と「Let You」の2曲をレコーディングした。

「Where To Start」YouTube

Bully – Where To Start [OFFICIAL VIDEO]

アルバムリリース

3rdアルバム『SUGAREGG』

品番:OTCD-6822
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
その他:世界同時発売、付帯物等未定
ジャンル: グランジロック
プロデューサー: ジョン・コングルトン(St. Vincent、Sleater-Kinney、The War on Drugs、Modest Mouse)、グラハム・ウォルシュ(Alvvays、METZ、!!!)
収録曲:
1. Add It On
2. Every Tradition
3. Where to Start
4. Prism
5. You
6. Let You
7. Like Fire
8. Stuck in Your Head
9. Come Down
10. Not Ashamed
11. Hours and Hours
12. What I Wanted

2ndアルバム『LOSING』

ジャンル: グランジロック
品番:OTCD-6212
発売元:ビッグ・ナッシング / ウルトラ・ヴァイヴ
収録曲:
1. Feel the Same
2. Kills to Be Resistant
3. Running
4. Seeing It
5. Guess There
6. Blame
7. Focused
8. Not the Way
9. Spiral
10. Either Way
11. You Could Be Wrong
12. Hate and Control

1stアルバム『Feels Like』

レーベル: Columbia
ジャンル: グランジロック
収録曲:
1. I Remember
2. Reason
3. Too Tough
4. Brainfreeze
5. Trying
6. Trash
7. Six
8. Picture
9. Milkman
10. Bully

プロフィール

BULLY

“Bullyは2013年にテネシー州ナッシュビルで結成されたロック・バンドだ。バンドの中心はミネソタ州出身のAlicia Bognannoで、彼女はミドルテネシー州立大学でオーディオ・レコーディングの学位を取得。シカゴにあるSteve Albiniのスタジオ、エレクトリック・オーディオでインターンシップを始め、この頃から、デモのレコーディングにも着手した。ナッシュビルに移ると、スタジオ、Battle Tapes Recordingとライブハウス、The Stone Foxでエンジニアとして働き始め、地元のパワーポップ・バンド、King Arthurのメンバーとしても活動していた。その後、ギターのClayton Parker、ベースの Reece LazarusとBullyを結成。カセットを自主リリースし、2014年にファースト・シングル「Milkman」を発表。メジャーのコロンビア傘下のレーベル、Startime Internationalと契約し、2015年にファースト・アルバム『Feels Like』をリリースした。2017年10月、Sub Popと契約したBullyはセカンド・アルバム『Losing』をリリース。Bognannoが以前働いていたエレクトリック・オーディオでレコーディングされたこのアルバムは高い評価を獲得した。”

引用元:BULLYプロフィール(Big Nothing)

Youtube

  • Bully – Feel The Same
  • Bully – About a Girl(Nirvanaのカバー)
  • Bully – Turn to Hate(Orville Peckのカバー)